記事

秋場所休場の白鵬 X-JAPANディナーショー出演で顰蹙

【土壇場で休場を決めた白鵬(撮影:ヤナガワゴーッ!)】

 力士は引退までケガと戦い続けることを強いられる。特に負け越しが引退に直結する横綱となれば、出場の判断が慎重になるのは無理のないことだ。とはいえ9月10日に初日を迎えた秋場所は異常だった。本場所が迫っても4横綱が揃って出場・休場の態度を明言せず、編成会議前日になって稀勢の里と鶴竜が休場届を提出。白鵬に至っては8日になって休場を明らかにした。3横綱が初日から休場する昭和以降初めての異常事態の裏ではコントのような駆け引きが繰り広げられていた──。

 9月1日に行なわれた横綱審議委員会の稽古総見から異変は起こっていた。4横綱全員が顔を揃えたが、そのうち土俵に上がったのは日馬富士だけだったのだ。

「次の目標は大台(40回目の優勝)。早々にやりたい。できることをやって初日を迎えたい」(白鵬)
「(体調)万全になれば大丈夫。焦りはない。強い気持ちでやる」(鶴竜)
「ケガとはうまく付き合いながら頑張る。毎場所、全身全霊」(日馬富士)

 出場に前向きな言葉を発していたモンゴル人横綱たちだが、表情からは「できれば休みたい」という胸中がすでに透けて見えていた。

◆相撲は休んでディナーショー

「今年だけで3場所途中休場した鶴竜は出場すれば進退がかかる。踏み込みに不安がある現状では休むしかない一方で、横綱昇進後7度目となる休場も心証が悪い。総見ではすり足の稽古をしたが、あれは“休むけれどやる気はある”という横審への必死のアピールだった。日馬富士も左肘の手術を先送りにして薬で痛みを抑えている状態。両膝にも慢性的な痛みを抱えており、本来ならば出たくなかった」(スポーツ紙記者)

 史上最多記録を伸ばす40回目の優勝を狙うはずの白鵬も「出たくない」という雰囲気がプンプン漂っていた。夏巡業途中から「2年前に痛めた左膝の古傷が痛む」と急にトーンダウン。稽古総見でも終了間際にようやく姿を見せ、理事長らに挨拶をするだけという異例の行動だった。

「膝の状態の本当のところはわからないが、不完全な状態で強行出場すれば引退を早めかねないと考えていたようだ。しかし白鵬は、日本に帰化して引退後も親方として協会に残る方針を固めた。早々に休場を決めて協会に悪印象を持たれたくない気持ちもある。だから協会や横審の顔色を窺って渋々顔を出したというのが本音でしょう。しかしその夜にX-JAPANのディナーショーにゲスト出演したことが大々的に報じられて、ヒンシュクを買った」(協会関係者)

※週刊ポスト2017年9月22日号

あわせて読みたい

「大相撲」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    世界称賛 必見の和製ゾンビ映画

    松田健次

  2. 2

    ナンパの聖地 コリドー街に驚き

    内藤忍

  3. 3

    「万引き家族」ストーリーに疑問

    (チェコ好き)

  4. 4

    問題解決能力のない国会に改革を

    玉木雄一郎

  5. 5

    「医師に拳銃を持たせて」の真意

    中村ゆきつぐ

  6. 6

    新AppleWatch 物理ボタン廃止か

    フォーブス ジャパン

  7. 7

    米国ネット通販の税徴収可能に

    ロイター

  8. 8

    思い出のブロック塀が安全を阻む

    赤木智弘

  9. 9

    検挙も困難 仮想通貨の市場操作

    NewSphere

  10. 10

    オタクの「古参=偉い」に違和感

    キャリコネニュース

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。