記事

北朝鮮、ミサイルのカギ握る金正恩の美人異母姉の正体


【金雪松とされる女性。表舞台にはほとんど姿を見せない】

「水爆は米国崩壊の祝砲だ」

「ミサイルは日本に大きな恐怖を与えた」

 最近、北メディアのボルテージが上がりっぱなしだ。北朝鮮は8月29日早朝、北海道上空を通過するミサイルを発射すると、9月3日には過去最大規模の核実験を強行。「アメリカ本土に届く大陸間弾道ミサイルに水爆を搭載することが可能になった」という発表が本当かどうかは微妙だが、相当なスピードで核ミサイルの開発が進んでいるようだ。

 そんな危なっかしい隣国の“独裁者”といえば、金正恩(33才)だ。しかし、最近、彼も頭が上がらないという影の“女帝”がいるといわれている。

「彼女の名は金雪松。170cmの長身でスラリとした体形、目鼻立ちのスッキリした美人だといわれていますが、ほとんど表舞台に姿を見せないことでも知られています。年齢は42才。実は、金正恩の姉にあたる女性なんです」(朝鮮半島情勢に詳しいジャーナリスト)

 あの正恩の姉で“スラリとした美女”とは意外(?)だが、正恩とは母親が違う異母姉にあたる。

「正恩は父・金正日の4番目の妻で側室だった高英姫の次男ですが、雪松は3番目の妻で唯一の“正妻”である金英淑の長女です。つまり正恩よりも雪松の方が“正統な血筋”。もし雪松が男性だったら、間違いなく指導者の地位を継いでいたと幹部たちは思っているはずです」(前出・ジャーナリスト)

 女性であっても、その影響力は絶大だという。

「正妻の長女であることに加えて、雪松は中国語、ロシア語、フランス語など5か国語を操るという才女で、父・正日からの信頼が非常に厚かった。長年にわたって、雪松が正日の秘書として政府や軍の実務をすべて担ってきたので、正恩体制になってからも、彼女なしでは、実務が回らないのが実情なんです。正恩はスイス留学など海外生活が長かったため国内事情に精通しておらず、幹部の顔と名前が一致しないところもある。

 その面でも、極端な話をすれば、誰を粛清すべきか、逆に殺してはまずいのは誰かを判断する情報を、正恩は雪松に頼っているようです。幹部にしてみれば、雪松のお眼鏡にかなうように振る舞うのが得策で、正恩の恐怖政治がエスカレートするにつれ、幹部たちはみんな雪松シンパになり、さらに彼女に権力が集中しているのが現状です」(北朝鮮ウオッチャー)

 昨今のミサイルや核兵器の開発は、雪松が主導しているともいわれている。

「軍の中では、正恩の母親が在日出身なので、正恩は“日本に対して強硬姿勢に出られないのではないか”という不信感があるといいます。実際、正恩体制になってから、安倍政権と日朝協議を始めるなど、親日路線をとったこともありました。

 しかし、最近では協議を完全に打ち切り、日本に敵意を向ける北朝鮮国営メディアの発言も増えています。日本に大きなプレッシャーがかかるミサイル発射も頻発し、水爆実験も行いました。その背後には、金正日時代から対米、対日の強硬姿勢が染みついている雪松の存在が大きいといわれています。先日、日本領土を越えていくミサイルを撃ったのも、その一例でしょう」(前出・ジャーナリスト)

 実際、雪松は「先軍革命小組」という核ミサイルなどの管理の意思決定を行う組織の事務方トップを務めているという韓国軍関係者の指摘もある。

 核ミサイルのボタンを握りしめているのは、正恩ではなく、実は雪松という「美人女帝」なのかもしれない。

※女性セブン2017年9月21日号

あわせて読みたい

「北朝鮮」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    デリヘルに素人専門が増えた理由

    PRESIDENT Online

  2. 2

    質問力なし 報道のTBSは死んだ

    和田政宗

  3. 3

    小池氏会見まるでイキった大学生

    キャリコネニュース

  4. 4

    自民は本気の小池氏を甘く見るな

    安倍宏行

  5. 5

    橋下氏 解散批判する野党に苦言

    橋下徹

  6. 6

    斉藤由貴に私刑行う週刊誌に疑問

    篠田博之

  7. 7

    小池氏登場で自民圧勝は不確実に

    近藤駿介

  8. 8

    北の日本攻撃ありうる歴史的背景

    ヒロ

  9. 9

    橋下氏 新党で延命する議員は害

    橋下徹

  10. 10

    生活苦で北の脅威に無関心な韓国

    ロイター

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。