記事

いよいよ大人の年齢18歳に

 今秋の臨時国会では、いよいよ民法改正案が提出される運びとなった。今回の改正は、主に成年年齢を満20歳から満18歳に引き下げることである。これに関連して、いくつかの法律でも年齢制限を見直すこととなる。

 大人の年齢を引き下げるきっかけは、平成19年に憲法改正国民投票法を制定する際、諸外国の例にならって投票権年齢を満18歳からにしたことだ。その後選挙権年齢をこれに合わせて満18歳からにしたのが2年前。いずれも与党内、与野党間で調整役を任された私としては、今回の成年年齢引き下げは大変感慨深いものがある。

 成年年齢引き下げの意図は、グローバルスタンダードに合わせるというだけでなく、人口減少時代を迎えた我が国が、今後も活力を維持していくために、若い人々に早く確実に自立してもらう必要があるからだ。しかしながらそれにはいくつかのハードルも存在する。

 大人の年齢を18歳からにすると、酒タバコも18歳から認めるかどうかだ。しかしこれについては、健康上の理由から20歳のままで良いとの意見が大勢を占めるので、現状維持が妥当である。各種ギャンブルの参加権も、依存症の低年齢化に危惧する意見が多く出されており、これも現状維持で良いのではないか。

 意見が割れているのが、契約の世界である。成人になると各種契約を一人で行えるとともに、親の権利でその契約を取り消すことが出来なくなるのである。現在も大人になりたての20歳に契約トラブルが集中しており、成人年齢を引き下げれば、トラブルは18歳、19歳にも拡大しかねない。

 大人の年齢を引き下げても、18歳、19歳は何らかの形で契約トラブルから守るべきとの意見がある一方、折角引き下げたのだから、消費者教育をきちんとした上で、大人として自立させることが重要だとの筋論もある。この件については、私が委員長を務める若年成人の教育・育成に関する特命委員会でも、従来から議論を重ねてきた。

 未だ結論は出ていないが、私としては18歳、19歳を契約上の特例とすることは避け、年齢に関わらず「知識不足」「経験不足」にかこつけて、あるいは恐怖心理や好奇心を煽って不当に契約させたものは取り消すことができるという、契約ルールの改善をすべきではないかと考える。このことは高齢者を狙った悪徳商法の撃退にも通用するのではないか。

 この度の大人の年齢の引き下げのという、画期的な制度改正を成功させるためには、国民の間の着実な理解を醸成するとともに、消費者教育の充実など、きめ細かな準備が不可欠である。

あわせて読みたい

「成人年齢」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    保育士を見下す堀江氏のさもしさ

    赤木智弘

  2. 2

    2chの賠償金 ひろゆき氏が告白

    西村博之/ひろゆき

  3. 3

    ネトウヨが保守論壇をダメにした

    文春オンライン

  4. 4

    白票・棄権票が持つ大きな意味

    おときた駿(東京都議会議員/北区選出)

  5. 5

    投票率は? 前回が戦後最低52.66%

    THE PAGE

  6. 6

    売春島と呼ばれた渡鹿野島はいま

    文春オンライン

  7. 7

    大混乱を未然に防いだ小池都政

    上山信一

  8. 8

    ネトウヨによる保守のビジネス化

    文春オンライン

  9. 9

    日本の中枢に浸透する人種主義

    保立道久

  10. 10

    辻元氏 米は他国民を救出しない

    辻元清美

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。