記事

名誉毀損 表現の自由をめぐる攻防

名誉毀損―表現の自由をめぐる攻防 (岩波新書)
山田 隆司
岩波書店

このアイテムの詳細を見る

名誉毀損とメディアの関係について明快に説く一冊だ。

21世紀に入り、名誉毀損による賠償額が高額化し、それは結果的にメディアの萎縮をもたらしている。戦後、どのような判決が積み重なって判例を形作ってきたのか。
また言論国家アメリカでは、どのようにして言論の自由とプライバシーのバランスをとっているのか。

法律本というと門外漢には分かりにくいという印象があるが、本書はとても読みやすく事例だけでも面白い良書だ。


ところで、メディア相手の訴訟が増えた理由とは何だろう。
直接的な理由は、「勝てるようになったこと」であるのは間違いない。
ターニングポイントとなったのは、2001年に某女優が『女性自身』相手に起こした名誉毀損訴訟だ。

ではなぜ勝てるようになったのか。本書は、立法府と司法の間の政治的なつながりについて示唆する。具体的に言うと、メディアを萎縮させるような何らかの意図が、彼らの間に存在したのではないか、という推測だ。


そんなまさかと思う人も多いだろうが、最近の主なメディア案件を見ても、その傾向は強く感じられる。特に雑誌が徹底してやられている印象だ。
   原告      被告     賠償額
06年 広末涼子    週刊現代   440万円
07年 谷垣禎一    文春     330万円
08年 JASRAC    ダイヤモンド  550万円
09年 日本相撲協会他 週刊現代   4290万円

この辺は個人的にも気になっていて、いろいろな人に聞いているのだが、いくつか見方があるようだ。

・10年ほど前、司法自体が関係するスキャンダルの報道をきっかけに、雑誌が目の敵にされるようになった。
・裁判員制度を巡る協定などに非協力的な雑誌協会へのプレッシャー

ちなみに、僕の知人で本書収録ケースにも登場する記者は、最初の見方をとっている。

本書の提言は、原告が公人であれば「名誉毀損であるという立証責任」を負わせ、メディア側に「現実的悪意の有無」を求めるというもの。

たとえば「森さんに検挙歴がある!」とどこかが書いたとして、訴えるということは自分で自分の検挙歴の有無を照会しないといけないわけだ。
(+「嘘と知っていてネタにした」という点も立証しないとダメ)
こうなるとよほどのことが無い以上、メディア相手の訴訟なんて出来なくなるわ
で、表現の自由は守られる。

メディアは神様ではないので、司法という歯止めは必要だ。
ただ、それによって社会が喪失するものも存在するわけで、重要なのは両者のバランスである。

記事をブログで読む

トピックス

ランキング

  1. 1

    橋下氏 新党で延命する議員は害

    橋下徹

  2. 2

    野田聖子氏の文春砲を扱わないTV

    小林よしのり

  3. 3

    小池新党は選挙対策「互助会」か

    中村ゆきつぐ

  4. 4

    共産と協力へ 前原氏は支離滅裂

    和田政宗

  5. 5

    iPhone iOS更新で使える11の裏技

    ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)

  6. 6

    北におびえ足並み乱す韓国大統領

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  7. 7

    難民「射殺か」 武器使用は可能

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  8. 8

    小池新党は若狭氏の舵取り次第

    早川忠孝

  9. 9

    「米は北攻撃できない」は本当か

    自由人

  10. 10

    松本人志マッチョ化は典型的変節

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。