記事

妻の不倫率は12年で3倍に、バレる確率は「夫95%妻5%」

【女性は不倫で服も下着も変わる】

 連日のように週刊誌やワイドショーを賑わす不倫スキャンダル。あなたは本当に「しょせんは派手な有名人の話だろ」と無関心でいられるだろうか。「普通の主婦たち」の浮気のハードルは著しく下がっている。もし知らぬ間に妻が寝取られていたら──。

「夫にはママ友たちとホテルへケーキバイキングに行くって話してます。特に疑う様子はありません。本当は、待ち合わせの相手は男性。レストランのフロアじゃなくて、彼の取ってくれたツインのお部屋に直行するんですけどね」

 東京・豊島区に住む40代の専業主婦Aさんは、こう打ち明けた。10歳年下の男性と不倫関係を始めてもう1年。夫は都内で働くサラリーマン、高校生と中学生の娘2人がいるが、どちらも部活や塾で夜まで帰って来ない。逢瀬はもっぱら平日の昼間だ。

「相手は通っていたスポーツジムのインストラクターです。だらしない体の夫と違って、色黒で筋肉質な彼にキュンときてしまって……。“断わられるかな~”とヒヤヒヤしながら食事に誘うとまさかのOKで。そのままそういう関係になってしまいました」

 最近、立て続けに家庭を持つ著名人・有名人女性の不倫騒動が世間を騒がせている。8月には斉藤由貴(51)に50代医師とのW不倫が報じられた。9月に入ると、民進党の山尾志桜里・代議士(43)にも9歳年下のイケメン弁護士とのスキャンダルが浮上。そして上原多香子(34)。2014年に自殺した夫の遺書が公開されたことにより、俳優との不倫が背景にあったことが発覚した。

 3人とも美貌で知られる存在である。不倫の真偽はともかく、男性との出会いや誘惑が多いことは容易に想像できる。しかし、彼女たちが特別だと思っていると大変なことになる。Aさんのような「不倫妻」は、急増の一途なのだ。

 日本性科学会が40歳以上の男女1162人を対象に行なった調査(2012年)によれば、「この1年の間に配偶者以外の異性と親密な付き合いがあった」と答えた女性は14%。2000年の調査から約3倍に増加しているのだ。また、総合探偵会社MRが既婚女性2162人に行なったアンケート(2016年)によれば、26%(556人)が不倫経験ありと答えている。夫婦・家族問題評論家の池内ひろ美氏がいう。

「不倫を経験したことのある妻はもっと多いと思われます。私が相談を受けてきた経験から言っても、経験者は3割以上になるのではないでしょうか。夫が知らないだけで、他の男性とこっそり逢瀬を楽しんでいる妻は多いのです」

◆バレる確率「夫95%妻5%」

 総じて妻たちは、夫や周囲に不倫がバレぬよう細心の注意を払っている。彼女たちは決まって「万が一ご近所に不倫が見つかることはあっても、夫は絶対に私の不倫に気がつかない」と口を揃える。東京・大田区在住で、人材派遣会社に所属し、派遣先の企業の43歳男性(既婚者)とただならぬ関係となったBさんもその1人だ。

「外に男の人ができて、私だいぶ服装や趣味が変わったと思うんです。ハッキリいえば彼の好みに合わせている。黒い髪を明るいブラウンにしたり、ジーンズやパンツルックばかりだったのが、タイトスカートを穿くようになったり。

 そんなにガラリと変わったのに夫は気がつくそぶりもない。“あぁ、私に興味ないんだな”というか、“私が他人に抱かれるなんて想像もしてないんだな……”っていつも思いますね。そんな観察力だから、不倫の気配を感じ取るなんてできっこない」

 前出・池内氏は「夫の不倫の95%は妻にバレますが、妻の不倫の95%は夫にバレない」と断言する。

「夫が妻の不倫に気づけない一番の原因は『無関心』にあります。普段きちんと確認できていないものに多少の変化があっても、把握できないのは当然です。一方、女性は男性の反応をいつも事細かにチェックしている。自分の変化に気づいてほしいという欲求もあるのに、満たされない。その男女の違いが、女性を不倫に走らせる原因の一つになっている」

◆洗濯機に証拠が…

 それでも妻の不倫の兆候に気づく男性もいないわけではない。東京・新宿区のメーカーに勤務する50歳の男性は、44歳の専業主婦である妻の“異変”を意外なところから感じ取った。

「ウチの妻はいわゆる“恐妻”でして……。こっちが疲れているのに、ことあるごとに家事を押しつけてくる。洗濯機を回したり、洗濯物を干したりは専ら私の仕事でした。ところがあるときから“仕事で疲れてるでしょ。これから洗濯は私がやるからいいよ”なんて言い始めたんです。

“これはおかしい”と思い、ある日洗濯機の中の濡れた衣類を探ってみたんです。そしたらネットの中に、紫色やピンクの高価そうなブラジャーとパンティが入っていた。家では着けているのを見たことがない。それをきっかけに探偵事務所に調査を依頼すると、見知らぬ男とレストランで食事を楽しむ妻の姿があったと報告を受けました。ショックでした。妻にそんな“女”の部分があるとは思いませんでしたから……。いつ妻に“知っている”と打ち明けるか悩んでいる」

 いざ妻の不倫を目の当たりにすると、夫はどうなるか──。激高する男性もいるが、不倫の事実を黙認したり、妻を許してしまう男性が意外に多いという。前出・池内氏がいう。

「男性は妻が浮気をしているなんてゆめにも思っていないという人が多いため、ひどく狼狽したり、事実を受け入れるのに時間がかかったりする。一方の女性はバレてしまえば“仕方がない”と開き直る傾向が強い。

 私が知っている女性は“私は子供を置いて出ていっても構わない”“子供の世話も家事もしないあなたが何を言えるの”と逆ギレし、夫は最終的に“不倫相手と別れてくれれば今回はなかったことにする”と折れたそうです。たとえ妻の浮気が原因の離婚でも子供の親権は女性が持つことが多いという事実も、家族と離れがたい男性が強く出られない背景にある」

 ますます増え続ける妻の不倫。女性たちが不倫に求めるのは「性欲」だけでなく、「女としての自己承認欲求」なのか。

※週刊ポスト2017年9月22日号

あわせて読みたい

「不倫」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    ミヤネ屋インチキ医療特集に称賛

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    定年後は蕎麦打ち職人になるな

    内藤忍

  3. 3

    海老蔵と麻耶 歌舞伎界の非常識

    NEWSポストセブン

  4. 4

    高須氏「衆院解散は正しい戦略」

    NEWSポストセブン

  5. 5

    豊田議員あと一歩で逃げ切り逃す

    文化通信特報版

  6. 6

    今度こそ北朝鮮の崩壊は秒読みか

    自由人

  7. 7

    共産の要求激化で選挙協力崩壊か

    猪野 亨

  8. 8

    金正恩氏が米国への本音を吐露か

    高英起

  9. 9

    豊田・山尾問題は孤独が原因か

    幻冬舎plus

  10. 10

    よしのり氏 山尾氏の謝罪に苦言

    小林よしのり

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。