記事

子供を産まない・育てない人生は「逃げ」なのか 「子供いないの…?」と聞くのは失礼なのか

1/2

今年初頭、意を決して「今度、飲み会にいらっしゃいませんか?」とお誘いしたライター・イラストレーターの吉田潮さんの新著

産まないことは「逃げ」ですか? 産まないことは「逃げ」ですか? [単行本(ソフトカバー)]
吉田 潮
ベストセラーズ
2017-08-26




(KKベストセラーズ)が発売されました。さて、本書は現在45歳の吉田さんが、結婚、妊娠、出産、不妊治療、堕胎手術など個々人の人生において非常にクリティカルな場面をつぶさに綴った書であります。前半の本書のイメージは「この女、エロいことばかりやってるな、ガハハハハ」といったお笑い的な側面もあるのですが、途中からかなりシビアになってきます。そして、その後、吉田さんはどう吹っ切れ、「出産しないことは逃げ」という世間様による「空気」とどう対峙するかが肩の力が抜けた形で描かれていきます。

DSCN0001
(2016年末~2017年初頭、バンコクのホテルで仕事していた時の様子)

本書では、半ば都市伝説に近い「性行後は逆立ちになる」を実践した話やら、不妊治療にいくらかけたか、といった話も出てきます。また、吉田さんは本当に子供が欲しかったのか? という点についても長年考えた末の結論を述べたり、過去には苦手だった子供の話題を克服するまでの経緯なんかも書いています。

元々なんで私が吉田さんを飲み会に誘ったかといえば、彼女に一度会いたかったんですよね。当時、週刊新潮の連載陣では壇蜜に次ぐ若手2、3といった状況(オレ、43歳、吉田さん44歳って、これも相当高齢だな)にあり、どことなく彼女のズケズケと悪口を言う文章は好きでした。大体人間というものは、文章を読んでいれば気が合うかどうかはわかるものでして、多分吉田さんとは気が合うことが分かったのですね。

この会自体は同世代の中年が集う会で、ボス的存在の女性漫画家が「私の好きそうな人を呼んできなさい!」と命令し、彼女が第一幹事、私が第二幹事のような感じで人集めをしていたのです。多分その漫画家と吉田さんも気が合うと思ったし、私自身も会いたかった。結果は大成功。漫画家は「潮さん、いいわねぇ!! 中川さん、呼んでくれてありがとう!」となったのでした。

そして、我々は温泉旅行にも行くようになったのですが、たまたまそこにいた女性5人中4人が子供がいないことが判明。吉田さんは酔っ払いながらも自分以外の3人に取材をし、「産まない人生」について話を聞いたのです。私も子供はいないので「なぜいないのか?」といった話は聞かれました。

基本的に私は「少子高齢化で日本の国力が下がる」といった論は嫌いです。「そうなったらなったで仕方ないだろ」としか思えないんですよ。ドイツだってフランスだって台湾だって日本よりも人口は少ないながらもそれなりに稼ぐ国だし、人々はけっこう幸せそうですし。

こうした「国力」の話に持っていかれるとまさに「子供を育てない人間は非国民」的な扱いになってしまう。また、私自身も「中川は子供つくらないのか?」みたいなことを言われるのですが、私自身、昔から「結婚をする」とか「子供を作る」とか「結婚式をする」とか「定年まで勤める」とか「孫にお年玉をあげる」とか決めていなかったんですよね。

なんとなく漠然と「大学に行く」「大企業に就職する」という世間が言いがちな「レール」は乗ったのですが、これは合理性があると考えたんですよ。そこまで経験したらあとは自分が思った通りに生きればいいかな、と思い今に至っています。

子供がいなくてさびしくないのか?

子供がいなくて張り合いはあるのか?

子供がいなくて将来は不安じゃないのか?

これぐらいの質問ならばいいのですが、「なんで作らないの?」「奥さんはそれでいいの?」「子供っていいもんだぞ!」ともなるともはや「お前頭おかしいのか?」「お前、常識ないな」と言われているようなレベルになっています。

あわせて読みたい

「子育て」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    質問力なし 報道のTBSは死んだ

    和田政宗

  2. 2

    デリヘルに素人専門が増えた理由

    PRESIDENT Online

  3. 3

    自民は本気の小池氏を甘く見るな

    安倍宏行

  4. 4

    小池氏会見まるでイキった大学生

    キャリコネニュース

  5. 5

    橋下氏 解散批判する野党に苦言

    橋下徹

  6. 6

    斉藤由貴に私刑行う週刊誌に疑問

    篠田博之

  7. 7

    小池氏登場で自民圧勝は不確実に

    近藤駿介

  8. 8

    北の日本攻撃ありうる歴史的背景

    ヒロ

  9. 9

    生活苦で北の脅威に無関心な韓国

    ロイター

  10. 10

    橋下氏 新党で延命する議員は害

    橋下徹

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。