記事

善悪あるコーヒーの健康「効果」、理解しておきたい本当のところ

Dark Moon Pictures / shutterstock.com

David DiSalvo ,CONTRIBUTOR

健康への影響に関する研究のうち、コーヒーほど示される結果に違いがあるものは珍しい。そこで、コーヒーを飲むことが私たちの体にもたらす影響のうち、良いニュースとそうではないものについて、主なものをまとめて紹介する。

朗報1:長生きできる?

早期死亡の可能性が、コーヒーを1日2~4杯飲むことで低下していると見られるとした研究結果が発表されている。早期死亡を回避することにつながる原因はいくつか考えられるが、コーヒーに高濃度で含まれる抗酸化物質が細胞を酸化ストレスや炎症から保護していると推測される。あるいは、まだ解明されていない理由が他にあるのかもしれない。

ただ、行われたのはいずれも観察研究であり、相関関係が確認されただけにとどまる。「寿命を延ばす」ことを証明したわけではないことに注意が必要だ。それでも、関連性を示す理由が何であれ、注目すべきと考えるだけの十分な結果が得られている。

悲報1:不眠症の原因になる

「よく眠る」ということに関していえば、コーヒーは私たちにとってあまり良いものではない。カフェインが体内に残る時間は意外に長いため、午後2時ごろを過ぎたら摂取を避けるべきだといわれている。

摂取したカフェインの半分が体外に排出されるのにかかる時間は、およそ6時間。つまり、1日の後半にコーヒーを飲むことは、夜眠れないことに深く関わっていると考えられる。結果として、不眠症が原因となるその他の健康上の問題と関連していることになる。

朗報2:肝臓を保護する可能性がある

コーヒーとお茶を飲むことは、どちらも肝臓の健康に関わっていると見られている。この結果も観測研究から得られたものであり、因果関係を証明するものではないが、(効果があると判断するのに)十分な関連性だとみなされている。

コーヒーやお茶がどのように肝臓を守るかについてはまだ十分に解明されていない。だが、どちらにも細胞の組織を守る効果のある化合物が豊富に含まれている。血液のろ過機能を持つ肝臓は、こうした化合物の恩恵を受けていると考えられる。

悲報2:不安感をもたらす

カフェインは、不安感をコントロールするのに役立つ神経伝達物質のγ-アミノ酪酸(GABA)のレベルを低下させると同時に、主なストレスホルモンであるコルチゾールとエピネフリンの影響を増幅させると考えられている。

コーヒーには、飲むとすぐに及ぼされる影響と、時間をかけてゆっくり現れる影響の2つがある。注意が必要なのは、時間がたった後に出てくる影響だ。体内にカフェインが残っている限りその影響は続くことから、毎日コーヒーを飲む人はほぼ常に、その影響下にあると考えられる。不安感のある人は、飲み方に注意が必要だろう。

朗報3:糖尿病を予防する可能性がある

毎日コーヒーを飲むことが、2型糖尿病の発症リスクを低下させる可能性が指摘されている。その理由を正確に特定するのは難しいものの、コーヒーに含まれる化合物が、2型糖尿病の発症につながる細胞内の毒性タンパク質の蓄積を抑制していると考えられている。

悲報3:甘いものがやめられなくなる?

先ごろ発表された研究結果によると、カフェインは私たちの味覚認識に影響を及ぼし、甘さを感じにくくするという。その微妙な変化が、私たちにより多くの甘いものを求めさせる結果につながり得るというのだ。コーヒーがなぜドーナツなどの甘い菓子類とよく合うと感じるのか、その理由はこの点にあるといえるだろう──注意が必要だ。

朗報4:記憶力を向上させる/認知症を予防する可能性がある

コーヒーと記憶力の向上に関連性があるとの結果は、数多くの研究によって示されている。こうした関連性が見られるのは主に、カフェインが持つ知的鋭敏さを高める効果のためと考えられる。さらに吉報といえるのは、この効果は長期的に継続するとの研究結果もあることだ。

また、1日3杯以上のコーヒーを飲むことが、認知症につながる認知機能の低下を防ぐ可能性があることも指摘されている。毒性タンパク質の蓄積を防ぐ効果が、アルツハイマー症の発症を遅らせているとの研究結果もある。

認知機能の低下が予防される理由は、カフェインそのものにあると見られる。ただし、同量のお茶では同じような結果が得られていないことから、カフェインと(ポリフェノールなどの)コーヒーに含まれる数多くの化合物が作用し合っている可能性が高い。

悲報4:GERDを悪化させる可能性がある

胃食道逆流症(GERD)の人はコーヒーをやめるか、少なくとも摂取量を控えた方がいいだろう。コーヒーは胃酸の分泌を促進するため、胸やけの原因にもなる。

追加の朗報:幸せな気分になれる

最後に挙げるのは、科学的にも効果が認められ、私たちが経験からも知っている効果だ。私たちは主に、脳の働きも気持ちも活性化されることから、コーヒーを飲む。短時間の効果ではあっても、飲めば気持ちが高まり、エネルギーもわいてくる。つまり、飲めば幸せな気分になれるということだ。その上、おいしい飲み物でもある。コーヒーを飲むことに、これ以上の理由が必要だろうか?

あわせて読みたい

「コーヒー」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    国民を馬鹿にした昭恵夫人の一言

    天木直人

  2. 2

    橋下氏「政府許してはならない」

    橋下徹

  3. 3

    配達が無言 ヤマトAmazon撤退で

    山本直人

  4. 4

    大阪市より慰安婦像を選んだサ市

    長尾敬

  5. 5

    よしのり氏 枝野氏の発言は問題

    小林よしのり

  6. 6

    逆DV アウトレイジな妻に泣く夫

    PRESIDENT Online

  7. 7

    日馬暴行騒動は仁義なき情報戦

    文春オンライン

  8. 8

    加熱式タバコの増税は時代に逆行

    宮崎タケシ

  9. 9

    レコ大も紅白も1年間休止すべき

    メディアゴン

  10. 10

    議会に子連れ出席で仕事できるか

    井戸まさえ

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。