記事

ビットコイン急落、中国が仮想通貨取引所閉鎖を計画との報道で

[ニューヨ-ク 8日 ロイター] - 仮想通貨「ビットコイン」が8日の取引で急落した。中国が国内の仮想通貨取引所を閉鎖するとの同国メディアの報道を受けて売られた。

中国の経済誌「財新」は、インターネット上での金融取引を監督する規制委員会に近い筋の話として、当局が中国の主要ビットコイン取引所閉鎖を計画していると報じた。

報道が事実かどうか現時点で確認はとれていないが、中国のビットコイン取引所である「OKコイン」、「BTCチャイナ」、「火幣」の関係者と直接つながりを持つ関係筋2人によると、これらの取引所は政府からいっさい通知を受けていないという。

中国は今月、新たなデジタル通貨をローンチして資金調達する「イニシャル・コイン・オファリング(新規仮想通貨公開=ICO)」を禁止したばかりだ。

取引プラットフォーム「ビットスタンプ」でビットコイン<BTC=BTSP>は一時4227ドルに下落し、その後は6.6%安の4309.80ドル。9月2日には5000ドル近辺まで上昇し、過去最高値を付けていた。

ただアナリストは、ビットコインのような資産にとって大幅な値動きは珍しくないと指摘する。

GFIグループのチーフマクロストラテジスト、ジョン・スパランザーニ氏は8日の値下がりについて、一時的な動きとの見方を示し、「ビットコインは存在し続ける」と述べた。

ブロックチェーンのベンチャーキャピタル会社ジェン・アドバイザーズのパートナー、ジェハン・チュウ氏も、中国がビットコイン取引所を閉鎖したとしても、中国仮想通貨市場の終焉にはつながらないとの見方を示した。

あわせて読みたい

「ビットコイン」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    本物?「三億円犯人」に直接取材

    BLOGOS編集部

  2. 2

    石田純一の改憲反対に感じた覚悟

    篠田博之

  3. 3

    秋篠宮さま 小室親子はもう他人

    女性自身

  4. 4

    築地の営業強行は小池知事の責任

    おときた駿(東京都議会議員/北区選出)

  5. 5

    有休義務化 日本はやせ我慢社会

    自由人

  6. 6

    百田氏が憶測で沢田研二叩き謝罪

    女性自身

  7. 7

    業界人が「干される」実態を告白

    NEWSポストセブン

  8. 8

    無戸籍解消の有識者会議に識者0

    井戸まさえ

  9. 9

    沢田研二 次はキャパ上の武道館

    女性自身

  10. 10

    韓国のパラ五輪不正は組織的詐欺

    木走正水(きばしりまさみず)

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。