記事

残業中に食べていいもの、ダメなもの - 佐藤達夫 (食生活ジャーナリスト)

会社で夕食をすませてしまうか、帰るまで我慢するか

 健康のためには「規則正しい食習慣」が好ましいことは、多くの人が知っている。もちろんビジネスパーソンだってこれくらいはご存じのはず。しかし、わかってはいても、いつも同じ時間には食事を食べられないのがビジネスパーソン。とりわけ夕食を決まった時間に食べるのは至難の業。

 「そんなことはわかってる。好きで残業してるわけじゃないんだ!」と叱られそうだ。夕食の時間になっても外出中であったり、仕事の締め切りに間に合わなかったりして、残業をせざるをえないというケースが多いのだろう。そんなとき「帰宅がかなり遅くなるのを承知で、思い切って夕食を食べてしまう」か「食べずに我慢して仕事を少しでも早く終わらせて、退社後にゆっくりと夕食を食べる」かの判断を迫られる。

[画像をブログで見る]
(iStock/Milatas)

 健康との兼ね合いからいうと、このいずれもが、あまり好ましくない。仕事の途中で食べる夕食は、その内容を吟味できることは少なく、ラーメンやカレーや牛丼などの、いわゆる「一皿物」になってしまうことが多いだろう。一皿物の問題点についてはこのコラムの第6回を読んでほしいのだが、カロリーが多い割には満足感が低く、かつ、摂食時間が中途半端なために、その日のうちにもう1度食事をすることになる可能性が高い。この「寝る前の2度目の夕食」が肥満の元になるし、さらには、翌日の朝食を食べたくなくなるなどの生活習慣の乱れにつながる。

 逆に、食べずに仕事を続けるとどうなるだろうか? 食事をしない時間が長くなると、血糖値(血液中のブドウ糖量)が低くなる。食事量が(食事回数が)多すぎて高血糖状態が長く続くと糖尿病などの原因になるので好ましくないが、かといって逆に低血糖状態が長くなりすぎるのも好ましいとはいえない。脳細胞は血液中のブドウ糖(つまり血糖)しかエネルギー源として利用できないので、低血糖状態では頭の働きが悪くなる。せっかく残業をしていても、能率が悪かろう。

 また(こちらのデータは持ち合わせておらず、個人の経験によるところが大きいのだが)人は空きっ腹で、そして「早く帰りたい」という焦った気持ちで仕事をすると、作業効率が悪くなるのではないか。ミスも多く、業務に差し障りも出るのではなかろうか。

「主食になる物」を少しだけお腹に入れる

 どうしても残業を避けることができないのであれば、ふだん夕食をとる時間くらいに「軽く何かを食べる」ことをお勧めする。「軽く」というところがポイントになるので、近くのコンビニで購入できる物か、買い置きできる物に限られる。もちろん調理の必要な物は不可(せいぜい電子レンジでチンくらい)。

 内容的に重要なことは(栄養成分でいうと)糖質を含んでいること。糖質というのは「食物繊維以外の炭水化物」のこと。けっして「甘い物」という意味ではないので注意! 食べ物でいうと「主食」になる物。つまりはご飯・パン・麺類のこと、いも類にも糖質は多い。

 今「食物繊維以外の炭水化物」と書いたが、食物繊維が悪い栄養成分であるという意味では、もちろん、ない。むしろ食物繊維は、日本人にとって不足している栄養成分なので、普段の食事では積極的に摂取したい栄養成分である。ただし、残業時の「軽く食べる何か」というときの栄養成分としては必須条件にはならない(と私は考える)。ポイントは「血糖値を上げる」ことができる食べ物。

 具体的にはおにぎり。小さめの物を1つ、よく噛んでゆっくり食べる。具はどんな物でも(好きな物で)よし。こんなところ(おにぎりの具)で栄養バランスを考慮しなくてもいい。次にお勧めするのはサンドイッチ。これも、同じ理由で、間に挟んである具材は何でもいい。肝心なことは糖質(の中のデンプン)を少しだけお腹に入れること。

 残業が毎日続き、おにぎりとサンドイッチだけでは飽きてしまうようなら(コチラは労働環境のほうが食事内容よりも大きな問題だが)小さなカップ麺でも可としよう(ただし「小さな物」に限るし、汁を残すこと!)。

「バナナを常備しておく」という奥の手

 私の「イチオシ」はバナナ。バナナは、速やかに血糖値を上げる単糖類(果糖など)を少量含み、やや時間をおいて血糖値を上げる二糖類(砂糖など)を適量含み、そのあとにじっくりと血糖値を上げる多糖類(デンプンなど)をしっかり含んでいる【※】。脳や身体への「簡便なエネルギー補給源」としてきわめて優れた食品である。テニスプレイヤーなどがゲーム中にバナナを食べているのには、きちんとした理由がある。

 比較的保存も利く。嫌いでなければ、机の引き出しやロッカーに常備しておいてはどうだろう。これは私の「奥の手」であり、サラリーマン時代(『栄養と料理』編集者)に実践していた。

 さて、残業時に「主食になる食べ物を少しだけ補充」した場合に注意しなくてはならないことがある。それは、その日の「本来の夕食」のとき、「残業時に少量の補充をしたこと(と補充をした物)」を忘れてはならないことだ。往々にして、それを忘れて、普通の量と内容の夕食を食べてしまうことが多い。もちろん、それでは「食べすぎ」になるし、糖質のとりすぎという「偏り」も生ずる。

 主食の役割をする物(ご飯・パン・麺類)を食べてあるのだから、夕食時にはその分だけそれを減らすこと。おにぎり1つはだいたいご飯1杯分と換算する。バナナ1本はだいたいご飯半杯分と考えよう。

【※】https://fromhimuka.com/chemistry/541.html

あわせて読みたい

「食生活」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    内閣改造で消えた小池・野田新党

    PRESIDENT Online

  2. 2

    信用なくてもツキはある安倍首相

    文春オンライン

  3. 3

    議員秘書が明かす蓮舫氏の悪評

    fujipon

  4. 4

    「米軍に勝てない」北幹部が動揺

    高英起

  5. 5

    姜尚中氏語る「戦争回避」の道筋

    亀松太郎

  6. 6

    安室奈美恵の引退に衝撃受けるな

    常見陽平

  7. 7

    アラフィフの後悔 1位は「勉強」

    キャリコネニュース

  8. 8

    小林麻耶が海老蔵の家を出た事情

    NEWSポストセブン

  9. 9

    パチンコ団体の無茶な主張に呆れ

    宇佐美典也

  10. 10

    都民ファ議員 党運営に「残念」

    上田令子(東京都議会議員江戸川区選出)

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。