記事

社会に一石を投じた大ヒットマンガ『うつヌケ』

うつヌケ うつトンネルを抜けた人たち うつヌケ うつトンネルを抜けた人たち

「うつ」をテーマにしたマンガ『うつヌケ』が33万部を超える異例のヒット作品となり、話題となっている。うつという心のトンネルから抜けた、様々な職業の人たちの事例を、経験者である本人がマンガで紹介した画期的な作品だ。

うつは、「心のガン」といわれるくらい重い病気であり、15人に1人が生涯に一度はうつ病になるといわれているくらい罹患する可能性の高い病気だ。にもかかわらず、どんな病気なのか、どうやったら治せるのか、あまり知られていないのが現状だ。理解されていないからこそ、症状が深刻化したり長期化しやすく、時に自殺という死に至らしめてしまうときもある。


「うつヌケ」はそんな重たい病気の特徴と、トンネルから抜け出してきた事例を、マンガならではの軽さと分かりやすさで紹介してくれる。当事者だけでなく、家族や同僚がうつで苦しんでいる人、うつを経験したことがない人にも理解の助けになる。

もちろん、たった一冊ですべてを語りきることはできないだろう。しかし、作者自体がそうだったように、このマンガによって救われる人が、きっとたくさんいるだろうことを思うと、社会にとって価値ある一冊であることに間違いない。予防や現代病への理解という観点からも一読をお薦めしたい。

頭がよくなる! マンガ勉強法 (ソフトバンク文庫)頭がよくなる! マンガ勉強法 (ソフトバンク文庫)

先日の記事では、これもヒット作品になりそうな『漫画 君たちはどう生きるか』を紹介したが、マンガ×社会、マンガ×学びの領域はこれからますます注目されてくるだろう。

motoyamakatsuhiro.hateblo.jp

あわせて読みたい

「書評」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    橋下徹氏「日本政府はダメダメ」

    橋下徹

  2. 2

    段ボール32箱 捏造データ姿現す

    田中龍作

  3. 3

    「性奴隷」発言の韓国閣僚は奇怪

    岩田温

  4. 4

    よしのり氏「安倍首相を評価」

    小林よしのり

  5. 5

    裏社会を感じるシェアハウス業界

    ヒロ

  6. 6

    日本を分断する母への歌詞批判

    幻冬舎plus

  7. 7

    よしのり氏 東京新聞はおかしい

    小林よしのり

  8. 8

    ホンダジェット世界首位の価値は

    片山 修

  9. 9

    カー娘・藤沢の韓国人気は本当か

    NEWSポストセブン

  10. 10

    生徒の負担軽視する部活見直し案

    学校リスク研究所 内田良

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。