記事

厚労省、労働時間削減に取り組む中小企業に助成金最大200万円 休日1日ごとに25万円支給へ

1/2

厚労省は来年度、残業時間削減に成功した中小企業に支給している助成金の制度を拡充する方針を固めた。9月14日の日経新聞が報じている

残業時間の上限を下げ、達成できた企業に支給している「職場意識改善助成金・時間外労働時間制限コース」を変更して対応する。休日数を増やした場合には支給金額の増額も検討している。9月末の臨時国会での法案提出を予定しているという。

助成金対象の範囲を広げ、働き方改革の促進を目指す

働き方改革がじわじわ進んでいます
働き方改革がじわじわ進んでいます

現在の制度では、中小企業が一人当たりの残業時間を月45時間・年360時間以下に設定・達成した場合、かかった経費の一部として最大50万円を支給している。今回の変更では、一人当たりの残業が月80時間・年720時間を超えていた企業が、残業時間の目標を同時間以下に設定・達成した場合にも50万円を支給するよう改める。

厚労省の担当者によると、現在の職場意識改善助成金・時間外労働時間制限コースでは、残業時間上限の設定・達成を試行錯誤できる期間は一か月程度と短い。従来の目標数値だった月45時間・年360時間までワンクッション挟むことで、企業がより意欲的に残業削減に取り組むよう促す狙いだ。もし、一足飛びに月45時間・360時間以下の条件を達成できた場合には、2段階分の削減成功として100万円を支給する。

これに加え、これまで週休二日制だった企業が休日を増やした場合、日数に応じ助成金を上乗せする。一か月あたりの休日数を4日増やすと100万円、3日増加で75万円、2日で50万円、1日で25万円の増額だという。

あわせて読みたい

「残業」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    野田聖子氏の文春砲を扱わないTV

    小林よしのり

  2. 2

    北におびえ足並み乱す韓国大統領

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  3. 3

    iPhone iOS更新で使える11の裏技

    ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)

  4. 4

    「米は北攻撃できない」は本当か

    自由人

  5. 5

    松本人志マッチョ化は典型的変節

    文春オンライン

  6. 6

    女性用下着店にいる男性に賛否

    キャリコネニュース

  7. 7

    中国国境に接する北は崩壊しない

    Chikirin

  8. 8

    「脱デフレは幻想」イオンが証明

    近藤駿介

  9. 9

    正恩氏声明でトランプ氏へ怨み節

    高英起

  10. 10

    北朝鮮「米本土到達は不可避」

    ロイター

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。