記事

「移民よりロボットなの!?」 抵抗感なく導入進む日本に海外が興味津々

1/2

少子高齢化に伴い日本では人手不足が深刻になっているが、それを補うように、さまざまな業界でロボットの導入が進みつつある。欧米では労働者不足を移民で補う政策が一般的だが、それとは異なるロボット大国日本らしいアプローチだとして海外各紙で紹介されている。

◆幅広い産業で開発が進むロボット

 ガーディアン紙は「葬式の未来?」と題し、ソフトバンクが手がけるロボット『ペッパー』が僧侶役を果たすサービスを紹介している。僧侶に依頼すると高額になる費用を約5分の1にまで抑えられるほか、参加が難しい遠方の親族に向けてライブ配信するオプションもあるなど、合理的なサービスと評価しているようだ。

 別の例としてCBSニュースは、長崎のハウステンボスに隣接する『変なホテル』というホテルを紹介する。ロボットを大規模に導入した結果、本来35名の従業員を必要とするところ、たった7名で賄うことに成功しており、世界中のホテル経営者が注目しているとのことだ。同ホテルのサイトでは、フロントで複数言語を使いこなすロボットのほか、窓拭きや芝刈り役に至るまで様々な「従業員」が紹介されており、ユニークな宿泊体験で高評価を得ているようだ。

 他にも、フィナンシャル・タイムズ紙は自動運転の農耕車を紹介している。欧米の広大で平坦な土地とは異なり、ぬかるんだ日本の水田向けに開発するのには苦労があったらしい。同様の特徴を持つアジア地域に向けて輸出も検討しているようだ。葬儀、ホテル、農業など、日本の幅広い業界に「就職」するロボットが海外で注目されている。

◆少子高齢化で、介護施設での需要急増

 欧米では一般的に「どこか不気味なもの」というロボット観が根強い。日本で広く受け入れられているのは、ブルームバーグ(8月23日)が指摘するように、鉄腕アトムなどの文化からくる親近感があるかもしれない。同メディアは「このキャラクターへの文化的な愛着により、生活の中のロボットとテクノロジーに容易に打ち解けることができている」と見ている。

あわせて読みたい

「ロボット」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    パチンコ団体の無茶な主張に呆れ

    宇佐美典也

  2. 2

    発言捏造? 水原希子の動画を検証

    西村博之/ひろゆき

  3. 3

    議員秘書が明かす蓮舫氏の悪評

    fujipon

  4. 4

    解散を要求していたのは野党側

    和田政宗

  5. 5

    キンコン西野「素人の演出迷惑」

    メディアゴン

  6. 6

    橋下氏「北対策はヤクザに聞け」

    PRESIDENT Online

  7. 7

    よしのり氏「山尾氏は謝罪不要」

    小林よしのり

  8. 8

    民進・岡田氏 解散の違憲性指摘

    岡田克也

  9. 9

    豊田議員糾弾は大衆によるリンチ

    小林よしのり

  10. 10

    トランプ氏 国連演説で北に警告

    ロイター

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。