記事

獣医師訴えるモンスターペイシェント増加 医師に怒り向ける

【モンスターペイシェントが増加。治療で訴訟も(写真/アフロ)】

 総務省の家計調査によると、2015年度の年間ペット関連費は世帯平均で1万6967円。この数字は2000年の1.5倍である。空前のペットブームに沸く日本で、飼い主は食事に病気治療、果ては葬儀まで、人間と同等以上の労力をかけてペットの世話をしている。

 だがその裏で、獣医師たちの心身は追い詰められていた。

 原因はモラルの崩壊した飼い主、いわゆる「モンスターペイシェント」による、治療に絡んだ訴訟である。東京都獣医師会の顧問弁護士を務めるフラクタル法律事務所の堀井亜生先生が解説する。

「ペットを巡る訴訟は確実に増えています。私の場合、数年前は年間数件でしたが、今では常時数件の訴訟を抱えている状態です」

 治療をしたのに死んでしまった、病状がよくならない、後遺症が残った――訴訟の理由はさまざまだが、最も医師を悩ませるのが、「積極的に治療を勧めてくれなかった」というもの。

「獣医師は考えうる治療方法を飼い主に説明しますが、“必ず治せる”と断言はしない。とりわけ重篤な症状の場合はそうです。最終的にその治療を選択するかどうかは飼い主の判断に委ねられる。ところが、説明を聞いて治療を辞退したにもかかわらず、後日“あの時もっと積極的に治療を勧めてくれたらうちの子は死ななかった”と訴訟に発展してしまうことがよくあるんです」(堀井先生)

 訴訟を起こす飼い主に共通するのは、やり場のない怒りを全て医師に向けていること。

「しかも、圧倒的に女性が多い。独身か、既婚者でも子供のいないかた。ペットが恋人であり子供であり親友になっている。そのペットが死んでしまった時、悲しみのはけ口になる存在が周りにいないんです。だから矛先が獣医師に向いてしまう。

 訴訟期間中に心の傷が癒え、和解に至るケースもありますが、一方で、最高裁まで争い、獣医師が勝訴したにもかかわらず、違う訴訟内容で別の弁護士をつけて、もう一度訴えてくるかたもいる。要するにペットロスから立ち直れていないということです」(堀井先生)

 もし医療過誤が認められ、賠償金が支払われたとしても、動物の場合、賠償額は数十万円程度。

「弁護士費用の方が高くつくケースも多い。それでも最近は、あえて訴訟に持ち込む飼い主さんが増えています。動物は言葉を話せません。命がついえる最期の瞬間、彼らの気持ちを飼い主は想像するしかない。つらかったのか、幸せだったのか、本当のところはわかりません。だから感情のもって行き場がなく、飼い主もあとに退けず、泥沼化してしまう」(堀井先生)

 もう1つ、飼い主をモンスター化させている要因が、「情報過多」だ。今はネットを検索するだけで、ペットに関する種々雑多な情報が溢れんばかりに出てくる時代である。白金高輪動物病院総院長の佐藤貴紀さんは、「情報の取捨選択が大切」と訴える。

「情報が多いことを悪いといっているのではありません。ただ間違った情報もたくさんある。それらをうのみにしたり、飼い主さん同士のコミュニティーで語られている医療費や治療に関するマイナス情報を読んでいるうちに、不安になり、深みにハマってしまうケースが散見されます。

 飼い主の皆様は、まず目の前の獣医師さんに対し、できること、できないことをはっきり聞くことが大切です。命に100%の保証は不可能です。その大前提を理解した上で、主治医と二人三脚で最善の治療方法を模索してほしいと思います」

 受ける治療によって病院を使い分けることも必要だと、佐藤さんは続ける。

「獣医師の世界でも最近は“専門医制度”が充実してきています。例えばワクチン接種などは近所の病院。重篤な病気の場合はその分野の専門医を選ぶようにすればトラブルは減少するはずです」

 前出の堀井先生もこう話す。

「過剰なクレームや訴訟によって獣医師が疲弊すれば、治療効率が落ち、翻ってペットと飼い主に返ってきます。その際、最も被害を被るのは、まっとうな飼い主とペットたちだということを忘れてはなりません。負の連鎖を一日も早く止めるためにも、飼い主と獣医師の関係が今改めて問われているのだと思います」

 愛するペットもまた、飼い主の心の平安を祈っている。

※女性セブン2017年9月21日号

あわせて読みたい

「病院」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    田原氏が語る民主党が消えた理由

    田原総一朗

  2. 2

    報ステのアベノミクス批判は乱暴

    和田政宗

  3. 3

    米も脱退 ユネスコはウソばかり

    中田宏

  4. 4

    加計学園問題の核心は解決済み

    石水智尚

  5. 5

    センスも大義もない民進・前原氏

    青山社中筆頭代表 朝比奈一郎

  6. 6

    学問知らぬ共産のデタラメな主張

    WEB第三文明

  7. 7

    安倍首相の演説に各紙ツッコミ

    文春オンライン

  8. 8

    マック赤坂氏ら泡まつ候補の訴え

    AbemaTIMES

  9. 9

    東名事故容疑者 恋人前だと豹変

    NEWSポストセブン

  10. 10

    日テレ 安倍政権に忖度で改変か

    週刊金曜日編集部

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。