記事

尾木ママ「日野皓正さんの"中学生ビンタ事件”に言いたいこと」


イラスト 中村紋子

 世田谷区教育委員会が主催した中学生バンド「ドリームジャズバンド」の演奏会で、世界的トランぺッター日野皓正さんが生徒のドラム演奏をやめさせようと往復ビンタした事件。週刊文春が報じて大きな話題になったけど、ビックリしたのは、テレビのコメンテーターの多くが擁護派だったこと。「日野さんの気持ちが分かる」とか「わがままは許されないと教えるべき」とか、教育のなんたるかを知らない拙劣な意見ばかり!

 まず、「昔は体罰が当たり前。今は体罰に神経質すぎる」というおなじみの論調には、いい加減うんざり。明治十二年に発布された「教育令」の第四十六条「凡学校ニ於テハ生徒ニ体罰(中略)ヲ加フヘカラス」から、戦後の学校教育法第十一条「校長及び教員は(中略)体罰を加えることはできない」まで、日本では一貫して体罰が禁じられてるのよ。昔も今も現場では体罰がまかり通っているけど、教育効果なんてありません! 法政大学で学生にアンケートをとったことがあるけれど、体罰で改心した、という回答はゼロに近かったわよ。


"往復ビンタ事件”が起きた現場 禁無断転載/文藝春秋

 次に、叩かれた中学生は天才肌で日野さんは以前から目をかけてたっていうわね。ボクが思うに、彼は一つのことに夢中になると周囲の声が聞こえなくなる独特のタイプ。四か月あったという練習期間に「通じないなあ」と感じることやトラブルもあったようね。本来なら、日野さんに指導を依頼した世田谷区教育委員会が教育のプロとして、責任を持って「こういうタイプのお子さんに伝えるにはこんな風に接するといいですよ」と助言すべきだった。

 それに、体罰とはまた別問題として、日野さんに苦言を呈したいのは、料金をとる演奏会であの醜態をお客に見せるのは、プロとしていかがなものかということ。

 教育のプロと演奏のプロにあえてモノ申しました。

(尾木 直樹)

あわせて読みたい

「日野皓正」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    足立議員の生コン疑惑発言はデマ

    辻元清美

  2. 2

    「立派な国」ランキング 日本は

    長田雅子

  3. 3

    よしのり氏が文春デスク写真公開

    小林よしのり

  4. 4

    1億円稼ぐチャットレディに密着

    AbemaTIMES

  5. 5

    よしのり氏「文春に完全勝利」

    小林よしのり

  6. 6

    金正恩氏 ちびデブ発言に怒りか

    高英起

  7. 7

    山尾氏×望月記者 女の政治を語る

    NEWSポストセブン

  8. 8

    よしのり氏「文春から抗議文書」

    小林よしのり

  9. 9

    石破氏「民進解消で政治が前進」

    石破茂

  10. 10

    民進から資金? 無所属の会に疑問

    早川忠孝

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。