記事
  • ヒロ

どうなる自動車産業、EV化の流れにどう立ち向かう?

今日はご意見やお考えをお伺いしたいと思い、それなりに皆さん、思い入れのあるこの自動車のテーマを掲げてみることにしました。この種のテーマを挙げるとコメント欄に延々と熱い思いを書き綴ってくださる方が多く、大変参考になります。

そんな中、自動車業界に影響がある二つのニュースが飛び出しました。一つはフランクフルトの国際自動車ショーで欧州自動車メーカーがEV化を強く打ち出したこと、そしてもう一つが中国が欧州に続き、ガソリン車の生産販売を止める検討を始めたというニュースです。

VWのミュラーCEOは「業界の変革は止めることができない。当社はその変革を主導する」(ブルームバーグ)とし、300車種全モデルのEV化を図ると述べ、ダイムラーもほぼ同様の発表をしています。

一方の中国は時期こそ明言していないものの環境対策と銘打って検討を始めたとしていますが、技術的に追手となる内燃機関型ではなくEVで先手を打つという方針と考える方が妥当かと思います。

一方の日本はEVに思ったほど踏み込んできません。日産が新型リーフを発売しましたが前モデルが社内販売目標に全く届かなかったこともあり、今回は公表された販売目標値はありません。日本ではEVのインフラ環境は圧倒的に進みましたが、それでもAlternateの選択肢が多いこともあり、日本的戦国時代にあるように思えます。(EV、PHV、ハイブリッド、レンジエクステンダー、水素車、もちろん、ガソリン車も燃費は改善されており、消費者の選択肢が多すぎてばらけてしまっています。)

さて、皆様のコメントを拝見する限り、このブログにボイスとして挙がってくる限りにおいてはEVに抵抗がある方が主流のようです。日本のEV車の売れ行きを見てもその流れなのかもしれません。

ガソリンエンジンとEVの違い、これを私なりに単純な違う表現をすると機械式時計とクォーツのようなものではないかと思います。時を刻む正確性はクォーツが上でしょうが、機械式時計にはテイストと愛着があります。価格についてはクォーツは下落の一途をたどり、今では1000円でもクォーツ時計は買えますが、機械式時計は50万円から上でとんでもない金額まで存在します。

内燃型の車は走りが様々です。低速の力強さや中高速域の伸びなど乗り手のテイストに合わせた商品がたくさんあります。一方、EVですと走りは比較的画一的になりやすいのではないでしょうか?もちろん、EVを発売するポルシェがどういうものになるのか、私は分かりませんが、今のところ、どこまで楽しい走りなのかは不明です。

但し、車をどう乗るのか、という点に関してはこだわる人、実用主義の人、様々だと思います。エンジンで選ぶ人もいるし、サイズや用途、内装、スタイルもあるでしょう。また、商用の場合はどうでしょうか?多くの初期EV車や環境対策車が公官庁に納入されてきたように企業はEVを選ぶ傾向が出るような気がします。ここバンクーバーでも郵便局の配達用バンはEV車が増えてきています。

もう一つは根強い内燃機関のファン層の声に対して自動車メーカーがどういう反応を示すか、であります。日本の自動車メーカーは世界トップ3にトヨタ、日産と2社入るほど影響力がありますが、逆に言えば数を売る必要性があるとも言えます。そんな中で欧州や中国が10年から20年という長い時間があるにせよ、EVシフトを鮮明にしているなかで企業経営としてどのようなバランスを保つのかは大きな課題であるはずです。

個人的には10-20年という長そうで短いタイムスパンをどう捉えるかではないかと思います。「あの時こうしていれば…」という後悔をせず、世界のリーダーとして君臨し続ける選択肢が必要です。

また、EVの弱点はまだたくさんあり、内燃機関の優位性を指摘する声も理解できますが、10-20年の間に技術改良は必ず進みます。今は「これじゃぁね」と言っていても「すごくよくなったね」と変わってくるのが世の常です。

お前はどうなのか、と言われれば案外、日本の自動車メーカーはEVと内燃機関型に分離させるかもしれない気がします。セイコーが高級腕時計ブランド、「グランドセイコー」を今年、独立ブランドにさせましたが、これと同じで内燃型をより研ぎ澄まされた車として開発を続ける一方で軽自動車を含め、量産車の世界戦争にEV開発をせざるを得ない、これが私の想像する10数年後の企業像です。

なぜ、分けるのか、と言えば開発思想が違うでしょうし、そこで働く社員の姿勢が違うと思います。マツダや富士重工はこだわる車を作り続けるのでしょう。しかし、トヨタや日産はそうとばかりにもいかないのです。それゆえ、部門を変えるべきだと思っています。EVは更に徹底した効率化を求められる点において日本は本来、得意分野のはずだと認識しています。

一番重要なのは今の若者が時計をしなくなった意味あいであります。クォーツ時計のようなEVばかりになったら別に所有しなくてもよいわけでシェア化がより一層進む気がします。しかし、機械式時計は貴金属的価値があり、自分の体の一部となっている人も多いでしょう。このあたりのすみわけと価値観の変化が今後の自動車産業を占うのでしょうか?

今日は全く触れていませんが、20年後には自動運転も花盛りだと思います。そちらのエレメントも忘れてはならないのでしょう。皆様のご意見、お待ちしております。

では今日はこのぐらいで。

あわせて読みたい

「EV」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    小池氏の辞任劇は「死んだふり」

    NEWSポストセブン

  2. 2

    ユニクロの闇は日本企業の行く末

    fujipon

  3. 3

    よしのり氏「杉村太蔵見直した」

    小林よしのり

  4. 4

    朝日新聞は憲法改正の認識が甘い

    小林よしのり

  5. 5

    「アベ辞めろ」入らぬ流行語大賞

    NEWSポストセブン

  6. 6

    希望 支持率2.7%で下げ止まらず

    三浦博史

  7. 7

    進次郎氏 総理を縛る国会に指摘

    宮崎正

  8. 8

    大阪市長の正論を非難する朝日

    木走正水(きばしりまさみず)

  9. 9

    改名して出馬 「最強の無所属」

    畠山理仁

  10. 10

    石原元知事 産経に怒り断筆宣言

    NEWSポストセブン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。