記事

斉藤由貴「キス写真」に続く流出写真で不倫認める

2/2

写真流出の謎

渡邉裕二
それにしても、問題は写真の流出である。何で、プライベート写真がタイミングよく流出するのか摩訶不思議である。業界内にはネットにクラウド保存していた画像がハッキングされたことを指摘する声もあるが、実際には、その可能性は低いと思う。

考えられるのは、8月3日の斉藤の記者会見だったかもしれない。彼女の独特な雰囲気で煙に巻いた、あの曖昧な会見だ。しかも、斉藤ばかりか開業医男性も平然と関係を否定しまくっていた。これには「不倫をしておきながら反省していない」と映ったとしても仕方がない。だとしたら、写真はどちらかの近親者から流れたとしか考えられない。

もちろん証拠はないし憶測でしかないのだが、フッと渡辺謙の不倫騒動の時のツーショット写真流出を思い出す。ま、警察に相談しようと、それも自業自得だろう。

しかし、プライベート写真が流出するというのも怖い話だが、こう言った写真を撮るというのも信じがたい。

ちょっと前のことだが、カップルが自分たちのラブラブ写真を自撮りしてSNSにアップするような流れがあった。ここ数年、インスタグラムなどに投稿するケースも多い。もっとも斉藤は職業柄、こういった写真に残すようなことはしないだろうと思う。だとしたら怪しいのは開業医男性である。

これは、あくまでも私見だが、開業医男性は斉藤の熱烈なファンだったという。だとしたら「自己満足」で斉藤との情事を隠し撮りしていたとも考えられる(そう思いたいのかもしれないが…)。特に「キス写真」は、アングル的にそんな感じがしないわけじゃない。どのように撮ったか知らないが、斉藤の自宅でパンティーをかぶってフルーツを食べるショットなんて悪趣味でしかない。

さて、斉藤の今後だが大きな影響はないように思う。

すでにNHK内では出演に関しては「要注意」とのお達しが出たというが、現時点では来年の大河ドラマにも出演が予定されている。もし「降板」ということになったら、やはり出演が予定されている渡辺謙との言い訳がつかなくなる。昨年のベッキーのように「裏切られた感」も少ないだろうし、いずれにしても独特な世界観を持った斉藤は案外、スキャンダルに強いキャラクターかもしれない。

山尾志桜里議員と倉持麟太郎氏や、その前の今井絵理子議員のような政治家の不倫騒動とは根本的に違うように思う。

あわせて読みたい

「不倫」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    小池氏の辞任劇は「死んだふり」

    NEWSポストセブン

  2. 2

    ユニクロの闇は日本企業の行く末

    fujipon

  3. 3

    よしのり氏「杉村太蔵見直した」

    小林よしのり

  4. 4

    朝日新聞は憲法改正の認識が甘い

    小林よしのり

  5. 5

    「アベ辞めろ」入らぬ流行語大賞

    NEWSポストセブン

  6. 6

    希望 支持率2.7%で下げ止まらず

    三浦博史

  7. 7

    進次郎氏 総理を縛る国会に指摘

    宮崎正

  8. 8

    大阪市長の正論を非難する朝日

    木走正水(きばしりまさみず)

  9. 9

    改名して出馬 「最強の無所属」

    畠山理仁

  10. 10

    石原元知事 産経に怒り断筆宣言

    NEWSポストセブン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。