記事

山尾志桜里女史の不倫話、マスコミ的には中立的な総括が難しいらしい

1/2
 先般の民進党・山尾志桜里女史の不倫が週刊文春に暴露された件で、どうもご本人は「問題のない打ち合わせのためホテルに立ち寄った」と事実無根であるとお話されている模様。ご本人がそう仰るのであればそうなのかもしれません。ただ、ご自宅には5歳のご子息と旦那様がおられ、仮に問題のないホテル訪問であったとしても、そう安くもないホテルに週4日訪れていたというのは何だろうとは思うわけであります。

 その一方で、山尾志桜里女史が本件を受けて「党を混乱させた」などとして議員辞職をほのめかすお話をされているようで、メディアがこれはこれで走り回っています。個人的には不倫は人として望ましくないと思っておりますので、仮に私人として云々という議論があるとしても、民進党離党はもちろん、議員辞職も視野に入って仕方がないのではないかと考えます。政治家として、そういうスキャンダルをも乗り越えて成し遂げたい何かがある、ということであれば、問題に見合った活躍をしてほしいという気持ちもあるわけですが。

 ただ、世には「仕事をしてくれれば、たとえ下半身がだらしなくても構わない」という論法で、いわゆる「手術をうけるのに品行方正なヤブ医者か、問題児の名医か」という命題がくるわけです。実際には、医師のように人格とスキルが切り離されている場合はあくまで医師と患者の信頼関係と治療への期待度で判断するわけですけれども、政治家の場合は人格そのものがスキルであり政治の資質であることを考えると、(私は不倫や不貞に重きを置くことを除いても)まず浮気相手の奥様と自身の亭主にお詫びをし、それが許されることが最低条件になるのではないかと思います。

 つまりは、家庭という人間が守る最低限のユニットも守ることができず、伴侶や子供のためにきちんとした家庭生活を送ることができない人間性であるならば、日本社会を守ることもむつかしいのでしょう。その程度の倫理観しか持ち合わせていないから、政治家であり、いみじくも野党第一党の幹事長に抜擢・打診されたという立場さえも弁えず、重職を打診された日の夜に疑わしい行動を取ったのだということになります。

あわせて読みたい

「山尾志桜里」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    サギ師が使う人の心を操る話し方

    fujipon

  2. 2

    田原氏が語る民主党が消えた理由

    田原総一朗

  3. 3

    音喜多氏「小池氏演説は攻撃的」

    おときた駿(東京都議会議員/北区選出)

  4. 4

    衆院選で続出 赤面モノの珍言集

    文春オンライン

  5. 5

    米も脱退 ユネスコはウソばかり

    中田宏

  6. 6

    英国でトラブル 日立は正念場に

    片山 修

  7. 7

    報ステのアベノミクス批判は乱暴

    和田政宗

  8. 8

    ネトウヨが保守論壇をダメにした

    文春オンライン

  9. 9

    加計学園問題の核心は解決済み

    石水智尚

  10. 10

    さんま 息子への愛情に感動の声

    女性自身

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。