記事
  • ヒロ

引くに引けなくなった金正恩氏

1/2
注目される9日の北朝鮮建国記念日前後に金正恩氏は再び日本上空を飛び越えるICBMを発射するのではないかと噂されています。韓国情報部発の報道ではICBMが北朝鮮西海岸に移動されたとしています。また、今回もロフテッド方式(発射角度を情報にして高く打ち上げる実験)ではなく通常角度ではないかと分析されているようです。

日本上空を飛び越えてどこに向けて飛ばすのか、単に距離だけなのか、ターゲットを持っているのか、わかりにくい状況になってきています。今回の計画は違うと思いますが、北朝鮮はグアムの標的案を明示しています。(グアム標的ならICBMは東海岸に持ってくるでしょう。)個人的には最終的にはもっと影響力のある本土を目指すのだと思っています。

また、その中間案としてハワイはアメリカの直接の州ですから話題には上がりませんが、そこでもあり得るわけです。但し、島は命中度が下がるのかもしれません。このあたりが金正恩氏のゲーム感覚なのだろうと思います。

さて、ウラジオストックでプーチン大統領が石油禁輸に否定的見解を見せました。私はこのコメントに注目しています。まず、ロシアにとって北朝鮮は産みの親であり、そもそもソ連(当時)の傀儡国家のようなものであり、アメリカ資本主義との橋頭保であります。ソ連こそなくなったもののアメリカとロシアの関係はあいも変わらずであり、ロシアにとって北朝鮮を抱き込んでおくことは太平洋側に出る重要戦略地としても意味があります。(日露戦争を想起してもよいでしょう。)

その意味で国際世論を逆手に取り、過激化するトランプ大統領に「もっと平和裏に解決しよう」と民意を煽るのでしょう。中国もしかりです。つまり、アメリカが先手攻撃を仕掛ければ必ずロシアと中国が猛反発するというしっぺ返しが確実に予想される中でアメリカの先手必勝の作戦が取れないのが北朝鮮をめぐる動きということかと思います。

あわせて読みたい

「金正恩」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    よしのり氏「朝日に良識感じた」

    小林よしのり

  2. 2

    AV出演強要 19歳少女が落ちた罠

    渡邉裕二

  3. 3

    NPOに持論語る 経産相答弁に感動

    駒崎弘樹

  4. 4

    ジャンプ船木 お家芸潰しに持論

    NEWSポストセブン

  5. 5

    日韓選手の絆 政治ショーは終了

    大西宏

  6. 6

    安倍首相の評価高まる佐川長官

    NEWSポストセブン

  7. 7

    眞子さま 結婚のご意思は不変か

    NEWSポストセブン

  8. 8

    音質より内容 声のブログの挑戦

    BLOGOS編集部

  9. 9

    宇野昌磨を称賛 寛容化した日本

    岩田健太郎

  10. 10

    貴乃花「爆弾告発」で八角退陣も

    NEWSポストセブン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。