記事

「死ぬほど金持ちは、無駄遣いを全くしない」 勝間和代が「銀行のタオル」バカにした投稿に苦言

9月12日放送のバラエティ「バラいろダンディ」(TOKYO MX)で、キャリコネニュースの記事「『銀行でもらったタオル使い続ける友人』馬鹿にした投稿に批判殺到」が取り上げられた。

これに経済評論家の勝間和代さんは、「本物の金持ちはまったく無駄遣いしないですね」と断言。自身の経験から「金持ち論」を展開していた。(文:okei)

「金持ちとしての"しつけ"ってあるんですよ」

画像は番組公式サイトより
画像は番組公式サイトより

記事では、はてな匿名ダイアリーに寄せられた、「銀行で貰った粗品タオルを使い続ける友人」を見下した投稿を紹介。投稿者は「彼女の実家は私のとこ以上に豊かなのに。多分成金なんだと思う」などと見下し、その投稿を見た人たちから批判を浴びた。

意見を求められた勝間さんは、「私は中学から慶應なんですけど、友だちは半分くらい小学校から慶應の子たちなんですよ」と自身の経験を語りだした。慶應の小学校、幼稚舎は本物のお金持ち家庭の子弟が通う学校として知られている。

「もう死ぬほど金持ちなんですよ彼らって。で、まったく無駄遣いしないです」

親が逆にお金持ちだから「それをひけらかしちゃいけない」「先祖代々貰ったものを大事に次の代に伝えなさい」という教育をするため、「(誰かに)言われないと、その子たちが金持ちだってまったくわかんないですよ」という。

「だから『金持ちとしてのしつけ』ってあるんですよ、ちゃんと。なのでこの人(投稿者)は、その"しつけ"から外れちゃってるんでしょうね」

と勝間さんは指摘した。憐みのこもった言い方が、本物を知る人らしく印象的だった。

「無駄遣い大っキライです!」「シャンプーは薄めて使う」

ここでタレントの内山信二さんが「だって勝間さんはまったく無駄遣いしないですもんね」と口を挟むと、勝間さんは激しく肯き「無駄遣い大っ嫌いです!」と同意。内山さんは

「だからお金が貯まるわけですよ。モノの価値を知っているわけですよね」

と持ち上げたが、それも正論だ。

坂東英二さんも「豊かな人ほど貰い物は大事に使ってますよ。それ(粗品タオル)で十分じゃないですか」と同意。作家の立花胡桃さんも「私もすっごいお金持ちとつき合ったことありますけど」と切り出し、シャンプーは半分以下になったら(水で)薄めて使うと言われたことや、「お金持ちってこうなんだなって。食材にはお金をかけるけど、消耗品にはお金をかけない」と刷り込まれたことを明かした。

シャンプーを薄める件は、勝間さんも「私もやります」と告白。「最後は3・4回分くらい周りにこびりついてるじゃないですか、あれがもったいない」と照れ笑いしていた。

あわせて読みたい

「勝間和代」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    貴乃花が協会改革に診断書利用か

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    素人の妊娠中武勇伝は命に関わる

    Chikirin

  3. 3

    朝日新聞の民進分裂検証が衝撃的

    天木直人

  4. 4

    安倍首相の外交 海外から揶揄

    秋原葉月

  5. 5

    希望の党 変調の陰にいた人物は

    早川忠孝

  6. 6

    古谷経衡氏が音喜多氏を痛烈批判

    AbemaTIMES

  7. 7

    貧困状態の子 学力が小4から低下

    日本財団

  8. 8

    日本のキャッシュレス化遅い理由

    AbemaTIMES

  9. 9

    内定辞退に学生「選択肢ある」

    AbemaTIMES

  10. 10

    日馬事件 秘密裏に示談交渉か

    NEWSポストセブン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。