記事

トランプ大統領のやり方で、北朝鮮との戦争は避けられるか?

僕は今、たいへんな危機感を持っている。北朝鮮のことだ。

8月29日、北朝鮮が発射した中距離弾道ミサイルが北海道の上空を通過。襟裳岬の東およそ千キロの太平洋上に落下したのだ。さらに9月3日には、核実験をも断行している。

これに対してアメリカは、石油禁輸などの、より強い制裁を、国連に決議させようとしている。最終手段ともいえる強硬な態度だ。だが、これに対して、ロシアは「絶対ノー」の態度を示した。中国の賛否も不確かだ。そして、当然ながらロシア、中国といった常任理事国が賛成しなければ、決議は通らない。

では、いったいトランプ大統領、すなわちアメリカは、どう出るのか。

もしかすると、アメリカは武力行使という選択肢をとるかもしれない。そのときアメリカが、日本に集団的自衛権行使を求めてきたら、安倍首相は、どう対応するのか。

へたをすると、日本も巻き込まれる大戦争が起きる危険性がある、と僕は危惧している。今の状況を見るかぎり、その可能性を否定することは、とても残念なことに、けっしてできないのだ。

僕は今、ずっと考え続けている。この惨事が現実にならないようにするには、どんな方法があるのだろうか、と。僕は、戦争はもう二度といやなのだ。戦争を避けるために、ぎりぎりまで対話をし、交渉をし、あらゆる手段を講じるべきだ。
8月30日、トランプ大統領は、ツイッターで北朝鮮に対して、「対話は解決策ではない」と言い放った。

北朝鮮との対話を拒んで、アメリカはいったいどうしようというのか。ほんとうに、このまま戦争になってしまうのか。いや、戦争は絶対に避けなければならない。では、どうしたらいいのか。

トランプ大統領の思惑がつかめなくて、どの国の首脳も困惑しているようだ。しかし、時間がかかればかかるほど、最悪のケースである武力行使がリアリティーを帯びてくる。

あわせて読みたい

「北朝鮮」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    W杯も「安倍が悪い」無能な野党

    かさこ

  2. 2

    「水ダウ」企画にみる笑いの限界

    AbemaTIMES

  3. 3

    「万引き家族」ストーリーに疑問

    (チェコ好き)

  4. 4

    日本の孤立化認めた櫻井よしこ氏

    天木直人

  5. 5

    日大攻撃続けるバイキングに批判

    SmartFLASH

  6. 6

    米国が北に仕掛けた無慈悲な取引

    MAG2 NEWS

  7. 7

    竹中平蔵氏の残業論に批判相次ぐ

    キャリコネニュース

  8. 8

    「大迫半端ないって」の胡散臭さ

    新井克弥

  9. 9

    インサイダー取引は100%バレる

    PRESIDENT Online

  10. 10

    竹中平蔵氏が労働者無視の残業論

    国家公務員一般労働組合

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。