記事

『核の抑止力』は、東アジアでは空論? 必要なのは『核保有やるやる詐欺』

1/3

緊迫感が高まる東アジア情勢。ここでにわかに「非核三原則」を見直す発言が出てきました。

「非核三原則「持ち込ませず、は議論の価値ある」 石破氏」

北朝鮮が潜水艦から核が撃てるようになると、状況は全く変わる。その時に(非核三原則のうち)「持ち込ませず」をどうするかは議論する価値がある。

核を使わない環境は外交努力でつくらなければならないが、全く使わないと言ったら核の傘は意味がない。

http://www.asahi.com/articles/ASK1F6T84K1FUTFK017.html

この「全く使わないと言ったら核の傘は意味がない」という言葉が、「核を撃つかもしれないよ。互いに撃ち合ったら困るよね。だから撃たないで均衡を保とう」という「核の抑止力」という考え方の根幹です。

この考え方が生まれたのは、東西冷戦時。アメリカとソ連が行いました。しかし今の東アジアにおいて、アメリカとソ連のような関係が成立するかというと、それは不可能と言えるでしょう。

■10分で飛んでくる核。撃った者勝ちに

「使える時間は4分のみ 現実に見えた「Jアラートの実力」」

発射時刻は5時57分と見られていることから、発射後5分ほどで情報を発表したことにはなる。ただし、多くの国民にその情報が行き渡るかどうかというと、話は別だ。スマホで“速報”が実際に受信できたのは1~2分遅れだった。

 北海道上空を通過したと見られるのが6時6分。発表からわずか4分。いや、実際に国民が情報を入手してからは、最大でも2~3分しかないかもしれない。

https://news.nifty.com/article/world/worldall/12180-608349/

発射が5時57分。北海道上空を通過したのが6時6分。9分間しかありません。東西冷戦時、アメリカとソ連、どちらかから核が発射されたとしても、着弾まで最低45分と言われてました。しかも両国は、有数の広大な国土を持っています。たとえ核を発射しても、着弾前に報復が可能なわけで、『核の抑止力』は機能していました。

しかし、東アジアでは互いの国が近すぎて、着弾までの報復がほぼ不可能です。要するに、「撃った者勝ち」の状況になるのです。互いに核を持ち合って、「先に撃たれたらどうしよう」という緊張感した関係となり、とても『抑止力』などにはなりません。

■『核の抑止力』を支えるのはお互いの信頼関係

冷戦当時、米ソはホットラインを開設し、互いに情報を共有。ある程度、相手の理性を信頼する土壌がありました。しかし東アジアではどうでしょう? 撃った者勝ちの状況で、韓国や北朝鮮と、そういう相手の理性を信頼することができるでしょうか?

親族だろうが気に入らない人間を殺しまくる北朝鮮。韓国では、ストレスがかかると怒りを爆発させる「憤怒調節障害」が社会問題になっています。

「韓国で怒りを抑えられない人が増加、カッとなっての凶悪犯罪も頻発」

韓国では、否定的な感情のコントロールができないことが原因の犯罪も増加している。今月8日には、15階建てマンションに暮らす男(41)が、外壁塗装中の作業員らが流していた音楽がうるさいと彼らの命綱を切断し殺害する事件があった。

http://www.recordchina.co.jp/b179859-s0-c30.html

朝鮮人特有のこの病気は、別名「火病(ファビョン)」。最近では、浦和レッズとの国際試合で、韓国チームが敗戦にブチ切れ、ケリを入れるわ、肘打ちするわ、追い掛け回すわを行いアジアサッカー協会から処分されました。

核を持った中国、北朝鮮、韓国、日本という状況が整った時、韓国、北朝鮮が「日本や中国に先に撃たれたらどうしよう」というプレッシャーに勝てるのか。

逆に日本は、彼らの理性を信頼できるのか。韓国や北朝鮮の実態を知れば知るほど、「そんなことは不可能だ」としか思えなくなるのですが。『抑止力』どころか、核を武器にして高圧的な外交を始める可能性の方が、遥かに高い気がします。もう既にこんな言葉を言ってますしね。

「北朝鮮が警告「日本列島を焦土化、太平洋に沈没」 小野寺防衛相を名指しで非難」2017年08月09日

北朝鮮の報道官が、「日本列島を瞬時に焦土化できる」と警告する声明を発表した。国営の朝鮮中央通信が8月9日に伝えた。

小野寺五典・防衛相が4日、敵のミサイル基地を攻撃する「敵基地攻撃能力」の保有を検討する姿勢を示したことに反発した格好だ。

http://www.huffingtonpost.jp/2017/08/09/north-korea_n_17705576.html

敵基地攻撃能力に言及した段階で、既に「日本列島焦土化」と警告するくらいなんですから、日本の核保有議論が現実化したらどうなるかわかりません。

迎撃できない近距離での核。信頼できない近隣諸国。機能しない『核の抑止力』に意味がないのです。つまり日本にとって、やっぱり「朝鮮半島非核化」は絶対守らなければならない大原則なのです。

あわせて読みたい

「北朝鮮」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    デリヘルに素人専門が増えた理由

    PRESIDENT Online

  2. 2

    質問力なし 報道のTBSは死んだ

    和田政宗

  3. 3

    小池氏会見まるでイキった大学生

    キャリコネニュース

  4. 4

    自民は本気の小池氏を甘く見るな

    安倍宏行

  5. 5

    橋下氏 解散批判する野党に苦言

    橋下徹

  6. 6

    斉藤由貴に私刑行う週刊誌に疑問

    篠田博之

  7. 7

    小池氏登場で自民圧勝は不確実に

    近藤駿介

  8. 8

    北の日本攻撃ありうる歴史的背景

    ヒロ

  9. 9

    橋下氏 新党で延命する議員は害

    橋下徹

  10. 10

    生活苦で北の脅威に無関心な韓国

    ロイター

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。