記事

南キャン山里「凡人な自分」を愛するコツ

1/3

芸人 山里 亮太
慶應義塾大学特任准教授/NewYouth代表取締役 若新 雄純

▼関連記事
前編:南キャン山里に聞く「不毛な嫉妬」の本質

世間には多くの「天才」がいる。だから上を目指せば、どこかで「凡人な自分」に突き当たり、「天才にはかなわない」と努力をやめてしまう。だが、南海キャンディーズの山里亮太さんは「天才にはなれないので、天才のまねをする“ニセモノの天才”を目指している」と話す。自分の「不完全さ」に悲嘆せず、努力を続けるコツとは――。


慶應義塾大学特任准教授の若新雄純さん(左)と南海キャンディーズの山里亮太さん(右)

お笑いコンビ、南海キャンディーズの山里亮太さんは、「M-1グランプリ2004」で準優勝して以来、浮き沈みの激しい芸能界で第一線に立ち続けている。山里さんはその理由について、「凡人に奇跡が起きた状態が続いている」と称し、「だからこそ努力が続けられる」と話す。サボりたい気持ちに勝つには、どうすればいいのか。前編の“嫉妬と自己肯定”に続き、慶應義塾大学特任准教授の若新雄純さんとの対談をお届けします。

普通の人間コンプレックス

【若新】これは受験制度にも原因があると思いますが、日本人の多くは減点を少しでもなくして完璧に近づきたいという思いが強いようです。プチ成功者にありがちだったのが、持ち物を高級ブランドでそろえたり、環境を整えたりしながら、成功者にふさわしくなさそうなものを身の回りから排除していくことです。でも、人間はどこまでいっても完全体にはなれない。結局はそのギャップに苦しむことになります。完全や完璧を目指すよりも、自分の不完全さやありのままを受け入れていかないと、いつまでたっても自分を好きになれない。

山里さんは、お笑い芸人として“勝ち組”の仲間入りをした後も、伝説を持つ偉人たちとの比較に押しつぶされることなく、等身大の自分と向き合い続けてこられました。「不完全な自分」と、どうやって折り合いをつけてきたんでしょうか。

【山里】自分が大した人間じゃないというのは、すごい人たちに会うと痛感します。(明石家)さんまさんやダウンタウンさんたちと話していると、「天才はスケールが違うな、俺はこうはなれないな」と痛感します。自分はなんて普通なんだ、と「普通の人間コンプレックス」に悩まされた時もありました。もっと「異常な人間」にならなきゃいけない、みたいな。

凡人に奇跡が起きた状態が続いている

【若新】運よく成功してステージが上がると、周囲を意識して、普通ではない、何か特殊な人物にならなきゃいけないという思い込みにとらわれて、空回りしたり、過激な表現で失敗したりしてしまう。SNSが普及して誰でも自由に表現ができるようになって、それがどんどん激しくなっている気がします。

【山里】ただ、僕自身は、自分のことを「凡人に奇跡が起きた状態が続いている」と思うようにしているんです。人は少しでも成功すると、自分の力を信じる力が強くなって、努力しなくてもいいんだと思いがちです。その点、僕は人に恵まれていて、優れたマネージャーさんがM-1(グランプリ2004)の頃から付いてくれていて、「この状況で努力しないと、いつだって消えてしまうよ」と淡々と諭してくれました。

凡人は常に努力し続けなければいけないのに、それでもサボりたい気持ちが出てきます。ある程度実績ができると、「これくらいでも許されるかな」と思ってしまう瞬間がある。そんな時は、「人間の脳みそは、必ず『サボろう』と声をかけてくる。『サボろう』の声を無視して努力できた時に、天才に一歩近づけるんだ」って自分に言い聞かせてます。凡人だから、サボりたい気持ちが強いのは当たり前なんで、それはあきらめています。それよりも、顔を出した「サボろう」を打ち消す自分を大事にしてきました。

【若新】なるほど。多くの人は、サボりたい自分に気づいた時、それを根本から改善するハウツー本を買いに行くんだと思うんです。サボりたい自分を変えてしまいたい。でも、人間の根本はなかなか変わりません。山里さんの場合は、自分の中で「サボろう君」がいることをあえて認め、「サボらない君」を新たに出現させて戦わせるわけですね。つまり、自分の中のありのままの世界で工夫をする。それを毎回やるんですか?

【山里】毎回やります。戦って勝てば、自分が幸せになれると知っているので。サボらずに努力して、アイデアを一つでも考えつくことができれば、その時間の多幸感がまたすごいんです。サボりたい気持ちに勝とうとすることが、自分にとってむちゃくちゃいいことだし、カッコいいことだと高く評価しているんです。だから、できるんです。

【若新】すごく面白い! 自分のダメな部分をなくして自分を好きになるのではなく、自分のダメな部分と厳しく向き合っている自分を好きになっているんですね。

あわせて読みたい

「キャリア」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    質問力なし 報道のTBSは死んだ

    和田政宗

  2. 2

    デリヘルに素人専門が増えた理由

    PRESIDENT Online

  3. 3

    小池氏会見まるでイキった大学生

    キャリコネニュース

  4. 4

    自民は本気の小池氏を甘く見るな

    安倍宏行

  5. 5

    橋下氏 解散批判する野党に苦言

    橋下徹

  6. 6

    斉藤由貴に私刑行う週刊誌に疑問

    篠田博之

  7. 7

    小池氏登場で自民圧勝は不確実に

    近藤駿介

  8. 8

    北の日本攻撃ありうる歴史的背景

    ヒロ

  9. 9

    生活苦で北の脅威に無関心な韓国

    ロイター

  10. 10

    橋下氏 新党で延命する議員は害

    橋下徹

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。