記事

IS拠点へのフィリピン軍の最終攻勢:IS「落ち武者」の次の標的としてのオーストラリアとバチカン

1/2
[画像をブログで見る]

マラウィの民家で戦闘態勢をとるフィリピン軍兵士(2017.7.1)(写真:ロイター/アフロ)

 フィリピンのミンダナオ島で、マウテやアブ・サヤフをはじめとする「イスラーム国(IS)」系組織がマラウィを占拠し、フィリピン軍と衝突を始めて約3ヵ月。

なぜIS「落ち武者」はフィリピン・ミンダナオ島を目指すか:グローバル・テロを受け入れるローカルな土壌

 8月22日、フィリピン軍はマウテが拠点としていたマラウィ警察署を奪還。24日にはマラウィの大モスクも奪還されました。

 これらを受けて、27日にはフィリピン国防相が「マラウィ攻略に向けた最終攻撃の準備に入った」と言明。さらに30日には、マラウィの500メートル四方の区画にマウテなどが追い込まれていると発表されました。ミンダナオ危機は大きな節目を迎えています。

 しかし、これと前後して、フィリピンのIS系過激派はフィリピン国外でのテロ活動を活発化させる方針を打ち出しています。それはちょうど、ラッカやモスルで追い詰められるにつれ、ISがシリア、イラク以外での攻撃をエスカレートさせてきたことと同様です。

アジア、アフリカでのテロの連鎖はなぜ加速したか-IS封じ込めによる二重の逆効果

 フィリピンのIS系があげた標的には、オーストラリアだけでなく、カトリックの総本山バチカンが含まれます。フィリピンでの掃討作戦が大詰めを迎えるなか、「テロの輸出」は他のイスラーム組織との競争により、さらに加速するとみられるのです。

外部への呼びかけ

 ミンダナオ島のマラウィを拠点とするマウテなどの過激派は、シリアやイラクを逃れてきた外国人戦闘員だけでなく、誘拐してきた子どもなどを含むミンダナオ島出身者から構成されます。しかし、戦闘による死者を比較すると、8月末までに兵士や警官が130人であるのに対して、テロリストは603人。その死者数の多さからも、マウテなどが追い詰められる様子がうかがえます。

 ミンダナオ島での戦闘が不利になるにつれ、マウテなどIS系組織は外部へのメッセージを頻繁に発し始めています。そのなかで、まずやり玉にあげられたのはオーストラリアでした

 8月8日、ISの「首都」ラッカから発せられたビデオメッセージでは、オーストラリア人のIS戦闘員が、オーストラリアによるフィリピン軍の支援を理由に、オーストラリアでのテロ活動を呼びかけました。さらに8月24日にマラウィから発せられたビデオメッセージでは、オーストラリアは「米国の番犬」と呼ばれ、主な敵と位置付けられました。

オーストラリアの関与と警戒

 過激派掃討の最前線に立つフィリピン軍は、長年の同盟国である米国から訓練などを受けています。しかし、オバマ政権時代から関係が悪化していたドゥテルテ大統領は、米国からの支援の受け入れに総じて消極的とさえいえます

 例えば、8月7日にティラーソン国務長官がドローン(無人機)による空爆支援の用意があると発言したのに対して、フィリピンのロレンザナ国防長官は「二国間にそのような議論はない」とこれを否定。米国への反感を支持の一つの手段としているドゥテルテ政権にとって、「米国への借り」は避けたいところです。

 米国との関係に消極的な一方、フィリピン政府は周辺国との協力は積極的です。そのなかには6月に始まったインドネシアやマレーシアとの共同海上監視、7月からのシンガポールによるP-3C哨戒機の派遣、シンガポール軍が保有する市街戦訓練施設の使用協力、偵察用ドローンの供与といった東南アジア諸国との協力だけでなく、オーストラリアとのそれも含まれます。

 オーストラリア軍は6月から、ミンダナオ島にP-3C哨戒機を派遣してきました。フィリピン軍は作戦においてヘリや戦闘機を用いていますが、錬度が低く、空爆で友軍を殺傷する事態も発生しています。また、現場がフィリピンのムスリム住民が集中的に暮らすミンダナオ島のなかでも、さらにムスリムが多いマラウィであるだけに、民間人が犠牲になる空爆にはムスリムを中心にフィリピン国内でも反対の声があります。そのため、陸戦中心にならざるを得ないフィリピン軍にとって、空中での情報収集は作戦遂行に重要な役割を果たしてきました

 オーストラリアは東南アジア諸国との関係が深い一方、ヨーロッパ諸国や米国と同様に国内にムスリム社会を抱え、さらにイラクで空爆を行う有志連合にも参加しています。そのため、以前からISによるテロへの警戒が続いてきましたオーストラリアにとってフィリピンでの作戦を支援することは、自国の安全保障にかかわるだけでなく、フィリピンと西側のつなぎ役という意味もあり、さらには中国や北朝鮮への対応で手いっぱいになる米国の肩代わりをする側面もあります

 一方、マウテなどからみるとインドネシア、マレーシア、シンガポールなどはISが一方的に設定した「領土」の範囲内ですが、オーストラリアは圏外です。そのため、イスラーム過激派の論理によると「イスラーム世界に入り込んできた異教徒の軍隊」として排斥と敵視の対象となり得ます

 これを受けて、オーストラリアはこれまで以上にミンダナオ危機への関与を強め始めています。8月24日、オーストラリア情報部(ASIS)のウォーマー長官がドゥテルテ大統領と会談し、テロ対策での協力を約束。ターンブル首相も、国内向けに「オーストラリアにISの脅威が迫っている」と強調し、フィリピン政府への支援に理解を求めました。これらを踏まえて、29日にオーストラリア政府はフィリピン軍に対する訓練の提供を提案しています

あわせて読みたい

「ISIL」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    叩かれたけど本当はスゴい4議員

    駒崎弘樹

  2. 2

    苦境に立つ元民進の大物議員たち

    BLOGOS編集部

  3. 3

    ハゲに不倫…お騒がせ議員当落は

    田野幸伸

  4. 4

    ウーマン村本がLGBT当事者と激論

    AbemaTIMES

  5. 5

    辻元清美氏に山本一郎氏から激励

    辻元清美

  6. 6

    衆院選自民大勝で森友うやむやに

    阪口徳雄

  7. 7

    よしのり氏 希望の党は壊滅する

    小林よしのり

  8. 8

    スバルの強さは選択と集中がカギ

    片山 修

  9. 9

    橋下氏「前原代表批判は筋違い」

    PRESIDENT Online

  10. 10

    「安倍ヤメロ」を煽る朝日新聞

    深沢明人

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。