記事

本当に水爆だったのか? 北朝鮮は目標に到達しつつあると専門家

1/2


Eugene Hoshiko / AP Photo

【東京・AP通信】 北朝鮮の最新の核実験は見世物的要素もあり、プロパガンダ的要素もあり、でっちあげ的要素も含まれているかもしれない。しかし、専門家は同時に、北朝鮮政府が本格的な核保有国になる目標を達成するために成されねばならないノウハウに精通している、という真実を誇示してもいるという。

 北朝鮮が主張するようにICBM(大陸間弾道ミサイル)に搭載するための水素爆弾の実験を本当に行ったのかどうかは今だ明白ではない。

 しかし、9月3日に行われた実験は2006年に北朝鮮が開始して以来、6回目の最も強力な実験であり、大型核爆弾を設計する能力があることを示す上で驚くほどの前進を遂げた。その爆発は、140キロトンから、これまでの想定よりもずっと深いところで実験が行われたとすると、潜在的にはその倍以上の威力があると考えられている。

 爆発の威力は重要である。

 今回の爆発はこれまで北朝鮮が行ってきた実験よりも最低でも10倍は強力なものであったことを証明している。これは、今回の実験が北朝鮮が主張するように水素爆弾であったのかどうかの重要な指針である。

 より正式には熱核兵器と呼ばれる水素爆弾は1950年代に起源を遡る。水素爆弾は、第二次世界大戦の終わりに米国により広島や長崎で使われた、より単純な核分離型爆弾と比べて、より強力な潜在性を持つ。1961年にソ連によって開発された人類史上最大の水素爆弾は「ツァーリ・ボンバ」と名付けられた。これは広島の原爆の3,800個分と等しいとされる50メガトンの威力であった。

 北朝鮮の実験は出力100キロトンレベルの推定であり、これは熱核兵器から想定できるギリギリの数値である。200キロトン以上という高い想定を主張する専門家もいるが、この推定はより水素爆弾の範囲内にある。

 実験を前に、北朝鮮の国営放送は金正恩代表が国家の優秀な核科学者達に囲まれて「二段階熱核爆発装置」を視察している様子を収めた写真を放映した。その兵器は大きさといいピーナッツの形といい、米国本土まで到達可能だと言う弾道ミサイルと組み合わせられ、もっともらしく核弾頭に固定される、よく知られたデザインとよくマッチしている。

 しかし、プロパガンダ写真は注意が必要である。

 「憂慮する科学者同盟」に所属する物理学者、デイビッド・ライト氏は「人々は(その装置が)実験されたと推測する、しかし誰も事実は分からないのだ」と発言する。彼は、実験の行われた爆弾の大きさやデザインについて現段階で発言することは不可能であると指摘する。

 もし実験により放射線が漏れたら、軍隊の放射性物質に反応する「探知」飛行機によって米国やその同盟国が北朝鮮が実際に何の実験を行ったのかを決定する助けになるだろう。

 ライト氏は「幸運にも、実験を行ったトンネルが崩壊したという報告は役に立つ情報を放出したことを意味するかもしれない」と言う。

 前イラク国連武器査察官であり、科学国際安全保障研究所の創設者であるデービット・アルブライト氏は、北朝鮮が水素爆弾を保有している、もしくは9月3日にその爆発実験を行ったとはまだ確信できていないと言っている。

 また、彼は「北朝鮮は私達が恐れていることを理解し、写真に写る物体はその恐怖心につけ込み、分裂を生みだし、彼ら自身の抑止力を継続させるためのモデルであったと考える」とも言う。

あわせて読みたい

「北朝鮮」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    福岡刺殺 闇ウェブ専門家の素顔

    やまもといちろう

  2. 2

    ソフバンに陰り 公取委の圧力か

    MAG2 NEWS

  3. 3

    本田圭佑ゴールにSNSは謝罪の嵐

    MAG2 NEWS

  4. 4

    働き方改革巡る竹中平蔵氏の詭弁

    国家公務員一般労働組合

  5. 5

    メルカリが好待遇で求める人材像

    シェアーズカフェ・オンライン

  6. 6

    カジノ代案ない野党はクレーマー

    大西宏

  7. 7

    闇の派遣 女性を乗せた車の正体

    NEWSポストセブン

  8. 8

    セブン公式アプリ決済できず不評

    MAG2 NEWS

  9. 9

    福岡刺殺 ネット上で追悼相次ぐ

    シロクマ(はてなid;p_shirokuma)

  10. 10

    籠池氏が加計理事長の会見に怒り

    NEWSポストセブン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。