記事

国交省「外国人向け防災HP」が珍訳だらけ ダジャレ翻訳できず


【”津波拡散部隊”では困ります】

「中国では日本に旅行中に大地震が起きることを心配している人が多いのに、この防災サイトはあまりに不親切です」

 中国人ジャーナリストの周来友氏がそう呆れるのは、8月24日に国土交通省が開設した〈2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会開催に向けた首都直下地震対策ポータルサイト〉だ。

〈海外や国内に対し、適切な情報発信を行うことが重要〉として、国交省や各関係機関の防災情報提供ツールを一元化したサイトで、「4か国語に対応」(日本語、英語、中文〈簡体・繁体〉、韓国語)と多言語化を謳っている。五輪期間中は1000万人近い来日観光客が見込まれるなか、防災情報の拡充に乗り出したわけだ。

 ところが、肝心の多言語化は何ともお粗末なのだ。海外のIT事情に詳しいジャーナリストの上田裕資氏は言う。

「同サイトは、『グーグル翻訳』という機械翻訳を使っていて、自前の翻訳文は作っていない。このグーグル翻訳は課題も多く、“直訳”して意味が通じなくなってしまうことがあるのです」

 たとえば、サイトには「今から知っておくべき情報」として内閣府の啓発サイト「津波防災ひろめ隊」が紹介されている。上田氏の指摘。

「英語では『Tsunami spread Corps site』と表示される。これでは『津波拡散部隊サイト』という意味になり、津波を拡散させるのを目的とした“部隊”のサイトと受け取られてしまいます。“ひろめ隊”が“広めたい”にかけた駄洒落であることは機械翻訳では理解できないわけです」

 防災情報という命にかかわる情報でありながら、お粗末な訳が混じっているのだ。「『被災者支援情報』の項はなぜか“支援”が抜けて『Victims information』で“犠牲者情報”としか受け取れないし、文章が『when』で終わっていて意味がわからないものもある」(同前)

 前出・周氏もこう話す。

「“海外への情報発信”といっていますが、そもそも、中国政府はグーグルのサービス利用を制限しているので、中国国内でグーグル翻訳には接続できません」

 国交省は、そうした“不具合”について、「今後、充実、改良していかなくてはと思っています」(大規模地震対策推進室)と悠長だ。

 東日本大震災では日本語の避難勧告を理解できずに恐怖を味わった外国人も多くいた。2020年の東京五輪までに間に合うのか。

※週刊ポスト2017年9月15日号

あわせて読みたい

「国土交通省」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    韓国のトランプ接待は意味不明

    やまもといちろう

  2. 2

    足立議員の生コン疑惑発言はデマ

    辻元清美

  3. 3

    よしのり氏が文春に公開討論要求

    小林よしのり

  4. 4

    石破氏「民進解消で政治が前進」

    石破茂

  5. 5

    米韓会談で見た韓国のご都合主義

    中田宏

  6. 6

    貴ノ岩の診断書 現役医師が解説

    中村ゆきつぐ

  7. 7

    1億円稼ぐチャットレディに密着

    AbemaTIMES

  8. 8

    よしのり氏が文春デスク写真公開

    小林よしのり

  9. 9

    「東芝の戦犯」元社長が初激白

    NEWSポストセブン

  10. 10

    山尾氏と望月記者がモリカケ語る

    NEWSポストセブン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。