記事

「男が一家の大黒柱」という考えはもう古い

【写真】

時々、未婚率の上昇について質問される。
どうやら、「男性の安定雇用が崩れた結果である」的なコメントを期待されているようだ。
いや、実際そうなのだけど、じゃあ一般職を嫁さん候補で採用して30歳で肩たたきをやっていた昭和の社内完結モデルが正しいのかというとそれはそれで違和感がある。

十年ほど前、丸の内の大手金融の前に、リクルートスーツ姿の一般職希望の女子学生が長蛇の列を作っていたのを見た同僚のアメリカ人に、「あれは一体何なんだい?」と聞かれ、説明するのに苦労した。
「一般職という、処遇がやや落ちるコースで…」
「そんなコースに入るメリットなんて、あるのかい?」
メリットはあるんだろう、いろいろと。面倒なので説明はしなかったけれど。

重要なのは、もうそういう時代にはけして戻れないし、戻るべきでもないということだ。
先進国として、女性の社会進出は後押ししないといけないし、企業側も農村的な労務戦略はもう採らないだろう。

こうなると、雇用制度だけでなく、我々自身も価値観を改めなければならない部分がある。具体的に言うと、「実家程度の暮らしは保証してくれること」や、「自分に従順で養われてくれること」を互いに要求しないことだ。
かわって出てくるキーワードはパートナーだろう。

先日お会いした際、山田昌弘先生が面白いことを言われていた。
なぜか、異性にロマンスを求める傾向は、日本人と韓国人が突出して強いらしい。
逆に、西欧ではパートナー目線で相手を選ぶという。
ロマンチストは自分に無いものを求めるが、パートナーにとって重要なのは同じ価値観だ。

そういえば、周囲の30代でロマンス路線で結婚した人間は一人もいない(笑)
格差婚や玉の輿なんてものは都市伝説みたいなもので、現実には同じ業界や大学時代からの知り合いといった具合に、ほとんどが似たもの同士で固まっている。
今後は日本もパートナー路線が主流になるのだろう。
そういう意味では、同じ婚活をやるにしても、パーティーや紹介所などより、共通の趣味で語れる場の方がずっと成功率は高いと思われる。

記事をブログで読む

トピックス

ランキング

  1. 1

    山尾議員の不倫相手は恥だと思え

    小林よしのり

  2. 2

    よしのり氏 山尾氏の謝罪に苦言

    小林よしのり

  3. 3

    北朝鮮の狙い通りに騒ぐマスコミ

    AbemaTIMES

  4. 4

    共産党のデマがはびこる堺市長選

    足立康史

  5. 5

    豊田・山尾問題は孤独が原因か

    幻冬舎plus

  6. 6

    ミヤネ屋インチキ医療特集に称賛

    中村ゆきつぐ

  7. 7

    正恩氏の下半身まで暴く名物記者

    PRESIDENT Online

  8. 8

    早期解散する自民党の強迫観念

    吉崎達彦(かんべえ)

  9. 9

    加計学園 地元の今治市民がデモ

    田中龍作

  10. 10

    文大統領の北朝鮮支援は理解不能

    木走正水(きばしりまさみず)

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。