記事

有給休暇を取得して、乃木坂46の東京ドームライブに参加したい人へアドバイスしてみた。 - 榊 裕葵(社会保険労務士)

1/2
私は乃木坂46のファンである。

昨日(平成29年9月10日)に千葉県の幕張メッセで行われた全国握手会に参加をしたのだが、握手会に付随して開催されるミニライブの場で、キャプテンの桜井玲香さんより、乃木坂46の今年の目玉イベントである東京ドームライブが11月7日(火)・8日(水)の開催で正式決定したことがアナウンスされた。

■秋元真夏さんの「有給休暇」コメント

これに対し、秋元真夏さんが「皆さん、有給休暇の申請をしてライブに来てくださいねー!」と合いの手を入れていた。

ライブ開始時刻は18時であるが、確かに、平日なので、移動時間などを考えると、社会人の場合は、ほとんどの方が半休または全休の有給休暇を取得しなければライブに参加することは難しいであろう。

ただ、残念ながら我が国においては、まだまだ有給休暇の取得しにくい雰囲気の職場は少なくないようである。今回の握手会に一緒に参加した私の友人の中にも「東京ドームライブに参加したいけど、その日に有給が取れるかな?」と、心配をしていた人もいた。

有給休暇は本来、働く人に認められた大切な権利であるし、私自身、乃木坂46ファンの社会保険労務士として、微力なりとも東京ドームライブの成功を応援したいという気持ちもあるので、本稿を執筆し、東京ドームライブに参加するためのスムーズな有給休暇申請方法について考察してみることとした。

乃木坂46ファン以外の方も、有給休暇の取得に関する具体的な知識を得るための読み物として、ご一読を頂けたら幸いである。

■有給休暇の申請は早すぎていけないことはない

たとえば、今日、早速有給申請を出すことを考えてみよう。

ライブは11月初旬なので、会社によっては「2か月近く先の有給を申請されても、先のことは分からないので許可できない」と、拒否されたり判断保留になったりすることがあるようだ。

しかしながら、法的には上記のような会社の考え方は誤っている。

有給休暇は社員本人が望んだ日にいつでも利用できることが大原則なので、会社としてはむしろ、「早めに申請してくれてありがとう」という反応をしなければならない場面である。

すなわち、社員がその日に有給休暇を取得しても業務が回るように、業務計画を組んだり、代替要員を確保したりするのは、法律上、会社に課せられた責務であるので、「2か月も前に知らせてくれてありがとう。調整する時間があるので助かりますよ!」というのが健全な会社の反応なのである。

したがって、その調整の責務を放棄して、社員の有給休暇を認めなかったり、判断保留にしたりするのは、会社の違法行為であると言える。

ただ、実務的には会社が有給休暇を認めてくれない場合、「私には休む権利があるはずです!」といきなり言うと角が立ってしまうので、まずは、「この日はどうしても休ませて頂きたいので、私も事前の段取りはしますから、当日の業務調整をお願いします」と、柔らかく会社側に相談をしてみるのが良いのではないだろうか。

■「代替要員がいないから有給休暇は認められない」は違法

会社がある程度の理解の姿勢を見せて、「じゃあ、休めるかどうか業務調整をしてみよう」という姿勢になってくれたとしても、中小企業においては、「うちみたいな小さい会社では、君が有給を取ったら代替要員がいないので、やっぱり休めないんじゃないかな。申し訳ないが、乃木坂46のライブは諦めてもらえないだろうか。」と、結局NGの回答を出す会社もしばしば見られるようである。

しかし、これも違法である。

代替要員がいないから有給休暇を認めないという対応は許されない。

確かに、会社は法律上、有給休暇の「時季変更権」という権利を持っていて、「その日に社員が有給を取得したら業務の正常な運営ができない」という場合は、社員からの有給申請を断り、他の日に有給休暇を取得するよう求めることができる。

しかし、この「時季変更権」は、たとえば「株主への決算説明会の日に、経理部長が有給を取ることを認めない」というように、高度な必要性がある場合に限られ、「単に忙しい」とか「慢性的に人手不足」は、「時季変更権」を行使する理由にならない。

「うちみたいな小さい会社では、君が有給を取ったら代替要員いない」とう場合は、社員の有給申請を却下するのではなく、場合によっては経営者自らが代役を務めたりしてでも社員に有給休暇を取得させなければならないのだ。

したがって、自分が会社の要職に就いていて、自分がその日いなけれれば業務上大きな影響が出るような社内イベントと、東京ドームライブが重なってしまった、というような状況でなければ、法的には、ライブを優先して、気兼ねなく有給休暇を取得して頂いて大丈夫である。

もちろん、法的には何の問題が無くとも、実務的には「何が何でも有給取ります!」だけでは会社との関係が気まずくなってしまうので、有給休暇を取得する日の前後でなるべく取得当日の仕事を吸収するよう段取りしたりとか、どうして当日に対応が必要なことは、分かりやすいようにリスト化して上司に渡して対応をお願いしたりとか、気配りという意味で、できるかぎりの調整を踏まえながら有給休暇の申請をすれば、会社側も態度を軟化させ、気まずい思いをすることなくライブに参加することができるのではないだろうか。

そこまでの気配りをしても有給休暇を取らせてくれないような会社は「ブラック企業」と言っても過言ではないので、私は、一方的に有給休暇を取ってしまえば良いと思う。それで懲戒解雇でもされたら、間違いなく不当解雇として裁判でも勝てるであろう。

あわせて読みたい

「有給休暇」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    朝日が仏大統領発言でっち上げか

    西村博之/ひろゆき

  2. 2

    内閣改造で消えた小池・野田新党

    PRESIDENT Online

  3. 3

    米国が12月以降に北朝鮮を攻撃か

    高英起

  4. 4

    温泉更衣室の防犯カメラは違法か

    花水木法律事務所

  5. 5

    iPhone X購入の前にWi-Fi導入を

    永江一石

  6. 6

    よしのり氏 小池新党はいらない

    小林よしのり

  7. 7

    核武装した北との共存ありえない

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  8. 8

    アラフィフの後悔 1位は「勉強」

    キャリコネニュース

  9. 9

    日本人の稼ぐ力 今や他国の7割に

    THE PAGE

  10. 10

    小林麻耶が海老蔵の家を出た事情

    NEWSポストセブン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。