記事

北朝鮮ミサイルの"実力"を冷静に評価する

1/2

(防衛ジャーナリスト 芦川 淳)

北朝鮮のミサイル発射をめぐり、さまざまな情報が飛び交っている。無責任な分析を退けるためには、まず前提条件を正確に把握することが必要だ。防衛ジャーナリストの芦川淳氏は「その攻撃力を、決して甘く見てはならない」という。日本の防衛力を踏まえながら、北朝鮮のミサイルの「本当の実力」を分析してみよう――。

8月29日、北海道上空を横切って飛行した北朝鮮の中距離弾道ミサイル「火星12号」の打ち上げの模様(写真=朝鮮通信=時事)

■「体制維持」を目標にした周到な開発計画

北朝鮮の核戦力開発が加速している。8月29日は我が国の上空を飛び越えて中距離弾道ミサイルの発射実験を行い、続く9月2日には、弾道ミサイル用に小型化を目指す核兵器の実験を行った。

こうした北朝鮮の行動についてまず確認しておきたいのは、ことの本質が「北朝鮮の国家体制維持」、すなわち「金日成、金正日、金正恩と続く金一家による独裁体制の維持」という問題に尽きるということだ。北朝鮮のとる国家戦略はすべてがこの一点に集中し、軍事的な手段やそれにぶら下がる戦術も最終的にはそこに帰結する。弾道ミサイルや核兵器の開発、他国に対するサイバー攻撃、麻薬ビジネス、兵器輸出など、すべてがそこにつながっていることを、いま一度、しっかりと認識しておきたい。

その認識を背景に、現在、北朝鮮が開発を推し進める各種ミサイルの種別とその位置づけについて考えてみたい。

■主力は短距離~準中距離のミサイル

北朝鮮が開発・保有するミサイル戦力の主力は、旧ソ連の短距離弾道ミサイルR-17(西側での呼称は「スカッド」)をベースにした、「火星」(ファソン)シリーズの一桁番台だ。原型となったスカッドの射程はおおむね500km程度、ペイロード(運搬可能な弾頭の重量)は500kg~1tである。液体燃料を用いながらもメンテナンスが容易で、荒い運用にも耐え、安価であることが大きな特徴だ。北朝鮮は70年代中盤にこれを入手すると、リバースエンジニアリング(編集部注:既存の製品を分解・解析し、その動作原理や製造技術を取得すること)によって国産化し、中東諸国への輸出を通じて外貨獲得の手段とした。

北朝鮮では、ベースモデルのスカッドBを「火星3号」、そのマイナーチェンジ版で射程を600km程度まで伸ばしたスカッドCを「火星5号」、さらに射程を1500~2000kmまで伸ばしたものを「火星7号」と呼ぶ(「ノドン」の名でも知られる)。また、火星5号や火星7号と発射機を共用しつつ、約1000kmの射程と高い精密誘導能力を実現したスカッドERも開発・保有している。

これら短距離~準中距離ミサイルの一群を、北朝鮮が実際にどのくらい実戦配備しているかは不明だが、一説には1000発を超えるとも言われ、その数は年々増加していると推測される。地下に隠蔽した工場で生産ラインが組まれ、月産で10発程度の生産数を維持しているという説も、そう荒唐無稽とはいえない。

短距離~準中距離の弾道ミサイル群は、北朝鮮による先制攻撃が行われる場合、第一波の攻撃の主軸になるはずだ。釜山、浦項、鎮海といった韓国南部の軍事的要衝に対し、通常弾頭による飽和攻撃(編集部注:相手の迎撃能力を超える数のミサイルを発射すること)が行われる可能性が高い。数十発から数百発もの弾道ミサイルによる攻撃によって、韓国軍は退路を断たれると同時に、日本への連絡線も遮断されるだろう。

また日本においても、在日アメリカ軍基地や、アメリカ軍への後方支援に関わる自衛隊の諸施設が重大な被害を受ける可能性がある。湾岸戦争のときにように単発でポツポツ撃ち込まれる程度なら、イージス艦搭載のSM-3ミサイルや、航空自衛隊のPAC-3ミサイルによる迎撃対処も十分に可能だが、広い対象地域に向かって一度に多数のミサイルを発射されれば、現在の自衛隊の防空体制ではお手上げとなる。

これを封じるには約50基とされるミサイル発射機を先にたたくしか方法はないが、現状では法的にも装備的にも、自衛隊がそれを実行することは極めて困難だ。したがって、わが国に対する北朝鮮の短距離~準中距離弾道ミサイルの脅威度は、非常に高いと考えられる。

あわせて読みたい

「北朝鮮」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    「安倍晋三記念小学校」嘘と判明

    和田政宗

  2. 2

    麻原彰晃・娘 妹の虐待訴えは嘘

    松本麗華

  3. 3

    よしのり氏 枝野氏の発言は問題

    小林よしのり

  4. 4

    籠池氏の嘘 拡散した朝日は無視?

    和田政宗

  5. 5

    よしのり氏「罠にはまった文春」

    小林よしのり

  6. 6

    山口組の自虐的川柳が傑作ぞろい

    NEWSポストセブン

  7. 7

    前川氏 ネトウヨは教育の失敗

    文春オンライン

  8. 8

    希望維新の合流進めたい安倍首相

    NEWSポストセブン

  9. 9

    詩織さん事件 超党派議連が追及

    田中龍作

  10. 10

    ISを「破門」しないムスリム社会

    SYNODOS

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。