記事

「水爆保有」北朝鮮クライシス(1)まだ完成していない「国家核武力」 - 平井久志

1/2

 北朝鮮は7月4日と7月28日に、ICBM(大陸間弾道ミサイル)である「火星14」を発射した。8月10日には、中距離弾道ミサイル「火星12」4発をグアム沖30~40キロの海上に撃ち込むという9日付の計画を発表し、米国を威嚇した。ただ、金正恩(キム・ジョンウン)党委員長は8月14日に戦略軍司令部を訪問し、「米国の行動をもう少し見守る」として、いったんは発射を留保したが、一方で「米国が朝鮮半島周辺で危険な妄動を続けるなら、既に宣言した通り重大な決断を下す」と威嚇することも忘れなかった。

 さらに8月29日には、中距離弾道ミサイル「火星12」を平壌の順安飛行場から発射。ミサイルは日本列島上空を通過し、約2700キロ飛行して、北海道の襟裳岬沖1180キロの太平洋に落下した。

 そして、9月3日に6回目の核実験を強行した。これは北朝鮮が、米本土を攻撃できる核兵器を装着したICBMを保有するまで核・ミサイル開発を続ける意思を表明したものだ。国際社会は制裁による圧迫を続けているが、これを阻止する有効な手段を持っていない。日米韓も手詰まり状況で、米朝のチキンレースはさらに煮詰まりつつある。

広島原爆の10倍以上の爆発威力

 北朝鮮は9月3日正午(日本時間午後0時半)、同国北東部の咸鏡北道吉州郡豊渓里で6回目の核実験を強行した。韓国の気象庁は地震規模をマグニチュード(M)5.7、日本の気象庁はM6.1と推定した。日韓の測定値はかなり異なったが、爆発規模を小さく推定した韓国の観測値であっても、最大規模であった5回目のM5.0を大きく上回っており、爆発規模は5回目の5~6倍とみられた。韓国政府は爆発規模をTNT(トリニトロトルエン)火薬で50キロトン、日本の気象庁は5回目の約10倍と推定した。

 小野寺五典防衛相は当初、核実験の爆発規模をTNT火薬で70キロトンと推定した。しかし、日本政府は包括的核実験禁止条約機構(CTBTO)による地震規模測定に基づき、爆発威力を70キロトンから120キロトンに、さらに160キロトンに上方修正した。核実験は分厚い岩盤の下に掘られた坑道で行われ、実際の爆発威力は地震規模に反映されるものより大きい可能性があり、爆発規模はさらに大きいものであった可能性を指摘する専門家もいる。

 広島に投下された原爆は約16キロトン、長崎は約21キロトンとされているが、今回の爆発規模は広島投下原爆の約10倍以上の規模とみられる。

「2度の地震」と坑道崩壊の可能性

 中国の地震局は9月3日午後12時半(日本時間)に、1回目の地震の規模をM6.3と測定した、と発表した。中国地震局はさらにその約8分後に、M4.6の地震を測定した。当初、北朝鮮が連続的に核実験を行った可能性が指摘されたが、結果的には核実験は1回だけだった。このため、この2回目の地震は、核実験で実験場内の坑道が崩壊したための地震ではないか、とみられている。

 豊渓里核実験場の第2坑道では、第2回(2009年5月)、第3回(2013年2月)、第4回(2016年1月)の核実験が行われたとされているが、今回の核実験も、第2坑道を使ったとみられている。今回は爆発規模が大きく、過去の核実験で地盤が弱くなっていた坑道が崩壊した可能性があるという。

 米ジョンズ・ホプキンズ大の北朝鮮分析サイト「38ノース」は9月5日、核実験前後に撮影した豊渓里核実験場の商業衛星写真を比較した。その結果、実験後に多数の地滑りが起きたことを確認した、と明らかにした。

 中国では、坑道の崩壊や地滑りで実験場に亀裂が生じて、放射線が外部に漏れるのではという危惧も出た。

米国も「現在のところ水爆実験」

 北朝鮮は9月3日付の党機関紙『労働新聞』1面で、金正恩党委員長が核兵器研究所を訪問したと報じ、金党委員長はここでICBMの弾頭部に装着する「水爆」を視察した、と伝えた。同紙は1面に金正恩党委員長が「水爆」とされる装置を見る写真も掲載した。これが事実なら、北朝鮮は「水爆」を弾道ミサイルに装着できるまでの小型化、軽量化に成功したことになる。北朝鮮が6回目の核実験で使った核兵器が、金正恩氏が視察した「水爆」と同一のものであるかどうかは明確ではないが、北朝鮮の核・ミサイル開発は新たな段階に入ったと言える。

 北朝鮮は9月3日午後3時(日本時間同3時半)に、「核兵器研究所」の声明を発表し、「ICBM装着用水爆実験を成功裏に断行した」とした。

 北朝鮮はこれまで5回の核実験を行っている。2013年2月の3回目の核実験では、原爆の「小型化、軽量化」に成功したと発表した。2016年1月の4回目の核実験は「水爆」だと主張した。しかし、この時の爆発規模は7.9キロトン程度とされ、水爆としては爆発規模があまりに小さく、強化型原爆(ブースト型原爆)ではないかという見方が強かった。同年9月の5回目の核実験は「核弾頭の威力判定」を行ったとし、ミサイルに装着できる核兵器の開発に成功した、と主張していた。

 北朝鮮の6回目の核実験が強化型原爆なのか、水爆なのかはまだ決定的な判断はできないが、「水爆」の可能性は排除できない。原爆はウランやプルトニウムの核分裂反応を利用するが、水爆は原爆を起爆剤にして核融合反応を起こす。北朝鮮の発表は「水爆1次系の圧縮技術と分裂連鎖反応開始操縦(制御)技術の精密性が再確認され」、「水爆2次系の核融合威力を高める上で核心技術である核装薬に対する対称圧縮と分裂起爆・高温核融合点火、続いて極めて速く展開する分裂-融合反応間の相互強化過程が高い水準で実現されるということが実証された」というものだった。これまでになく実験内容を詳しく公表しており、水爆実験であったことを内外に誇示したいという意図が見える。

 水爆としては爆発規模が小さいという見方もあるが、核融合物質を調整するやり方で、爆発規模を減少させる試験をした可能性もあるという。また、起爆に使うブースト型原爆はある程度正常に核分裂を起こしたが、核融合の過程が不十分だったという見方もある。『労働新聞』で公開された装置は2つのパーツに分かれ、1つはひょうたん型だ。これは水爆の一般的な形で、ロシアの場合はこうした形だという。水爆であれば、北朝鮮は今回の実験で4回目と5回目の核実験の成果を踏まえ、ミサイル装着可能な水爆の開発に成功したことになる。

 韓国『聯合ニュース』によれば、米国政府関係者は9月7日、今回の核実験について調査中だが、「現在までのところ、今回の核実験が水爆であったという北朝鮮の主張が事実ではないということはない」と述べ、現時点では水爆実験とみているとした。

あわせて読みたい

「北朝鮮」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    配達が無言 ヤマトAmazon撤退で

    山本直人

  2. 2

    覚悟ない子連れ議員にがっかり

    宮崎タケシ

  3. 3

    国民を馬鹿にした昭恵夫人の一言

    天木直人

  4. 4

    慰安婦の日制定で日韓合意は破綻

    木走正水(きばしりまさみず)

  5. 5

    子連れ登院の目的に抱いた違和感

    井戸まさえ

  6. 6

    事故物件の住人が明かす恐怖体験

    AbemaTIMES

  7. 7

    詩織氏に届いた女性からの非難

    女性自身

  8. 8

    山尾氏の集団的自衛権=悪は危険

    篠田 英朗

  9. 9

    森友問題 朝日は学校名を捏造か

    和田政宗

  10. 10

    乳児連れ議会への批判はおかしい

    駒崎弘樹

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。