記事

「日本が核武装するかも」と思わせることで金正恩牽制も

【米からも日本核武装容認論が出始めた(写真:時事通信フォト)】

 北朝鮮による核の脅威が増す中、これまで日本では“タブー視”されてきた議論が米国で噴出している。「日本核武装論」である。仮に製造能力だけで考えると、元航空幕僚長の田母神俊雄氏は「日本政府が決断すれば1年ほどで核保有できる」と分析し、その場合の防衛費の増額は年間1.5兆円ほどになると試算している。

 一方で、「持たない」という選択を続けた場合でもコストは膨らむ。北朝鮮や中国の脅威に対抗するため日本の防衛予算は年々拡大している。防衛省が8月末に提出した2018年度予算案は前年比2.5%増の5兆2551億円。6年連続のアップとなり、過去最大を記録した。

 中でも“カネ食い虫”となっているのが、弾道ミサイルに対処する防衛関連費用だ。海上自衛隊のイージス艦に搭載される改良型迎撃ミサイル「SM3ブロック2A」の購入費が472億円。弾道ミサイルを地上で迎撃する航空自衛隊の改良型地対空誘導弾「PAC3MSE」の購入費が205億円。地上配備型迎撃システム「イージス・アショア」は、1基約800億円といわれる。日本全土をカバーするには2基の導入が必要なため、最低1600億円の負担となる。

 しかもそうしたミサイル防衛費は将来にわたって膨らみ続けていく可能性がある。軍事ジャーナリストの黒井文太郎氏が解説する。

「韓国に配備されているTHAAD(高高度防衛ミサイル)の導入は日本では見送られましたが、今後、北朝鮮の核・ミサイル脅威がますます高まり、ミサイル迎撃に対する『安心』を求める国民の声がもっと強くなれば、日本政府も再検討するでしょう。このTHAAD配備には7500億円という巨額予算が必要になる。米国との交渉によってはさらに高額になる可能性がありますし、用地買収や訓練経費まで含めると、運用できるまでに1兆円ぐらいのコストが掛かるかもしれません」

 つまり、核武装を拒否しても核武装の年間コスト1.5兆円と大して変わらないことになる。しかも改良型SM3やPAC3、イージス・アショアでも、飛来するミサイルを100%撃ち落とす能力は担保されていないという。

 使わないことが前提の核保有と、迎撃能力に欠陥を抱える非核保有──そのどちらを選ぶにしても巨額の出費は避けられない。それでも東京国際大教授の伊豆見元氏はこう語る。

「実際に持つかどうかは別として、日本が核武装の議論を始めることは悪くない。それ自体が抑止力になり得るからです。“いずれ日本は核を持つかもしれない”と金正恩に疑心を抱かせることで行動を牽制できる可能性はある。北の脅威から国民が身を守る最適な選択は何か。国民的議論が行なわれる時期に来ています」

 もちろん、日本が唯一の被爆国として、核廃絶を求めてきた歴史を忘れてはならない。単なるコスト判断だけでなく、総合的な見地からの議論が求められている。

※週刊ポスト2017年9月22日号

あわせて読みたい

「北朝鮮」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    銀行口座持たないのが当たり前に

    Hayato Ikeda

  2. 2

    満員電車に赤ちゃん 腹立つ現実

    文春オンライン

  3. 3

    ZOZO田端氏の残業代ゼロ論は呪い

    国家公務員一般労働組合

  4. 4

    小池氏が学歴疑惑に苦しい言い訳

    文春オンライン

  5. 5

    W杯は不謹慎?地震後の指摘に疑問

    かさこ

  6. 6

    山口達也氏 豪邸を5億円で売出し

    NEWSポストセブン

  7. 7

    大地震でも災害モードならぬ日本

    AbemaTIMES

  8. 8

    回復する内閣支持率に3つの理由

    ヒロ

  9. 9

    竹中平蔵氏が労働者無視の残業論

    国家公務員一般労働組合

  10. 10

    たけしと死去したベイダーの逸話

    常見陽平

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。