記事

リタイア後は社会の脇役 会社を創るな、本を書くな

【年金75歳支給時代をどう生きる?】

 刻一刻と迫る「年金75歳支給時代」が到来すれば、現実的な対策としてはやはり「できるだけ長く働き続けて収入を確保すること」を考えるしかない。

 その時代を反映してか、ベストセラーとなっている書籍がある。元ソニー常務取締役で、82歳の今も現役ビジネスマンとして働く郡山史郎氏が著わした『九十歳まで働く!』だ。郡山氏は子会社のソニーPCLの会長、ソニー顧問などを歴任した後、多くの高齢者の再就職に関わってきた。

 同書内では、高齢者が厳しい現実に立ち向かう上で必要な心構えを「定年後にやってはいけない十戒」としてまとめている。

 社会に貢献したり、自己実現を果たすことで、周囲から認められたい──そういうモチベーションを持つ高齢者は多いが、これは一歩間違うと高慢さを生む。それは以下3つの項目に現われる。

■勲章をもらうな
■本を書くな
■NPOに参加するな

「社会的に認められたいという名誉欲は、年寄りの余生を生きづらくするだけです。それに勲章を配りまくることは官僚の利権以外の何物でもないし、NPOにだって政府からの補助が出ている場合が多い。高齢者になってからも働き続けようという人が国のお金で優越感に浸っていてどうするのか。通学児童のために安全旗を振るなどご近所のためになるボランティアには意味があるが、肩書きをもらったり団体に所属することで自分が何かをした気になってはいけない」(郡山氏)

■会社を創ってはいけない
■勝負事をしてはいけない

 この2か条は、「自分の力を過信するな」という戒めである。定年を機に一念発起して起業とはよく聞く話だ。

「老後の蓄えを増やすため、本格的に投資を始めたいと思っている。これまでは東証一部を中心に日本企業の株をちょこちょこと買っていたが、今後はFX(外国為替証拠金取引)にもチャレンジしたいと思っている」(神奈川県・66歳男性)

 など、投資に積極的な高齢者も増えている。しかし、若い時と違って「失敗が許されない状況である」という現実を認めなければならないと郡山氏は強調する。

「自覚していなくても、70歳を過ぎれば体力、知力、決断力、すべてが全盛期と比べて著しく衰えている。ビジネスの成功には思い切りが必要だが、それは若い頃だからできること。

 私の知人で定年退職して会社を作った人のほとんどは失敗している。私も退職後に起業し、何とか会社を潰さずにいますがピンチのほうが多かった。挽回する時間が多くない以上、大きなリスクを抱える行為には手を出すべきではありません」

「貯金を倍増しなければ老後の生活設計が危うくなる」と焦るのは分かるが、現在の蓄えを減らしてしまっては元も子もない。「やってはいけない10箇条」に通底するのは「足るを知る」という考え方だ。

「老人は、社会というチームの“主力バッター”にはもう二度となり得ない。それを目指して努力しても成果は上がらないし、若者たちに迷惑をかけてしまうのが関の山です。

 しかし、長い経験によって若い人より上手にできることもあるし、後進に教えられる部分も必ずピンポイントで存在する。ですから、60歳を過ぎたら社会の“レギュラー”ではなく、“代打”や“マネージャー”であろうとすべきなのです。社会の脇役的な仕事に面白味を見つけることが、老後をしたたかに生きるポイントだと考えています」

「働き方改革」や「一億総活躍」という旗振りのもとに、「学び直し」や「生涯学習」などといった美辞麗句が躍る。しかしそれに振り回されることは、かえって自らの首を絞める結果になりかねない。残り少ない老後を有意義なものにできるかどうかは「高齢者自身の意識の持ち方」に委ねられている。

※週刊ポスト2017年9月15日号

あわせて読みたい

「高齢者」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    韓国のトランプ接待は意味不明

    やまもといちろう

  2. 2

    改憲代案を示せるのは山尾氏だけ

    小林よしのり

  3. 3

    有人宇宙飛行はまったくの無駄

    Dr-Seton

  4. 4

    橋下氏 三浦瑠麗氏の論稿に期待

    橋下徹

  5. 5

    よしのり氏が文春に公開討論要求

    小林よしのり

  6. 6

    むき出しの好奇心に臨んだ豊田氏

    文春オンライン

  7. 7

    質問時間比率ばかり見るマスコミ

    緒方 林太郎

  8. 8

    加計学園の新聞一面広告に驚き

    天木直人

  9. 9

    貴ノ岩の診断書 現役医師が解説

    中村ゆきつぐ

  10. 10

    米韓会談で見た韓国のご都合主義

    中田宏

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。