記事

訂正:アップル、「iPhoneX」発表 顔認証や無線充電に対応

[クパチーノ(米カリフォルニア州) 12日 ロイター] - 米アップル<AAPL.O>は12日開催した新製品発表会で、新型スマートフォン「iPhone(アイフォーン)X(テン)」を発表した。前・背両面ともガラス製のデザインで、顔認証によるロック解除などの新機能を搭載する。

アイフォーン10周年記念モデルとなる「X」は、画面下にあったホームボタンがなくなり、画面は前面をほぼ覆いつくす5.8インチとなったほか、有機EL(OLED)を採用。さらに、指紋ではなく顔認証に対応するほか、無線充電や赤外線カメラといった新機能を搭載する。

クック最高経営責任者(CEO)は「初代アイフォーンから最大の飛躍」と語った。

価格は999ドルから。発売は11月3日となる。

今回は事前に新製品の詳細が報道されていたことから、サプライズはほとんどなかった。ただ、iPhoneXの価格にはなお驚きの声も上がり、発売日を巡っては年末商戦を前に生産の遅れを懸念する見方が出た。

アップルの新製品は通常、発表から1、2週間以内に発売される。クックCEOは11月3日の発売日について、投資家に示した見通しと一致していると説明した。

フォート・ピット・キャピタル・グループのシニア株式リサーチアナリスト、キム・フォレスト氏は「10月上旬か中旬といった、より早い時期のほうが望ましかった」と語った。

アップルの株価は0.4%安で終了。新製品発表会が行われている間、一時1%高まで買われる場面もあったが、その後下げに転じた。

ソラリス・アセット・マネジメントの最高投資責任者(CIO)、ティム・グリスキー氏は発売日について懸念していないとし、iPhone新モデルの機能に好感を示した。一方でサプライズがなかったことに落胆を示し、「iPhoneの先や人工知能(AI)分野へのアップルの進化について語らなかった」と指摘した。

アップルはまた、アイフォーン「7」と「7プラス」の後継モデルとなるアイフォーン「8」と「8プラス」を合わせて発表した。ともに背面はガラス製にデザインを刷新し、無線充電に対応する。容量は64ギガバイトからで、価格はそれぞれ699ドル、799ドルから。

アップルは無線充電について、全てのアップル新製品で使えるデバイス「エアパワー(訂正)」の開発を進めていると明らかにした。

iPhone新機種は全て、アップルが初めて独自に開発したグラフィックプロセッサーを搭載した。これまでは他社から供給を受けていたが、スピードやカメラ、拡張現実(AR)向け機能を改善した独自のプロセッサーに切り替えた。

アップルはiPhone部品の自社開発にシフトしており、主要な技術に対するコントロールを強めているが、一部のサプライヤーにとっては重しになっている。

腕時計型端末「アップルウオッチ」の新型モデル「シリーズ3」も発表。通信機能が搭載され、アイフォーンを持っていなくても、電話やネットへのアクセスが可能となる。価格は399ドルから。

ループ・ベンチャーズのアナリスト、ジーン・マンスター氏は、通信機能を備えたことでアップルウォッチの販売が2倍か、もしくは3倍にも増加する可能性があるとの見方を示した。

テレビ向け配信端末「アップルTV」は4K画像に対応し、プログラムの選択肢を拡大する。

*第11段落の無線充電デバイスの名称を「エアパッド」から「エアパワー」に訂正します。

あわせて読みたい

「iPhone X」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    小池氏の辞任劇は「死んだふり」

    NEWSポストセブン

  2. 2

    ユニクロの闇は日本企業の行く末

    fujipon

  3. 3

    よしのり氏「杉村太蔵見直した」

    小林よしのり

  4. 4

    朝日新聞は憲法改正の認識が甘い

    小林よしのり

  5. 5

    「アベ辞めろ」入らぬ流行語大賞

    NEWSポストセブン

  6. 6

    希望 支持率2.7%で下げ止まらず

    三浦博史

  7. 7

    進次郎氏 総理を縛る国会に指摘

    宮崎正

  8. 8

    大阪市長の正論を非難する朝日

    木走正水(きばしりまさみず)

  9. 9

    改名して出馬 「最強の無所属」

    畠山理仁

  10. 10

    石原元知事 産経に怒り断筆宣言

    NEWSポストセブン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。