記事

勢力図が塗り替わる?Facebook watchで始まる新たな動画チャンネル

1/2
20170906

こんにちは、アクトゼロの山田です。
ここ数年、インターネット上のコンテンツとして無くてはならない存在となったのは、間違いなく動画コンテンツではないでしょうか。YouTubeを始めとして、Netflix、Hulu、そしてAmazonといった巨大なサービスがしのぎを削り、ユーザーを獲得するために熾烈な争いを繰り広げています。

特にここ数年、ユーザー獲得の流れに拍車がかかり、既存のコンテンツプロバイダーが提供する動画コンテンツだけでなく、オリジナルの動画コンテンツを制作し差別化を図ることで、他社を牽制する動きが活発になってきています。そんな、動画サービスに新たなプレイヤーが参入することになりました。みなさん、おなじみのFacebookです。

「watch」は、Facebook版YouTube?

Facebookがリリースした動画サービスは「Watch」という名前で、先週(現地時間8月31日)米国で開始されました。オフィシャルの情報によると、米国外でもそのサービスを拡大されることが明言されており、各国で順次利用できるようになるものと考えられます。

この「Watch」というサービスは、コンテンツクリエイターが制作した番組(動画)を、一般的によくあるカテゴリでの検索はもちろんのこと、Facebookならではの友達の視聴を元にしたレコメンドなどによっても探すことができるものです。さらに、実際に番組の視聴中に他の視聴者と交流を持つこともできるというのもあり、この辺りはFacebookの強みを生かしたものだと言えるのではないでしょうか。

001
Facebookが提供するWatchの画面イメージを見ていると、「メジャーリーグ(MLB)」が番組としてフィーチャーされている等、多くの人が興味を持つようなコンテンツがラインナップされていることが窺い知れます。

002

今のところ、限られたクリエイターにのみに「Watch」での番組提供が許可されており、その制作にFacebookから費用が支払われているようですが、今後は一般のユーザーにも解放されるプラットフォームを目指すようです。さらに、その先には広告が導入され、その広告収入をクリエイターとFacebook社でシェアする形となると考えられます。

003

まだ具体的なサービスの開始はアナウンスをされていませんが、コンテンツを保有するクリエイターは日本にも多く存在増しますので、そう遠くない将来、ここ日本でもサービスが開始される可能性も十分ありそうです。

迎え撃つYouTube、Facebookに勝算はあるか?

FacebookがWatchをリリースするのに合わせたかのうように、動画サービスとして確固たる地位を確立したと言えるYouTubeにも変化が訪れています。まず分かりやすい形で大きく変化したのはサービスのロゴで、象徴的な再生ボタンをアイコンに「YouTube」とひとまとめに表示する形態となりました。※下記オフィシャルイメージです。
YTLogo_old_new_1680

あわせて読みたい

「Facebook」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    水原希子「日本人」発言は捏造

    西村博之/ひろゆき

  2. 2

    解散を要求していたのは野党側

    和田政宗

  3. 3

    豊田議員糾弾は大衆によるリンチ

    小林よしのり

  4. 4

    iPhoneXで生活は全く変わらない

    永江一石

  5. 5

    国民に刺さるのは左翼でない野党

    AbemaTIMES

  6. 6

    水原希子ヘイト騒動 本人も問題?

    メディアゴン

  7. 7

    車道ベビーカーなら「日本死ね」

    花水木法律事務所

  8. 8

    都知事 秘書の異常待遇言及せず

    週刊金曜日編集部

  9. 9

    10月解散総選挙なら自民の不戦勝

    NEWSポストセブン

  10. 10

    河村市長は衆院選出馬やめるべき

    早川忠孝

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。