記事

「戦争が始まるかも…」北朝鮮で恐怖と混乱が広がる

金正恩氏(朝鮮中央テレビ)

ガソリン価格の高騰が伝えられている北朝鮮で先月、数日に渡ってガソリンスタンドが一斉に営業を中止していたことがわかった。米政府系のラジオ・フリー・アジア(RFA)が報じた。

金正恩氏に不満

咸鏡北道(ハムギョンブクト)の情報筋によると、8月下旬のある日、清津(チョンジン)市内にある数十のガソリンスタンドが、一斉に営業を中止した。

これを受け、ただでさえ燃料不足に苦しめられている人々の間で、恐怖と混乱が広がった。ガソリン価格が2倍以上に高騰し、戦争が近づいているのではないかという噂が駆け巡ったのだ。

(参考記事:「戦争になったら生き残れない」震える庶民…北朝鮮で非常待機命令

ガソリンスタンドは数日で営業を再開したが、上昇したガソリン価格は下がらないままだ。

なぜガソリンスタンドが数日間営業を取りやめたのか、理由は今のところわかっておらず、市民の間ではほかにも様々な憶測が飛び交っている。

憶測されている内容は、朝鮮半島を巡る情勢の緊迫によるものだ、国連による対北朝鮮制裁によるものだ、当局が住民を対象に行った石油備蓄に向けた訓練だった、などといったもの。

情報筋は、羅先(ラソン)の勝利化学工場にはロシア産の原油100万トンが備蓄されていると言われているのに、なぜこんなことをしたのか理由がわからないと疑問を呈した。

このような状況が清津以外でも起こったかについては今のところ確認されていない。

北朝鮮では今年4月以降、ガソリン価格の上昇が続いており、5ヶ月で3倍近くとなっている。

(参考記事:(参考記事:経済制裁が北朝鮮の国民生活を直撃…「核開発は不愉快」庶民感情が悪化))

こうした現状の中、金正恩党委員長による核兵器開発に冷ややかな視線を向ける人々が増えているとも言われる。

言論の自由のない北朝鮮では、当局のやることを表立って批判することはできない。

それでも北朝鮮の庶民の胸中では、金正恩体制への不満が、徐々にうっ積しているものと思われる。

(参考記事:抗議する労働者を戦車で轢殺…北朝鮮「黄海製鉄所の虐殺」

※デイリーNKジャパンからの転載

あわせて読みたい

「北朝鮮」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    ミヤネ屋インチキ医療特集に称賛

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    定年後は蕎麦打ち職人になるな

    内藤忍

  3. 3

    海老蔵と麻耶 歌舞伎界の非常識

    NEWSポストセブン

  4. 4

    今度こそ北朝鮮の崩壊は秒読みか

    自由人

  5. 5

    豊田議員あと一歩で逃げ切り逃す

    文化通信特報版

  6. 6

    金正恩氏が米国への本音を吐露か

    高英起

  7. 7

    「部落差別を語るな」は間違い

    SYNODOS

  8. 8

    安倍首相の目的は権力の延命だけ

    小林よしのり

  9. 9

    共産の要求激化で選挙協力崩壊か

    猪野 亨

  10. 10

    安室引退「体力の限界」が要因か

    渡邉裕二

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。