記事

他の病院へ行こう、となる前に

「〇×クリニックで先週診てもらったけど、よくならないからこちらにきました」 というような患者さんは結構な割合で外来にやってきます。

つまり、 一度かかってみたけど、よくならないから次の病院へ、という患者さんです。 しかも、最初のクリニックや病院である程度検査までしているような方も少なくないのですね。

ただ、このような方は実は結構損をしています。

なぜかというと、 一回の診察で診断がはっきりとつくことはむしろ少ないからです。

症状がでてから、わりとすぐに患者さんがきた場合、 わたしたち医師側が非常に重要視しているある種類の情報は、絶対に手に入らないからです。

その情報とは、経過です。

時間経過のことです。 症状が時間とともに悪くなるのか、 自然とよくなるのか、 かわらないのか、 たったこれだけの情報でも、ずいぶん診断の方向性が変わってきます。

検査にしても、 数値の変化や、画像の変化から得られる情報は、 単回の検査情報よりもはるかに多いのです。 つまり、 2回目の受診で病院を代えてしまう方は、 この経過という大切な情報を自分の診断に生かしてもらうことができないのです。

その病院で行われた検査結果などは、 当然その病院でしか見られません。 もともとどこかほかの病院へ紹介するつもりで、紹介状などを準備する場合には検査データなども準備できますが、 患者さん側の判断でほかの病院に無連絡でかかった場合には、 当然その前の病院での検査結果は生かされないのです。

だから、私はなるべく、 症状がよくならない、もしくは悪化するといった場合には、 少なくとも、もう一回は同じ病院もしくはクリニックで、 できれば同じ医師に診てもらうことをお勧めしています。

2度目に、症状の経過の情報も加われば、 大分見方もかわってくるからです。

どうしてもその医師が嫌だという場合でも、 もし、その病院が個人開業のクリニックなどではなく、 ある程度の規模の病院だったら、 同じ病院で、別の医師に診てもらうことを勧めます。

これは、同じ病院であれば、 前回のカルテや、検査結果などが閲覧できるからです。 それだけで他の病院にかかるよりは、 ずっとアドバンテージがあります。 でも、同じ病院の他の医師にみてもらうなんて、なにか決まづい、 と思う方は、心配いりません。

ある程度の規模の病院であれば、 日によって外来の担当医は同じ科の中でも日替わりで異なるものです。 だから、曜日をずらせば別の医師にあたる可能性が高くなります。

とりとめもない話ですが、 結構、こういった方はいらっしゃるので参考になれば幸いです。

あわせて読みたい

「病院」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    橋下氏 新党で延命する議員は害

    橋下徹

  2. 2

    野田聖子氏の文春砲を扱わないTV

    小林よしのり

  3. 3

    共産と協力へ 前原氏は支離滅裂

    和田政宗

  4. 4

    核放棄で北に6兆円 報道の思惑

    NEWSポストセブン

  5. 5

    正恩氏声明が「読めない」と話題

    ロイター

  6. 6

    フジ「ENGEI」 古臭い設定の謎

    メディアゴン

  7. 7

    小池新党は選挙対策「互助会」か

    中村ゆきつぐ

  8. 8

    iPhone iOS更新で使える11の裏技

    ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)

  9. 9

    斉藤由貴に私刑行う週刊誌に疑問

    篠田博之

  10. 10

    難民「射殺か」 武器使用は可能

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。