記事

憲法前文は完全に空文と化した

1/2

 あらためて憲法前文を確認しておきましょう。

日本国民は、正当に選挙された国会における代表者を通じて行動し、われらとわれらの子孫のために、諸国民との協和による成果と、わが国全土にわたつて自由のもたらす恵沢を確保し、政府の行為によつて再び戦争の惨禍が起ることのないやうにすることを決意し、ここに主権が国民に存することを宣言し、この憲法を確定する。そもそも国政は、国民の厳粛な信託によるものであつて、その権威は国民に由来し、その権力は国民の代表者がこれを行使し、その福利は国民がこれを享受する。これは人類普遍の原理であり、この憲法は、かかる原理に基くものである。われらは、これに反する一切の憲法、法令及び詔勅を排除する。

日本国民は、恒久の平和を念願し、人間相互の関係を支配する崇高な理想を深く自覚するのであつて、平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼して、われらの安全と生存を保持しようと決意した。われらは、平和を維持し、専制と隷従、圧迫と偏狭を地上から永遠に除去しようと努めてゐる国際社会において、名誉ある地位を占めたいと思ふ。われらは、全世界の国民が、ひとしく恐怖と欠乏から免かれ、平和のうちに生存する権利を有することを確認する。

われらは、いづれの国家も、自国のことのみに専念して他国を無視してはならないのであつて、政治道徳の法則は、普遍的なものであり、この法則に従ふことは、自国の主権を維持し、他国と対等関係に立たうとする各国の責務であると信ずる。

日本国民は、国家の名誉にかけ、全力をあげてこの崇高な理想と目的を達成することを誓ふ。

 北朝鮮の度重なる暴挙に、我が国を取り巻く安全保障環境は、憲法前文の「平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼して、われらの安全と生存を保持しようと決意」とは真逆の状況です、憲法前文は完全に空文と化しています。

 安倍晋三首相の首相在任期間が今年5月27日、第1次と第2次政権を合わせて1980日となり、小泉純一郎元首相に並びました。

 現在、佐藤栄作元首相(2798日)、吉田茂元首相(2616日)に次いで単独で戦後3位となり、なお在任期間を延伸中であります。

 ここ最近では世論調査の支持率低落で黄信号がともってきたとの指摘がありますが、戦後屈指の保守安定政権であることは異論のないところでしょう。

 新憲法が公布されたのが1946年(昭和21年)11月3日、翌年1947年(昭和22年)5月3日に施行されてから70年、この新憲法は一度も改正されることなく、戦争放棄の9条において「軍隊」を保持しないことを明確に掲げてまいりました。

 憲法を指して「不磨(ふま)の大典(たいてん)」というのは明治憲法発布の勅語にあった言葉といいます。

 不磨とは摩滅しないことで、大典ともども随分と大げさな言葉ですが、欽定(きんてい)憲法だった旧憲法は不滅・不朽とされていたのであります。

あわせて読みたい

「憲法改正」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    ユニクロの闇は日本企業の行く末

    fujipon

  2. 2

    よしのり氏「杉村太蔵見直した」

    小林よしのり

  3. 3

    朝日新聞は憲法改正の認識が甘い

    小林よしのり

  4. 4

    小池氏の辞任劇は「死んだふり」

    NEWSポストセブン

  5. 5

    「アベ辞めろ」入らぬ流行語大賞

    NEWSポストセブン

  6. 6

    希望 支持率2.7%で下げ止まらず

    三浦博史

  7. 7

    進次郎氏 総理を縛る国会に指摘

    宮崎正

  8. 8

    大阪市長の正論を非難する朝日

    木走正水(きばしりまさみず)

  9. 9

    改名して出馬 「最強の無所属」

    畠山理仁

  10. 10

    石原元知事 産経に怒り断筆宣言

    NEWSポストセブン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。