記事

投資で儲かるのは何かを発見したときだ 日本発の仮想通貨ブームをembraceすべき理由

1/2
「投資で儲かるのは何かを発見したときだ」
これはウォール街の格言です。

もちろん発見(discovery)の要素が無くても、投資は成立します。

しかしその場合の期待リターンは、せいぜい3~5%くらいでしょう。

「発見」もしていないくせに、+50%から+100%のリターンを望むのは、虫が良すぎます。

さて、「発見」にはPush backがつきものです。

Push backとは「いや、それは違うんじゃない?」という「反発」です。

Twitterであなたの発言にクソリプが付く……これはPush backの好例です。

もし、そんな風に、あなたの主張が突き返された場合、そのアイデアは有望です。

でもみんなが「んだ、んだ」と肯定、同意の大合唱になった場合、たぶんそれは「発見」ではないでしょう。それは、単に、あまねく知れ渡っている「常識」だと疑ってかかった方が良いです。

Push backは「知識ギャップ」ないしは「情報ギャップ」から生じることが殆どです。

つまりPush backしている奴は、新しいコトやその重要性に気付いていないのです。

この「知識ギャップ」こそが、profit、すなわち利益機会の源泉です。

たとえば「キメラ抗原受容体遺伝子改変T細胞療法」と言ったところで、殆どの読者は「?」でしょうね。

しかし、「これはあなたの体からまず採血し、その細胞から、あなただけに効くお薬を作るのです」と説明されると(なるほど、これは画期的だな!)と気がつくわけです。

この知識ギャップは、喩えて言えば白いカンバスです。その「知識」の空白を埋めてゆく作業が投資に他ならないのです。

ビットコインが依拠しているブロックチェーン技術も、まだ知らない人の方が圧倒的に多いです。だから知識ギャップを埋め、白いカンバスをいろんな色で染めてゆく作業は、まだ端緒に着いたばかりです。

人は、新しいもの、自分の知らない対象を、べらぼうに過大評価する傾向があります。

たとえば小中学生の「初恋の人」を思い出してください。

彼らは初恋の相手を純真無垢なものと断定します。

だから「Hをする」なんてのは、もってのほか!

あたまの中だけで理想化、偶像化は完結するのです。
「○○ちゃんほど無垢な娘が、うんこするはずない!」
そう思うわけです。

この場合、この娘に対する自分の中の評価は∞(無限大)まで高まります。べらぼうな株価評価がつくのは、そんなときです。

あわせて読みたい

「金融」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    韓国のトランプ接待は意味不明

    やまもといちろう

  2. 2

    改憲代案を示せるのは山尾氏だけ

    小林よしのり

  3. 3

    有人宇宙飛行はまったくの無駄

    Dr-Seton

  4. 4

    橋下氏 三浦瑠麗氏の論稿に期待

    橋下徹

  5. 5

    よしのり氏が文春に公開討論要求

    小林よしのり

  6. 6

    むき出しの好奇心に臨んだ豊田氏

    文春オンライン

  7. 7

    質問時間比率ばかり見るマスコミ

    緒方 林太郎

  8. 8

    加計学園の新聞一面広告に驚き

    天木直人

  9. 9

    貴ノ岩の診断書 現役医師が解説

    中村ゆきつぐ

  10. 10

    米韓会談で見た韓国のご都合主義

    中田宏

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。