記事

視界不良の野党再編 「日本ファーストの会」にも前原民進党にも期待できず

今月末の臨時国会招集を前に、小池知事周辺では国政新党(とりえあずこれを「日本ファーストの会」と呼ぶことにする)の結成を視野にいれた動きがあり、一方、野党第一党の民進党では前原新体制が発足した。

小池氏周辺も前原氏も保守系議員を中心とした野党再編に肯定的だと考えられるが、本稿では彼ら望むような形の野党再編は失敗に終わる可能性が高いことを指摘したい。理由は簡単で、これまで私が繰り返し述べてきたように、保守2大政党制は望ましくないだけでなく非現実的だからである。旧民主党出身者を多く抱えた第2保守党を作っても、自民党の劣化バージョンにしかなり得ず有権者が支持するとは思えない。

「日本ファーストの会」は日本新党どころか日本創新党の二の舞に?

「日本ファーストの会」に関しては、若狭勝氏が小池氏の名代として新党結成を目指しているが、彼が接触した議員は細野豪志元環境相、長島昭久元防衛副大臣、松沢成文参議院議員などである。細野氏はともかく残りの二人は保守色が強い政治家であり、脱原発に熱心とも思われない。彼らが中心となる政党では本質的に自民党の方向性とどう違うのか分かりづらくなるだろう。さらに、若狭氏はサンデー毎日のインタヴューにおいて以下の様に述べているが、これを見れば彼が考えていることがいかに曖昧だかが分かる。

理念はハッキリしています。“しがらみのない政治”。検事時代、自民党政治の深部を私は誰よりも見てきた。いい政策であっても、実行する時には必ずしがらみがある。結局、当初とズレて実行される。新党は党議拘束のない政党にしたい。」

「しがらみがない政治」や「既得権益の打破」といったスローガンは、新党ができるたびに聞いてきた凡庸なものである。確かにそれらを目指すのは結構だが、第一に掲げるべきことだろうか。富の分配、エネルギー政策、憲法改正といったメジャーな政策分野ではないことから見ても、彼や彼に指示している小池氏がこれらの政策分野に関して自民党と対峙できるような明確なヴィジョンを持っていないことが伺われよう。さらに、政党を渡り歩く旧民主党出身議員を多く抱えた状況で党議拘束を外せば、民進党以上に党としてのまとまりを欠く状況になるのは目に見えている。

若狭氏に任せたままでは上手くいかなさそうなので小池氏が(共同)党首に就任することになれば、小池カラーは強くなるが、小池氏が自民党と全面対決する気概があるのかは疑問符が付くところである。また、国会議員を辞めて都知事になった小池氏が前面に出るほど都政ほったらかし批判が強まるのは目に見えるし、上記の理由から彼女がいくら批判を受けても成し遂げたいような国政の政策を有するとは思えない。小池氏の新党への関与が中途半端になるほど、注目度が低くなるのは必至だろう。小池氏が政治家になった当初所属した日本新党どころが日本創新党の二の舞になりそうである。

橋下徹氏を(共同)党首に迎えるというウルトラCも考えられなくはないが、橋下氏と小池氏の主導権争いが予想され、さらに橋下氏が安倍総理に近いこともあり野党としての独自色を出すのに苦労するだろう。フランスのマクロン大統領の新党「共和国前進」もそうだが、一回の選挙で勝利したからと言ってその勢いが続くわけではない。「日本ファーストの会」にあまり期待するのはやめた方が良い。

「脇が甘い」前原氏は、予想通り「持ち味を発揮」

一方で、民進党である。代表選では前原氏が勝利したが一方で枝野氏は善戦したという見方は強い。予想通り、保守系の野党再編を目指すのか野党共闘を進めるのか一方の方向にかじを切るのが困難な状況であるのは変わらない。

さらに、山尾志桜里氏の幹事長起用断念・離党を見るにつけ、「脇の甘さ」には定評がある前原氏は遺憾なく持ち味を発揮している。脇の甘さと方向性の不明確さで自滅した蓮舫氏のように早晩息詰まる可能性が高い。そもそも経験の浅い山尾氏を幹事長に起用すれば、産経新聞や週刊文春・週刊新潮の格好のターゲットになることは予想されたことである。

また、党内の意見集約当選2回の議員に任せるにはこの党はあまりにバラバラである。前原氏の言動が慎重さに欠けるのは、永田メール問題の時から進化していない。前原氏が今後も無意識に慎重さに欠ける言動を続け、オウンゴールを連発するのは目に見えている。

さらに、10月22日の3補選をめぐっては、日本共産党との候補者調整が問題になる。前原新体制が最初からつまずいたことを考えれば、共産党が候補者を下ろさなければ敗戦は必至だろう。それゆえ、共産党が「野党共闘の維持」という担保がなければ候補者を下ろさないということになれば、野党共闘を維持すれば保守系議員の離党が相次ぎ、一方で共産党を無視すれば野党候補が共倒れするだろう。補選で全敗すれば前原体制は早晩レームダック化するのは間違いない(もはやすでにレームダック化しているかもしれないが)。

安倍政権が解散を急がない可能性

安倍首相が臨時国会の冒頭に衆議院解散を行い、3補選がある10月22日に総選挙を行うのではないかという見方は強い。合理性があるシナリオではあるが、「日本ファーストの会」が自民党にとって大きな脅威にならず、前原民進党が時間とともに自滅するのが分かっていれば、安倍政権は解散を急がない可能性がある。いずれにせよ、政権交代の可能性が全く見えないくらい野党が弱い状況は、日本の民主主義にとって好ましい状況ではない。かねてから私が申し上げているように、自民党に対抗する二大政党の一角になるのは強力な中道左派政党でしかない。民進党や「日本ファーストの会」に期待できない以上、中道左派の新党を立ち上げる動きを起こしていく必要がある。

あわせて読みたい

「民進党」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    野田聖子氏の文春砲を扱わないTV

    小林よしのり

  2. 2

    山尾議員の不倫相手は恥だと思え

    小林よしのり

  3. 3

    元TBS記者の不起訴に異常な警察

    猪野 亨

  4. 4

    北におびえ足並み乱す韓国大統領

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  5. 5

    「米は北攻撃できない」は本当か

    自由人

  6. 6

    米国空軍のB1爆撃機が怖い北朝鮮

    和田政宗

  7. 7

    共産党のデマがはびこる堺市長選

    足立康史

  8. 8

    よしのり氏 山尾氏の謝罪に苦言

    小林よしのり

  9. 9

    ミヤネ屋インチキ医療特集に称賛

    中村ゆきつぐ

  10. 10

    「脱デフレは幻想」イオンが証明

    近藤駿介

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。