記事

ミスコンファイナリストの9割が「就活に活きる」と回答 入学前から出場希望していた人も4割

医療脱毛を行うリゼクリニックは8月31日、「ミス・コンテストに関するアンケート調査」の結果を発表した。

調査は8月18~24日にインターネットで実施し、全国13大学「ミス・キャンパスコンテスト」のファイナリスト69人から回答を得た。大学卒業後の進路をどのように考えているかを聞くと、結果は以下の通り。

1位「一般企業へ就職」(65.2%)
2位「アナウンサー」(46.2%)
3位「女優タレントなどの芸能界」(21.7%)
4位「主婦」(14.5%)
5位「ファッションモデル」(11.6%)

以降「海外留学」(7.2%)、「大学院」(4.3%)と続く。

8割が「メイク」に気を遣う一方、「言葉遣い」は4割に留まる

ミスコンは就活に生きる?

7割近くが一般企業への就職を希望しているが、やはり「アナウンサー」や「芸能界」など華々しい世界に飛び込みたいと考えている人も多いようだ。

「ミスコンへの参加は就活に活きると思いますか?」という質問に対しては、「どちらかと言えばそう思う」が58.0%、「絶対にそう思う」が33.3%と、合計91.3%が肯定的に考えていることが分かった。

またファイナリストの39.1%は「入学以前からミスコン出場を希望していた」と回答しており、将来を見据えて出場を希望していた人も少なくはないと考えられる。

ファイナリストとして気を遣っているポイントを聞くと、上位3位には「メイク」(75.4%)。「ファッション」(72.5%)、「髪型」「立ち居振る舞い全般」(同63.8%)と外見面があがっていた。「食事」(39.1%)や「言葉遣い」(37.7%)は4割程度に留まっており、どちらかというと外見に気を使っている人が多いようだ。

ミスコン経験者の9割、男は「顔」より「優しさ」派

その一方で、異性を好きになるポイント1位は「優しさ」(88.4%)で約9割という結果となった。2位以降「清潔感」(62.3%)、「頼りがい」(60.9%)、「面白さ」(58.0%)と内面的な魅力が上位に入っている。外見的な魅力については、5位「格好よさ」「顔」(同36.2%)、8位「高身長」(30.4%)、10位「体格」(17.4%)とあまり支持されていない傾向にある。

ミスコンにエントリーしたきっかけで最も多かったのは「実行委員からのスカウト」が多く、41.6%。次いで「友人からの推薦」「自己推薦」(同15.9%)が同率でランクインした。少数だが、「思い出づくりのため」(5.8%)という人もいる。

同コンテストの13大学とは、東京大学、学習院大学、関西大学、関西学院大学、慶応義塾大学、同志社大学、上智大学、成蹊大学、青山学院大学、國學院大學、立教大学、首都大学東京、中央大学のこと。

※ウェブ媒体やテレビ番組等で記事を引用する際は恐れ入りますが「キャリコネニュース」と出典の明記をお願いします。

あわせて読みたい

「恋愛」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    パチンコ団体の無茶な主張に呆れ

    宇佐美典也

  2. 2

    議員秘書が明かす蓮舫氏の悪評

    fujipon

  3. 3

    発言捏造? 水原希子の動画を検証

    西村博之/ひろゆき

  4. 4

    橋下氏「北対策はヤクザに聞け」

    PRESIDENT Online

  5. 5

    解散を要求していたのは野党側

    和田政宗

  6. 6

    キンコン西野「素人の演出迷惑」

    メディアゴン

  7. 7

    よしのり氏「山尾氏は謝罪不要」

    小林よしのり

  8. 8

    民進・岡田氏 解散の違憲性指摘

    岡田克也

  9. 9

    豊田議員糾弾は大衆によるリンチ

    小林よしのり

  10. 10

    姜尚中氏語る「戦争回避」の道筋

    亀松太郎

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。