記事

グローバル人材の転職意欲が急増 7割が「1年以内に転職したい」

Dragon Images/shutterstock.com

人材紹介会社ロバート・ウォルターズ・ジャパンは、日本語・英語の2言語と専門分野でのスキル・経験を用いて働くグローバル人材を対象に、転職の価値観に関する調査結果を発表した。

◆転職時期、7割が「1年以内に転職したい」

 

外資系企業、日系グローバル企業の第一線で活躍する1,432人のバイリンガル会社員に「次の転職時期」を聞いた結果、70%が12ヶ月以内の転職を希望・予定していると回答した。「チャンスがあればいつでも転職したい」との回答は前回調査(2016年10月)の31%を大きく上回り52%となった。

 今回の調査結果は売り手市場を「挑戦するチャンス」と捉えて自らの力を試し、向上を図りたいという積極的な姿勢を映しているではないか、と分析されている。さらにこの結果を、現職に移る際に給与が「10%以下・変わっていない・下がった」回答者に絞ってみると、全体結果を上回る56%の人が「チャンスがあればいつでも転職したい」と答えているという。

[画像をブログで見る]

◆人材獲得競争での給与増の有効性を示唆

 現職に移る際に給与が「30%以上上がった」回答者の39%が「12ヶ月以上先・転職するつもりがない」と答えた一方で、「10%以下・変わっていない・下がった」回答者では「12ヶ月以上先・転職するつもりがない」は27%と大きく下回っている。

 人手不足が企業成長の足かせになり兼ねない昨今では、優秀な人材を巡る獲得競争で優位に立つために他社より高い給与額を提示する企業が増えており、その有効性を示された結果だ。また、本調査は英語と専門的なスキル・経験を有するいわゆるグローバル人材に限った調査であり、人材流動性の高いグループにあるからこその高い転職意欲が数字となって現れているという点には留意が必要だろう。

Text by 酒田 宗一

あわせて読みたい

「転職」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    内閣改造で消えた小池・野田新党

    PRESIDENT Online

  2. 2

    朝日が仏大統領発言でっち上げか

    西村博之/ひろゆき

  3. 3

    米国が12月以降に北朝鮮を攻撃か

    高英起

  4. 4

    温泉更衣室の防犯カメラは違法か

    花水木法律事務所

  5. 5

    アラフィフの後悔 1位は「勉強」

    キャリコネニュース

  6. 6

    iPhone X購入の前にWi-Fi導入を

    永江一石

  7. 7

    日本人の稼ぐ力 今や他国の7割に

    THE PAGE

  8. 8

    核武装した北との共存ありえない

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  9. 9

    よしのり氏 小池新党はいらない

    小林よしのり

  10. 10

    小林麻耶が海老蔵の家を出た事情

    NEWSポストセブン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。