記事

今回の北朝鮮の核実験は水爆の実験ではないが、その前段階まで来ている - 西村金一

1/2
 北朝鮮は9月3日午後0時半頃、北東部の豊渓里で6回目の核実験を行った。北朝鮮は、「大陸間弾道ミサイル(ICBM)搭載用の水爆実験に成功した」と発表した。日本の気象庁はM6.1と発表し、小野寺防衛大臣は、「推定出力が約70ktになる」と述べた。

 推定出力が約70ktであることは、前回5回目の爆発規模の約7倍、第2回から第4回目までの爆発規模の約14倍である。重水素を使用して爆発効率を向上させる「ブースト型核分裂爆弾」であると推定できる。ブースト型爆弾の特色は、通常の核爆弾の10倍(広島型の15ktの10倍だとしたら150ktの威力)の威力まで高めることができるし、またその反対に1/5~10倍の1ktまで縮小できるものである。

 例えば、米国の水素爆弾は約10Mtクラス、中国は3.3~4.0Mtクラスが存在する。これらは、通常型の200~500倍の威力だ。この威力に達しない限り、水素爆弾の実験に成功したとは言えない。 

北朝鮮の今回の核実験規模は70ktであり、通常のものよりも3~5倍の規模であることから、ブースト型核分裂爆弾であると推定できるが、水素爆弾の実験が成功したとは評価できない。 但し、ブースト型核分裂爆弾の完全な成功は、この技術を保有することで、水素爆弾実験の前段階に到達できたものと評価でき、水素爆弾実験成功の鍵を掴んだと言える。

あわせて読みたい

「北朝鮮」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    ミヤネ屋インチキ医療特集に称賛

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    定年後は蕎麦打ち職人になるな

    内藤忍

  3. 3

    海老蔵と麻耶 歌舞伎界の非常識

    NEWSポストセブン

  4. 4

    今度こそ北朝鮮の崩壊は秒読みか

    自由人

  5. 5

    豊田議員あと一歩で逃げ切り逃す

    文化通信特報版

  6. 6

    金正恩氏が米国への本音を吐露か

    高英起

  7. 7

    安倍首相の目的は権力の延命だけ

    小林よしのり

  8. 8

    安室引退「体力の限界」が要因か

    渡邉裕二

  9. 9

    「部落差別を語るな」は間違い

    SYNODOS

  10. 10

    老後の同窓会は成功者しか来ない

    NEWSポストセブン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。