記事

橋下徹"不倫謝罪は時間無制限で対応せよ"

■不倫なんて家庭で厳しい制裁を受ければ十分だけど

民進党衆議院議員・山尾志桜里さんの不倫騒動で世間は大いに賑わっている。

「男女の関係がないなんて下手な嘘をつくな!」「不倫問題と政治家の能力は別だ!」「今回の騒動は山尾志桜里潰しだ!女性政治家潰しだ!」「山尾氏のこれまで言ってきたこととやっていることが全然違う!」

まあいろいろなことが言われている。僕は男女の問題と政治家の能力は別問題だという考えだ。もっと言えば、政治家は道徳家とは異なるので、政治家に道徳的な立派さを求める必要はない。道徳的にはどうしようもなくても政治家として社会の課題をしっかりと解決してくれたらそれでいいというのが僕の考え。特に不倫の問題なんて、当人らの家族の中で厳しい制裁を加えられれば十分で、世間がとやかく言うことではないというのが持論。これは世間的には少数説だろうけど(笑)

山尾さんとその相手男性の本人たちが男女の性的関係を否定し、誰もその現場を目撃していない以上、男女の性的関係があったかどうかを周りがとやかく言っても仕方がない。男女の性的関係は週刊文春で報じられた事実から「推測」するしかない。さらに政治家に道徳的立派さを求めるかどうかについては人それぞれの考えがある。ここは以前メルマガで論じた「立場・価値観の違い」というもので、論理的正当性を追求するものではない。政治家に道徳的立派さを求めるか否か、どちらの立場に立つかだけの話だ。ゆえにこの《問題解決の授業》では、山尾さんとその相手男性の男女関係の有無や政治家の不道徳性を追及することに力は割かない。

ということで、ここでは今回のような“文春砲”を受けた時に、山尾さんたちはどう対応すべきだったか、いつもの危機管理の視点で検討していきたい。

森友学園問題、加計学園問題、陸上自衛隊日報問題における日本政府の対応について、これまで危機管理論を散々論じてきた。もっとも重要なのは謝罪だとね。

安倍晋三首相も内閣支持率の急落に伴い、まずやったのは国民への謝罪。テレビカメラの前で8秒間、国民に対して頭を下げた。これは国民の共感を得たと思う。ただしその後の日本政府の対応は相変わらず不十分。きちんと謝罪をしたなら、なおさらその後の態度で示さないとかえって支持を失ってしまうということも論じた。

この謝罪については、心を込めて行わなければならないという精神論は当然のこととして、最も重要なことは、「誰に対して」「どの順番で」行うのかということ。これは言われれば、そんなことは当たり前の話だと思うけど、スキャンダルが勃発してパニックに陥っているときにはなかなか冷静に判断できないんだよね。

謝罪の順番については、「最も傷ついている人たちから、しっかりと謝罪を行っていく」というのが鉄則。ほんとこうやって言われれば当たり前のことだけど、この鉄則をしっかりと頭に入れておくことが、スキャンダルが勃発してもパニックに陥らない黄金の術なんだ。

■かっこ悪い話ならかっこ悪く、そして時間無制限で会見を

山尾さんは釈明の記者会見で、冒頭、党に迷惑をかけたこと、支援者の期待を裏切ったことなど、延々、自分の今のポジションを「公的に」支えてくれている人たちへの謝罪を行った。これは違うでしょ。

党関係者や山尾さんの支援者は、裏切られたという思いがあっても、精神的に傷つけられたわけではない。ここを山尾さんは理解していない。

最も傷ついているのは、相手男性の奥さんであり、その子供であり、そして自分の夫であり、自分の子供。山尾さんと旦那さんの間の夫婦関係はいろいろあるみたいなので、それを横に置いたとしても、相手男性の奥さん、子供、そして自分の子供の傷つき方は半端なものではない。まずはこの人たちに心からお詫びすべきであった。ところが山尾さんの会見では自分たちを「私的」に支えてくれている家族の存在が完全に抜けていた。

なぜ山尾さんは家族への謝罪を落としたのか。それは私的な話だから記者会見で言うべきではないと考えたのか。それとも今回の件で一番傷ついている者が誰なのかを見失ったのか。両方あるにせよ、僕は後者がより強いと感じたね。

また謝罪するときにかっこを付けても仕方がない。男女の関係があろうとなかろうと、今回報じられたことは、世間的にはかっこ悪いことには間違いない。そうであれば、かっこ悪さを前面に出した会見にしないといけないね。山尾さんの会見は、男女関係がないことを強調したあまり、最後の最後のギリギリのところでかっこを付けることにこだわった感がある。そこに世間はギャップを感じたのだろう。かっこ悪い話は、かっこ悪く会見をするしかない。こんなところでかっこつけても仕方がない。

男女の関係があろうとなかろうと、文春が報じた事実を基にすれば、家族内で怒られるのは当然だ。怒られてボロボロになっている素の姿を見せればいい。道徳的な立派さを政治家に求め、不倫問題でも政治家に制裁を加えたいと思っている多くの有権者であっても、家族から怒られているかっこ悪い政治家の姿を見れば、自分たちが成敗しなくてももう十分じゃないかという気持ちになってくれるかもしれない。こんなところでかっこつければ、世間は「何偉そうにしとんねん!」となる。

男女の関係があろうとなかろうと、あの報道事実によれば、妻として母親としてかっこ悪い話である。そうであれば、家族に対してかっこ悪いことをしてしまったという雰囲気になるはずなのに、あの山尾さんの会見を見る限りは、そんな雰囲気は全く感じなかった。子供を悲しませてしまった、迷惑をかけてしまったということからにじみ出た涙というよりも、不条理なことで党を追われることへの無念の涙という感じだった。

そして世間的に広がったピンチを挽回するには、最後は「記者会見」しかない。そこではメディアからの質問が途切れるまで、時間無制限で対応すべきだ。しかし、ピンチに陥った人の記者会見は、途中で打ち切ってしまう場合がほとんど。それでは不誠実さというダメージが広がってしまう。

■これが「スキャンダル対処法」7カ条だ

今回の山尾さんのケースのように、スキャンダルが発覚し、完全否定できないときにどう対処するかを以下にまとめてみた。

1、 最も傷ついた者に対して徹底して謝罪。自分の保身を考えない。
2、 過去、同様の行為について他人を批判したことがあるなら、そのことも徹底して謝罪。
3、 謝罪会見のときにはかっこを付けず、自分の愚かさを率直に認める。かっこ悪いことをしたなら、かっこ悪さを前面に出す。
4、 不祥事の釈明会見は、時間無制限で対応する。
5、 一時しのぎ、その場しのぎの対応はしない。
6、 報道事実に完全な虚偽がないなら、そこはおおむね認めた上で、男女の問題の詳細は家族に語るべき問題であり公に語るべき問題でないことを強調する。
7、 普段から、自分も失敗するであろう問題で他人を批判しない。特に道徳性・人間性を持ち出して他人を批判しないよう心掛ける。

山尾さんは、相手男性と自分の家族に謝罪することは当然として、さらに同様の行為をした他人をこれまで偉そうに批判していたことを徹底的に反省し、批判した相手に対して心のからの謝罪をすることが重要になる。

橋下徹公式メールマガジン 好評配信中!Vol.72は9月19日配信予定
政界に突然彗星のごとく現れた男は、大阪の何を変え、誰と戦い、何を勝ち得たのか。改革を進めるごとに増える論敵、足を引っ張り続ける野党との水面下での 暗闘をメルマガ読者だけに完全暴露し、混迷が続く日本経済、政界の指針を明確に指し示す。政治家、弁護士、そして、7人の子どもを持つ親として、読者からの悩みごと、相談に、ズバリ答えていく。大物との対談も掲載!

※本稿は、公式メールマガジン《橋下徹の「問題解決の授業」》vol.71(9月12日配信)からの引用です。もっと読みたい方は、メールマガジンで!! 今号は《民進党・山尾志桜里さん不倫騒動で考える「スキャンダル危機管理7つのポイント」》特集です。

(前大阪市長・元大阪府知事 橋下 徹 撮影=市来朋久)

あわせて読みたい

「山尾志桜里」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    定年後は蕎麦打ち職人になるな

    内藤忍

  2. 2

    今度こそ北朝鮮の崩壊は秒読みか

    自由人

  3. 3

    海老蔵と麻耶 歌舞伎界の非常識

    NEWSポストセブン

  4. 4

    真逆に報じられた仏大統領発言

    西村博之/ひろゆき

  5. 5

    豊田議員あと一歩で逃げ切り逃す

    文化通信特報版

  6. 6

    金正恩氏が米国への本音を吐露か

    高英起

  7. 7

    金正恩氏 史上最高の措置を検討

    ロイター

  8. 8

    石破氏「解散の意義わからない」

    石破茂

  9. 9

    北外相 太平洋での水爆実験示唆

    ロイター

  10. 10

    老後の同窓会は成功者しか来ない

    NEWSポストセブン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。