記事

若者の政治参加についてのアンケートにお答えした

高校生からこんなメールが届いた。

「突然ですが、メールにて失礼致します。

現在、私の学校では『答えが無い問題の解決策を探求する』というテーマのもとで、各グループに分かれて、経済や医療等の様々なジャンルから、テーマ設定をし、課題研究活動を行っています。

私のグループでは、『学生運動とこれからの政治参加』という主題で、60年代安保闘争から、SEALDsの活動まで、国内外の政治運動の比較を通じ、今後の政治参加には何が必要かという事を研究しています。

その活動を進める中で、いくつか浮かんできた疑問について意見を聞かせて頂きたく、メールを送らせて頂きました。

以下、質問事項になります。

〈質問1〉
民主党は野党として機能していると思いますか。
又、野党のあるべき姿とは、どのようなものだと考えますか。

〈質問2〉
現代の、10代~20代の若者は政治への関心が高いと思いますか。
可能であれば、理由も教えて頂けると有難いです。

〈質問3〉
国民の政治参加の方法は、投票やデモ以外では、どのような方法があると思いますか。

〈質問4〉
SNSは活発な政治討論の場になりうると思いますか。

お忙しい中かと思いますが、お返事を頂けましたら、幸いです。」

なかなか興味深い質問だったし、文章がきちんとしているのが気に入って、すぐに返事を書いた。以下が返信。

「こんにちは。内田樹です。
メール拝受致しました。
なかなかよい課題ですね。ご質問について、僕も「正解」を知っているわけではないのですが、個人的な意見を述べたいと思います。

〈質問1〉
民主党は野党として機能していると思いますか。
又、野党のあるべき姿とは、どのようなものだと考えますか。

民進党のことを質問されているのだと思いますが、民進党は野党としてはかろうじて機能しているとは思います。

ただ結党以来綱領的な整合性・一貫性がない政党で、選挙のたびに「風」頼みで公約がふらつくのがなかなか信頼されない理由だと思います。
「民意におもねる」というのは民主制下の政党としてある意味では当然のことなのですが、それにしてもあまりにも「腰が据わっていない」と民意の側でも不安になります。

それでも、今の日本では民進党のような政党(民意をつかみ損ねてふらふらしている政党)はここ一つしかないので、政党政治の多様性という観点からすれば、「ないよりはあった方がいい」と私は思っています。

「野党のあるべき姿」というものがもしあるとすれば、それは「有権者にとって政策的選択肢の多様性を保証する」ことに尽くされると思います。

ですから、共産党のような綱領的に整備された上意下達の一枚岩政党や、公明党のようなこれも一枚岩の宗教政党や、民進党のような党内ばらばらで「なんだかよくわからない政党」のように、それぞれ綱領も組織原理も異なる政党が併存している日本の政党政治の状態は決して悪いものではないと思います。まあ、そういうのも「あり」という程度ですけれど。

〈質問2〉
現代の、10代~20代の若者は政治への関心が高いと思いますか。

可能であれば、理由も教えて頂けると有難いです。

政治への関心というのは(とくに若者たちの政治への関心は)よくわからない理由で突発的に高まったり冷めたりするものです。それはいつの時代でも変わりません(60年代終わりから70年にかけての僕が若者だった時代も、その前の60年安保の頃もそうでした)。

自分たちの個人的な意見が政策決定に反映されないと虚無的になり、政治に対して無関心になりますが、個人的な思いと現実政治があまりに乖離すると、それまで虚無的な気分がいきなり怒りに変わるというようなことがあります。

政治的無関心というのは「政策決定に自分たちの思いがほとんど反映されていないけれど、怒っても始まらない」というなげやりな気分のことです。それが前段は同じでも「ここまでひどいとさすがに一言言わざるを得ない」という怒りに変わると「政治的関心」と呼ばれる。

政治的な関心・無関心は世代の属性ではなくて、歴史的条件の関数です。そして、無関心が関心に変わり、関心が無関心に変わるその化学変化のプロセスはあまりにデリケートなので、なかなか予測できません。

〈質問3〉
国民の政治参加の方法は、投票やデモ以外では、どのような方法があると思いますか。

一番大切なのは政治について考え、個人的な意見を練り上げ、機会をとらえてそれを公表することだと僕は思います。

政治についての個人の思いなんかに現実変成力はないと思っている人が多いと思いますけれど、それは違います。政治過程についての本質的な洞察は、たとえ個人の見解であっても、つよい浸透力があり、政治についてのものの見方を集団的に変えてしまうことがあります。

〈質問4〉
SNSは活発な政治討論の場になりうると思いますか。

どうでしょう。顔が見えない場所での議論はどういうことが主題でも、極端になりがちです(どんなことを言っても胸倉をつかまれて・・・というリスクがありませんからね)。

SNSは政治的意見を二極化する(それはそれで話がわかりやすくはなるのですが)上では有用ですが、集団的な合意形成の場としてはあまり(ほとんど)役に立たないと思います。

合意形成の訓練をするためには、どうしても顔と顔を向き合わせて対話する場が必要だろうと思います。

以上です。お役に立てたらいいんですけど。」

答えのない問題の解決策を探求するという課題の設定はとてもよいと思う。
ちゃんとした先生はどこの学校にもいるし、ちゃんとした先生がいればちゃんとした生徒がいる。
当たり前のことだけれど。

あわせて読みたい

「18歳選挙権」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    小池氏の辞任劇は「死んだふり」

    NEWSポストセブン

  2. 2

    ユニクロの闇は日本企業の行く末

    fujipon

  3. 3

    よしのり氏「杉村太蔵見直した」

    小林よしのり

  4. 4

    朝日新聞は憲法改正の認識が甘い

    小林よしのり

  5. 5

    「アベ辞めろ」入らぬ流行語大賞

    NEWSポストセブン

  6. 6

    希望 支持率2.7%で下げ止まらず

    三浦博史

  7. 7

    進次郎氏 総理を縛る国会に指摘

    宮崎正

  8. 8

    大阪市長の正論を非難する朝日

    木走正水(きばしりまさみず)

  9. 9

    改名して出馬 「最強の無所属」

    畠山理仁

  10. 10

    石原元知事 産経に怒り断筆宣言

    NEWSポストセブン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。