記事

真のさとり世代とは

以前から知り合いだった某大手企業の部長さんとお会いした際のこと。

ひとしきり不況のことなどを話した後、何か良いニュースはないですか?と聞くと「定年まで五年を切りました」と笑顔で言われてしまった。
いや、業界全体という意味の質問だったのだけど……。

その時はやれやれという感じで聞き流したのだが、後から考えたら、これって実は凄いことなんじゃないかと思えてきた。
だって、滅私奉公30年の末に大の男が辿りついた結論が「あと5年切ったぜ」である。

実際、早期退職募集というのははっきりいえば50代がターゲットで、もちろんトータルで考えれば辞めたら損なんだけど、ちょこっと退職金を割り増すことで、こういったおじさんの「あーもう早くエスケープしたいなあ」というリビドーを刺激するコストカット戦術である。

今でも盛んに募集しているということは、この時代であってもそういう屈折した感情は強いのだろう。

こういう管理職だと、きっと新人にはこう言うんだろう。
「あと30年て考えるからダメなんだ。既に半年経ったって考えるんだ」
確かプラトーンでこういう会話があった気がする。そうか、やっぱりサラリーマンは戦争なんだろうな。

さしずめ繰り上げ除隊は早期退職か。

ところで、最近「さとり世代」なる造語が話題となった。無駄に頑張ったり夢を求めたりしない若者世代のことらしい。
年功序列制度というのは、既に結果の見えたシステムなので、期待せずにほどほどに頑張ろうと考えるのはとても合理的だ。
僕に言わせれば、むしろ団塊世代の方が悟ってる人が多い気がする。
「俺はもう多くは望まない。日々たんたんと生きられればいい」的な。
問題は、「多くは望まない」ということの中に、組織を改革するという要素も入ってしまっていることなのだけど。


大手と言われる日本企業で、そこそこには恵まれている人でさえ、僕は「あと○年」式の人しか見たことがない。
むしろ、それが普通なんだろう。そして自己啓発系の本やセミナーの中には、そういう“さとり”を勧めるものが結構ある気がする。香山リカの本も、あれはそういった世代にさとり教本としてとらえられているのではないか。

そのうち、AERAかSPA!あたりで、「さとりを開いたバブル世代」特集が組まれると予想する。

記事をブログで読む

トピックス

ランキング

  1. 1

    米の非同盟扱いは韓国の自業自得

    木走正水(きばしりまさみず)

  2. 2

    AV出演強要 19歳少女が落ちた罠

    渡邉裕二

  3. 3

    ジャンプ船木 お家芸潰しに持論

    NEWSポストセブン

  4. 4

    カーリングが選抜チーム作らぬ訳

    NEWSポストセブン

  5. 5

    松本人志ネカフェ難民発言で物議

    キャリコネニュース

  6. 6

    貴乃花派潰しが着々と進む相撲界

    NEWSポストセブン

  7. 7

    「IQOSの方が安全」は証拠不足

    NewSphere

  8. 8

    中国による台湾の吸収は困難か

    WEDGE Infinity

  9. 9

    欧州で人気の抹茶 日本産は駆逐?

    田中淳夫

  10. 10

    よしのり氏「朝日に良識感じた」

    小林よしのり

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。