記事

本を読まないことの勧め

天邪鬼だから、「本をたくさん読んで偉くなった」との記事というか宣伝を見るにつけ、「ほんまはそやないやろ」と思ってしまう。言い方を変えると、本を読んで偉くなったのではなく、本を読むのが彼らの方法論だった。

本を読んだら偉くなると思うのは、ハウツーものを読んだら賢くなる、上手になると思うのに似ている。

白状すると、会社に入ってすぐの頃、字を上手に書きたいと思った。そこで、「ペン字が上手くなる」類いの本を買ったが、読むだけで上手くなるわけがなかった。練習が大事である。でも、そんな練習をする気は毛頭なかった。数ページで終わってしまった。

確かに本を読むのは何かの助けになる。学生時代から社会人になってしばらくの間、相当の本を読んだ。その読書は目的があってのことである。漫然と読んだわけではない。今から思うに、考えながら読んでいた。
目的を持ち、考えながら読むことが重要である。おかげで、その後は大して読まなくてもあまり不自由しないベースができたと思っている。「ほんまかいな」だが。

しかも今ではネットが発達しているので、必要な知識が直接得られる。ネットで満足できない場合(疑問に思った場合)、専門書や関連する参考文献を買い、ざっと目を通せばいい。そのついでに周辺情報も得られる。

漫然と読むのなら、また読むために読むのなら、本は有害である。時間の無駄だとも思う。読んだことに満足してしまうから。「本をたくさん読んで偉くなった」と書いている者は、本当は本を読むことに目的がない。このことを知ったうえで、では本を読むのかどうか、他に手段がないのかどうかを見極めることが重要である。

1点だけ注意しておくと、学生時代までは好きな本なら何でもいい、たくさん読むことも有意義だと思っている。広い世界を知るためである。だが、その後はきちんとした目的が求められる。

あわせて読みたい

「読書」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    「安倍ヤメロ」を煽る朝日新聞

    深沢明人

  2. 2

    宮崎勤死刑囚から処刑直前の手紙

    篠田博之

  3. 3

    小池氏にとどめ 進次郎氏の正論

    新潮社フォーサイト

  4. 4

    性暴行訴える詩織さん 手記出版

    文春オンライン

  5. 5

    安倍ヤメロ隊阻止する最強応援団

    NEWSポストセブン

  6. 6

    堀江氏「保育士は誰でもできる」

    キャリコネニュース

  7. 7

    よしのり氏「1に立憲、2に共産」

    小林よしのり

  8. 8

    イシグロ氏へ勲章は国の恥さらし

    清谷信一

  9. 9

    橋下氏「公約は事後評価が重要」

    橋下徹

  10. 10

    辻元氏 デマ記事で質問状を送付

    辻元清美

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。