記事

娘を家出させた家事放棄妻の"馬乗りの夜"

1/3

恋愛、結婚、離婚、再婚、婚活、浮気、不倫……。世は変われども、男と女のいさかいが尽きることはありません。行政書士で男女問題研究家の露木幸彦氏のもとには、日々、そんな泥沼状態から抜け出さんと多くの相談者がやってきます。その痛切なトラブルエピソードを、ぜひ他山の石としてもらえればと思います。

第2回のテーマは、「ある年収1000万円世帯」を襲った母娘不和による悲劇。お金では処理しきれない話です。前編と後編にわけてお届けします。

■世帯年収約1000万円 お金では解決できない家庭内の不協和音

かつてこんな経験をしたことはないでしょうか。夏休みが終わり、久しぶりに学校の教室に入ると1人のクラスメートの姿が見当たらない。でも、その座席が空いたまま、淡々と2学期が始まっていく。そのうち誰も話題にしなくなってしまう……。

2015年の高校の不登校率は1.4%(文部科学省調べ)。300人に4人は学校に通っていないという計算になります。不登校の理由はさまざまです。学校での問題だけでなく、家庭環境が問題となるケースもあります。親子関係の軋轢により、「家出」をして、不登校に至ることも珍しくはないようです。

実は1年の間で最も家出(発見件数)が多いのは9月(2014年、警視庁調べ)。2学期の始まりである9月は、親にとって鬼門の月なのです。

今回の相談者、梶浦達也さん(52歳、仮名)も家出した娘を心配する父親です。達也さんが私のところへ相談に来たのは、娘が行方をくらませてから3日後のことでした。達也さんは家出の原因となった母親(妻)との関係を解消する覚悟をしていました。

いったい、どういうことでしょうか。

<家族構成と登場人物、属性(すべて仮名。年齢は現在)>
夫:梶浦達也(52歳)→会社員(年収900万円)☆今回の相談者
妻:梶浦智子(51歳)→パートタイマー(年収80万円)
長女:梶浦茜(18歳)→高校生
長男:梶浦暁(14歳)→中学生

▼母親に家事を押し付けられた長女が家出した

写真はイメージです

長女の茜さん(以下、娘)は次のように言い捨てると、顔を真っ赤にして部屋を飛び出し、駆け足で家の外へ出ていってしまったそうです。

「ママは昼も夜も家にいない! 家事を私に押し付けてきて、もう我慢の限界! そんなママとはもう一緒にいたくない!」

達也さんと妻はあわてて追いかけましたが、見失ってしまいました。翌朝、学校へ問い合わせましたが、やはり登校していません。

「どうしていいかわからない! もうお手上げだわ!!」

妻が吐き捨てた言葉によって達也さんの不安はますます膨らんでいきました。もしや家出? 達也さんは、『激録・警察密着24時』といったテレビ番組のイメージが浮かんだといいます。夜の街の路上でマイクを向けられるのは顔面全体に濃いモザイクをかけられた少女。年齢不詳の厚化粧によれよれの制服。援助交際や売春など“悪の道”に転落にしたり、誘拐されて殺されてしまったり……。そんなことを考えて不安になったそうです。

■昼間はパート、夜はママ友と飲み歩くのが“日課”

「大切に育てた娘が失踪するなんて……。あまりのショックで胃の痙攣を起こして苦しかったですし、円形脱毛症のような症状まで出るし、もうダメかとあきらめかけていました。もう死んでいるじゃないかと」(達也さん)

わらにもすがる思いで警察へ相談すると、幸いなことに警察はすぐ娘の居場所を突き止めてくれました。ところが、警察は娘の所在を教えてくれません。

「とりあえず安全なところにいるので」と冷たくあしらわれてしまったのです。どうやら娘が警察署員に対して「どこにいるのかをパパやママに教えないでほしい」と頼んだようなのです。なぜ、娘はそんなことを言ったのか。

家出をする半年前まで、娘は順風満帆な学校生活を送っていました。クラスではリーダー的存在で、学級委員も務めていました。正義感が強く、心優しい。夢は歌手になることで、部活には入らず、毎日のようにダンススクールに通いレッスンを重ねていたのです。

▼パート収入のほとんどは、夜の交際費に消えた

写真はイメージです

一方、家庭の状況はどうだったでしょうか?

娘と息子(弟)はもともと仲が良いのですが、性格は好対照。娘は長女らしくしっかり者。一方の息子は甘えん坊で、宿題をやらなかったり、部屋を片付けなかったり、嫌いな食べ物を残したりと問題点が少なくありませんでした。

本来であれば母親である妻がその面倒をみる立場ですが、昼間はパート、夜は地元のママ友や学生時代の友人とお酒を飲みに行くのが“日課”。パート収入のほとんどは、そうした夜の交際費に消えていました。

自分が悪者になりたくないからでしょうか。母親は息子の怠け癖を正そうとはせず、見て見ぬふり。そんな状況を見かねた娘が「なんで宿題をやらないの!」「部屋はきれいにしないと!」と弟をしかるようになり、いつの間にか母親代わりの存在になっていました。

ただ、息子は「姉からの説教」を快く思っておらず、娘も「弟にやさしくできないこと」を後ろめたく感じていたようです。第三者の私から見れば、「嫌われ役」を母親である妻が娘に押し付けること自体がおかしいのですが、妻は娘に「いつも任せっきりでごめんなさい」などとフォローすることは一切ないといいます。

あわせて読みたい

「子育て」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    韓国のトランプ接待は意味不明

    やまもといちろう

  2. 2

    足立議員の生コン疑惑発言はデマ

    辻元清美

  3. 3

    よしのり氏が文春に公開討論要求

    小林よしのり

  4. 4

    石破氏「民進解消で政治が前進」

    石破茂

  5. 5

    米韓会談で見た韓国のご都合主義

    中田宏

  6. 6

    貴ノ岩の診断書 現役医師が解説

    中村ゆきつぐ

  7. 7

    1億円稼ぐチャットレディに密着

    AbemaTIMES

  8. 8

    よしのり氏が文春デスク写真公開

    小林よしのり

  9. 9

    「東芝の戦犯」元社長が初激白

    NEWSポストセブン

  10. 10

    山尾氏と望月記者がモリカケ語る

    NEWSポストセブン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。