記事

プレミアムフライデー、月初に変更か? 経団連「参加できれば満足度は高い。参加率上昇のため、時期変更も選択肢のうち」

今年2月に始まったプレミアムフライデーも、今月で8回目を迎える。開始直後から「月末の金曜日なんて忙しくて早く帰れるわけがない」という批判が殺到していたが、月初に変更される可能性が出てきた。

日本経済団体連合会の榊原定征会長が9月11日の記者会見で、

「企業にとって月末は忙しい時期だ。『月初めにしてほしい』という声は強く、見直すとすればそのあたりになる」

と話した。共同通信が12日に報じた。

「仕事の全体量が減るわけではないので、実施は難しい」

みんな大好きプレミアムフライデー
みんな大好きプレミアムフライデー

報道によると、榊原会長は、「実施から半年がたったので総括してみたい」、「東京や一部の都市では続いているが、地方では浸透していない所もある」と話し、プレ金の見直しを示唆したという。

経団連は普及に向けてあくまでも前向きなようだが、ネットでは相変わらず批判の声が相次いでいる。

「月初も忙しいに決まってんだろ」
「やるんなら月中に。で、努力義務では無くてしてない企業に対して罰則つけないと無理」

また消費喚起が目的ならば、給与が増えなければ意味がないという批判もあった。

「月初にしたところで使う金が無ければ消費が増えるわけない」

都内の人材会社に勤める女性(20代)も、月初に変更になったところで普及しないのではないかと懐疑的だ。

「結局、仕事の全体量が減るわけではないので、実施は難しいと思います。それにプレ金以外にも、ワークライフバランスを充実させる方法はあると思うんです。一律に3時退社なんて、正直『まだやるの?』という感じです」

女性は、人材会社に転職する前は銀行に勤めていたという。銀行では「月末に次いで忙しいのが月初」だ。業種によっては、月初にしても難しいということだろう。

「実施時期の変更は選択肢の1つ。まだ決まったわけではない」

ただ、月初への変更はまだ決まったわけではない。経団連の担当者は、キャリコネニュースの取材に対して、次のように語った。

「プレ金が始まってから半年が経ったので、効果を検証する必要はあります。経団連の加盟企業や一般の方からヒアリングを行っており、それを元に見直す必要があれば、見直しにも着手するでしょう。参加できれば満足度は高いので、参加率を上げられればと思います。実施時期の変更も1つの選択肢としてはありえますが、まだ決まったわけではありません」

またもし月末から月初に変更するとしても、「実施する企業も様々な企画を立てているため、今年度内の変更は難しい」という。

今月9月29日のプレ金には、「食欲の秋を満喫しよう」というテーマが設定されている。果たしてどれくらいの人が参加できるのだろうか。

あわせて読みたい

「プレミアムフライデー」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    「安倍晋三記念小学校」嘘と判明

    和田政宗

  2. 2

    よしのり氏 枝野氏の発言は問題

    小林よしのり

  3. 3

    麻原彰晃・娘 妹の虐待訴えは嘘

    松本麗華

  4. 4

    籠池氏の嘘 拡散した朝日は無視?

    和田政宗

  5. 5

    よしのり氏「罠にはまった文春」

    小林よしのり

  6. 6

    前川氏 ネトウヨは教育の失敗

    文春オンライン

  7. 7

    山口組の自虐的川柳が傑作ぞろい

    NEWSポストセブン

  8. 8

    希望維新の合流進めたい安倍首相

    NEWSポストセブン

  9. 9

    詩織さん事件 超党派議連が追及

    田中龍作

  10. 10

    ISを「破門」しないムスリム社会

    SYNODOS

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。