記事

2つの祖国の狭間で――中国残留孤児3世代に渡るライフストーリ― / 中国残留孤児研究、張嵐氏インタビュー

1/5

戦時中、開拓団として満州に渡り、戦後の動乱の中、さまざまな理由で帰国がかなわず中国に残らざるを得なかった中国残留孤児たち。1972年の日中国境正常化以降、そのほとんどが日本に永住帰国した。慣れ親しんだ「異国」と、異文化の「祖国」の間で揺れ動く彼らのライフストーリーとは。中国残留孤児研究がご専門の、張嵐氏に伺った。(取材・構成/増田穂)

中国残留孤児と中国人留学生

――そもそも「中国残留孤児」とはどのような人々のことなのでしょうか。

1932年3月、日本は中国東北地方で「満州国」という傀儡政権を作り上げました。以後第二次世界大戦の終結に至るまで、満州は日本の植民地支配を受けます。約13年間におよぶ植民地統治のなかで、日本は軍事的必要性と、世界恐慌以降の農村の惨状打開の施策を組み合わせて、満州に大規模な開拓移民を送り込みました。こうした移民は満蒙開拓団とよばれ、国策として全国から30万人以上の人々が満州へ送られました。

1945年の日本の敗戦と同時に、多くの日本移民は国家の保護を失いました。一部の子女は、混乱のなかで家族と離れ離れになり、集団引揚げの情報を知ることもなく、チャンスを逃し、中国社会に留まらざるをえず、「中国残留孤児」と呼ばれるようになったのです。

彼らは中国人養父母に拾われ、中国人家庭の中で中国人同様に育てられました。しかし1972年9月の日中国交正常化を契機として、多くの中国帰国者が日本に帰国するようになります。中国帰国者とは、いわゆる「中国残留孤児」、「残留婦人」、「残留邦人」、及びその「同伴家族」、「呼び寄せ家族」で、日本に帰国・来日した者の総称です。1945年8月9日時点で、13歳未満であった者を残留孤児、13歳以上であった女性を残留婦人、13歳以上であった男性が残留邦人と呼ばれています。厚生労働省の統計によれば、国交正常化から2017年6月30日までに、永住帰国した中国帰国者の総数は6720世帯、20900名におよぶといいます。そのうち、残留孤児を含む世帯は2556世帯(9377名)とのことです。

――張さんはこういった経緯で、中国残留孤児の問題に注目するようになったのですか。

私は2002年から2012年までの10年間、日本で留学生活を送っていました。実は、日本に来るまで、「中国残留孤児」という言葉すら知らなかったんです。

2005年の6月に、千葉大学で「中国文化紹介会」を主宰することがありました。その際、千葉近郊に住む中国残留孤児の方々にも文化交流の場に参加してもらいたいと声をかけたんです。彼らには、中国の伝統楽器・二胡を演奏してもらいました。それを契機として、「中国残留孤児」という“特殊”な集団の存在に関心を持つようになりました。

残留孤児と接する中で、彼らが日本人であるにも関わらず、戦争のため何十年間も中国で生きてきたことがわかりました。そして彼らは、永住帰国後もさまざまな問題を抱えながら生活しています。第二次世界大戦の終結から、すでに70数年の月日が流れました。しかし、戦争の時代の犠牲となり、いまだに苦しんでいる人々がいます。中国残留孤児はまさに戦渦の爪痕を象徴する「時代の証人」といえるでしょう。戦争を経験したこともなく、「中国残留孤児」という言葉さえ知らなかった私にとって、彼らとの出会いは、実に衝撃的でした。

日本帝国、「満州帝国」、中華人民共和国、そして現在の日本社会を生きぬく中国残留孤児……。彼らは一体どんな存在なのか、彼らはどのような歴史を背負っているのか、日本と中国の狭間でどう生きてきたのか、また、どう生きているのかを知りたい。それがこの研究を始めた素朴な動機でした。

――実際に多くの中国残留孤児当事者や関係者の方から聞き取りを行っていますよね。

はい。長年かけて、日本と中国の両国において、養父母・残留孤児・残留孤児2世という、中国残留孤児に関する三世代の聞き取り調査を行ってきました。中国人留学生としての立場から、中国語と日本語を使い、残留孤児の話に耳を傾けてきたことが、これまでの先行研究と違う結果を見出すことができたと考えています。

――具体的にはどのようなことですか。

中国残留孤児と私は、中国で長く生活を営み、日本へやってきた、異文化体験者という立場を共有しています。そのため、残留孤児にとっての母国語である、中国語を使って、彼らの語りのなかから微妙な心の襞や思いを聞くことができました。インタビューの中でも、よく「われわれみんな中国人だから、本当の話をするけど」、「あんたも中国人だから、よくわかると思うけど」などと言われました。こうした言葉にみられるように、インタビューの答えにおいて、特に感情的な要素は当事者の生活世界の解釈や調査結果と大きくかかわってくると思われます。さらに、中国人として、今までほとんど研究されなかった中国にいる残留孤児・養父母にインタビューすることにも成功しました。その意味で、日本人研究者の調査とは異なった形で、自らの特性を活かして残留孤児の生活世界を明らかにしたと考えています。

あわせて読みたい

「中国」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    足立議員の生コン疑惑発言はデマ

    辻元清美

  2. 2

    「立派な国」ランキング 日本は

    長田雅子

  3. 3

    よしのり氏が文春デスク写真公開

    小林よしのり

  4. 4

    1億円稼ぐチャットレディに密着

    AbemaTIMES

  5. 5

    よしのり氏「文春に完全勝利」

    小林よしのり

  6. 6

    金正恩氏 ちびデブ発言に怒りか

    高英起

  7. 7

    山尾氏×望月記者 女の政治を語る

    NEWSポストセブン

  8. 8

    よしのり氏「文春から抗議文書」

    小林よしのり

  9. 9

    石破氏「民進解消で政治が前進」

    石破茂

  10. 10

    民進から資金? 無所属の会に疑問

    早川忠孝

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。