記事

ジミーの誕生日

ジミーの誕生日 アメリカが天皇明仁に刻んだ「死の暗号」
猪瀬 直樹
文藝春秋

このアイテムの詳細を見る

1948年12月23日、午前零時1分。一人の男が絞首台に上った。
元宰相の東條英機だ。6人の男たちも後に続いた。
なぜ、彼らA級戦犯はその日に処刑されねばならなかったのか。

旧家の取り壊しの際に出てきた祖母の日記を、一人の女性が猪瀬氏に持ち込んだことが発端となり、昭和の忘れられた歴史が浮かび上がってくる。

日本がポツダム宣言受諾を決めたのは8月10日。マッカーサーが厚木に降り立つ28日までの間、権力の空白期間ができた。マッカーサーが降り立つ直前まで、厚木には徹底抗戦派が篭城し、「マッカーサーがやってきたら特攻をかける」と意気込む兵までいたという。結局、彼らを説得したのは皇族だった。

そんな中を先遣隊と共にやってきたマッカーサーが、速やかな武装解除と占領のためには「天皇制度が不可欠だ」と考えるようになったのも当然だろう。

退位もさせず、裁判にも呼ばず、引き続き“平和日本”の象徴として地位に残ってもらうため、憲法制定の動きとあわせ、様々な駆け引きが繰り広げられる。
最終的に駆け引きに勝ったアメリカは、自分たちが作った枠組みをより強固なものとするために、最後にある仕掛けを残した。

なるほど、彼らが心配したように、お調子ものの日本人はとっくに戦争のことなんて忘れ果てている。東條が死刑になった日なんて、誰もおぼえちゃいないだろう。
ただ一人を除いては。それにしても、60年後、今度は中国がその象徴を使うことになるとは、彼らも予想しなかっただろう。
今年ももうすぐ12月23日がくる。

少なくとも本書を読んだ人は、その日にもう一つの意味があることを思い出すはずだ。

記事をブログで読む

トピックス

ランキング

  1. 1

    山尾議員の不倫相手は恥だと思え

    小林よしのり

  2. 2

    よしのり氏 山尾氏の謝罪に苦言

    小林よしのり

  3. 3

    北朝鮮の狙い通りに騒ぐマスコミ

    AbemaTIMES

  4. 4

    共産党のデマがはびこる堺市長選

    足立康史

  5. 5

    豊田・山尾問題は孤独が原因か

    幻冬舎plus

  6. 6

    ミヤネ屋インチキ医療特集に称賛

    中村ゆきつぐ

  7. 7

    正恩氏の下半身まで暴く名物記者

    PRESIDENT Online

  8. 8

    加計学園 地元の今治市民がデモ

    田中龍作

  9. 9

    早期解散する自民党の強迫観念

    吉崎達彦(かんべえ)

  10. 10

    文大統領の北朝鮮支援は理解不能

    木走正水(きばしりまさみず)

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。