記事

斉藤由貴「キス写真」に続く流出写真で不倫認める

1/2
BLOGOS編集部
「2度あることは3度ある」「3度目の正直」

まさに、そんなことわざを地で行くような話となった。

女優の斉藤由貴(51)と妻子がいる50代開業医男性とのダブル不倫騒動である。

この騒動、記者会見で斉藤が〝完全否定〟したことで、一旦は騒動が終息したかに見えたが、実は、それが火種となったのか、気づいた時には火だるま状態になっていた…と言うところだろう。

その火種となったのは写真週刊誌「フラッシュ」。9月5日発売の同誌に噂の開業医らしき男性とのキス写真が掲載されたことだった。

余りにもショッキングな写真流出に事実を確認しようとする取材に対して斉藤は「写真はコラージュ」「コメントに値しない」と突っぱねたかと思ったら、雲行きが怪しくなってきたら「記憶が曖昧」と苦しい言い訳をする始末。

ところが、今週発売の同誌で第2弾として開業医男性が斉藤の自宅らしき居間で女性のパンティーを頭からかぶって、フルーツを食べている写真が掲載されたのだ。しかも写真のキャプションには御丁寧に「誌面ではボカした部分に斉藤の家族写真がある」などと記されていた。

さすがに、この写真には言い逃れは出来ないと判断したのだろう。まずは、開業医男性が不倫だったことを吐露。続いて斉藤側もマスコミ宛にコメントをFAXで流し、

「今回のことは全て私の責任です。今後お仕事で派生するペナルティーは、覚悟してお受けいたします」と不倫関係にあったことを完全に認めた。曰く、

「先日(8月3日)の会見では、本当のことをお話しできず、誠に申し訳ございませんでした(中略)あの公の場では何もかもお伝えすることは、私にとってはどうしても出来ませんでした」。その上で「主人には、先日、ありのままを話し、謝罪しました」とも記されていた。

女優としても、女性としても、頼りすぎた


当初は、シラを切り通そうと2人で示し合せていたに違いない。が、開業医男性の〝パンティーかぶり〟の写真まで出てきたら、もはやお手上げだ。

「ここでも突っぱねたら、次はどんな写真が掲載されるか分からない」

さすがに万事休すといったところ。

2人は5年前の2012年から不倫してきたと言うから、もはや〝出来心〟なんてものではない。〝真剣交際〟である。それも斉藤の自宅や近くの賃貸マンションなどで密会を繰り返していたと言う。もはや堂々としたものだった? ちなみに、斉藤が「記憶が曖昧」だとした〝キス写真〟は2年前に撮られたものだという。

…とは言っても「お相手の男性に、女優としても、女性としても、頼りすぎてしまいました」。

斉藤にそんなことを言われたら旦那さんは、もはや立つ瀬がないだろう。この発言は余りにも無神経、無神経だ。もちろんお子さんだって唖然呆然である。旦那さんからしたら「俺は、お前の何だったんだ!」だろう。しかも、自宅で、こんな写真まで撮って、バレたから「謝罪しました」なんて言語道断だ。

開業医男性のマインドコントロールとも…


だが、この中で斉藤が「全て私の責任」と言い切る真意は分からない。開業医男性には責任がないのか?どうもしっくりいかない。斉藤のことを擁護するとしたら、今回のことは、開業医男性によってマインドコントロールされていなんじゃないかという感じもする。

斉藤の悩みや不安…それこそ美容のことから精神面に至るまで全て相談に乗っていたということは確かで、彼女自身は「私の全てを理解してくれる人」と思い込んでいたに違いない。まして、家族の主治医だったことも考えると、十分に納得できるというもの。おそらく、斉藤は、今になってマインドコントロールによって動かされていたことに気づいたのかもしれない…。

言うまでもなく、斉藤は過去にシンガーソングライターの尾崎豊さん、そして川崎麻世と2人と〝不倫〟した〝過去〟を持っている。尾崎さんとは「同志」の関係と言い、川崎とは真剣だったことを明らかにしたが、この時もキス写真が流出した。とにかく2度も修羅場を味わったんだから、さすがに「もう懲り懲り」と思っていたはずだろうに。

もっとも斉藤本人も「学習能力が乏しい」と言っていたし、芸能界で斉藤は「不倫魔女優」とも言われていたから、「不倫志向」と言うのは「性癖」に近いものがあったのだろう。しかも、彼女自身「すぐに好きになってしまう」と公言していたから、感情や理性を抑えられなくなってしまう気質であることは想像できる。そのことは旦那さんも、ある意味で分かっていただろうし、もしかしたら覚悟はしていたのかもしれないが…。

あわせて読みたい

「不倫」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    貴ノ岩叩きで手の平返すマスコミ

    キャリコネニュース

  2. 2

    板尾不倫騒動 ラブホ=SEXは古い

    メディアゴン

  3. 3

    三田佳子次男 元乃木坂に暴行か

    女性自身

  4. 4

    よしのり氏「杉村太蔵見直した」

    小林よしのり

  5. 5

    「レコ大」私物化のドン実名告発

    文春オンライン

  6. 6

    大阪市長の正論を非難する朝日

    木走正水(きばしりまさみず)

  7. 7

    朝日新聞は憲法改正の認識が甘い

    小林よしのり

  8. 8

    ユニクロの闇は日本企業の行く末

    fujipon

  9. 9

    日産 会見出ないゴーン氏の思惑

    片山 修

  10. 10

    「アベ辞めろ」入らぬ流行語大賞

    NEWSポストセブン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。